「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【ひぐらしのなく頃に業】フェザリーヌの記憶装置が壊れた状態が羽入【ひぐらし業の犯人】

ひぐらし業にフェザリーヌ登場

フェザリーヌがひぐらしに登場しているというのはあくまで説です。さらにうみねこ本編で登場したノックスの十戒というミステリーについての禁忌があります。これに沿うと〈ひぐらしにうみねこの登場キャラはでてくるのはタブー〉ということになります。

しかしひぐらし業のOPを見ていると完全にフェザリーヌ=羽入説を否定できないのです。

OPに登場している

まずはこの有名な画像をご覧ください。

これはひぐらし業のOPにて「あざーわらった!」の歌詞とともに古手神社の奥で何やらあざ笑っている人物の描写が差し込まれているシーンです。特徴的なヘアスタイルですよね。そして記憶装置をつけたフェザリーヌをご覧ください。

ナイスバディなのです。あのとんがってるヤツがいわゆる記憶装置です。

尖っている部分を比べてみると分かるんですが、めっちゃフェザリーヌなんですよw

あの特徴的なヘアスタイルというかとんがった部分が頭部にあるキャラはひぐらしの世界にはおらず、うみねこのフェザリーヌが思い浮かびます。

猫騙し編が終了したにもかかわらず未だにあのOPのキャラについての言及がないため、そろそろうみねこ感が増してくるのではないかと密かに期待している今日このごろの俺です。

フェザリーヌはプレイヤーであり羽入は駒

先程も書いたように、フェザリーヌも長年生きている魔女であり、暇を最も恐れています。

そのため時々雛見沢を舞台に、魔女のゲームを再会したのではないかと考えています。

ちなみにですが、古手梨花を駒としていたベルンカステルさんはかつてフェザリーヌとゲームをした際にロジックエラーに陥り〈100年以上同じ世界に閉じ込められたことがある〉そうです。

・・・それ雛見沢のことじゃね?

そしてフェザリーヌも暇を持て余すがゆえに雛見沢を舞台にしたゲームに身を投じたと考えています。

羽入の魔女の記憶を封印するための措置

そして最期に、フェザリーヌが羽入を駒として雛見沢に配置していると仮定すると、羽入の角は意図的に傷つけられていると考えられます。

曲がりなりにもフェザリーヌはほぼ神的な存在です。だからフェザリーヌの分身が雛見沢にいれば正直なんでもありになってしまうためにハンデとしてあえて傷をつけて羽入の記憶を不完全にしていると考えられます。

そうすることにより、ひぐらし業に登場している羽入の持ちうる記憶は不完全なものであり、彼女の発言には正しくないことが含まれていることになります。だからひぐらし業にて梨花を擁護するような言動の裏では梨花を害するような行動をとっている可能性も示唆していると考えられます。

事実当サイトではひぐらし業の黒幕は羽入であると考えていますので、この記事が終わったらご覧ください。

まとめ

なかなかに難しい記事になってしまいました。さすがにうみねこをテキストのみ伝えきるのは不可能だと思います。少なくとも私のライティング力では不可能です。ブロガーとして心苦しく思います・・・w

結論をまとめるとこんな感じ。

  • フェザリーヌが羽入の記憶装置(角)に傷をつけた理由は、長すぎる魔女の一生においての暇つぶしとして雛見沢でのゲームに参加させるためにハンデとしてつけた。
  • そのため羽入の記憶は完全ではなく、梨花の保護者としての羽入が保持しない別の記憶、人格が存在する。
  • この羽入(フェザリーヌの駒)がひぐらし業の黒幕である。

もし私の願いが叶うならば、ぜひここまで読んでくださったあなたには〈うみねこのなく頃に〉を読んでいただきたいんですが、めっちゃ長いんですよねw

そのためひぐらし業の放送期間中に見終えることは現実的ではないのです。

そのため以下のことだけ覚えてくだされば大丈夫。

  • 羽入は別の世界のすごい魔女フェザリーヌの分身
  • 羽入の角にある傷はゲームのハンデ
  • ひぐらし業の羽入は二重人格⇒黒幕説浮上

ということだけで十分です。もし時間があればうみねこも読んでみてください。古川的には電子版のほうがいいですよ。紙で揃えるとかさばりすぎてとんでもないことになります。恥を忍んで古川家のうみねこたちをご覧ください。

古川

ワンルームには置く場所がなく、泣くなくベッドの下に雑に収納しています(笑)

なのでマジで電子版のほうがいいです(笑)

そして最期に、そんな羽入がひぐらし業で何をしようとしているのか梨花はまだ知りません。なので羽入黒幕説についてより詳しく書いた記事もあるのでそちらもご覧ください!

長々お付き合いくださりありがとうございましたw

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です