「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

〈ダークギャザリング〉空亡の正体を考察!〈鬼子母神を取り込む〉

どうもこんにちは古川です!

今回は〈ダークギャザリング〉のラスボス的存在である空亡(くうぼう)について考察していきます。

ジョリ男

最近古川くんはダークギャザリング好きだよな。ハマってるのかい?

古川

ケツ毛のやばいお前でも分かるくらいハマっているんだ。ホラー漫画ではいまのところ最も推してるんだ。次に来ることを期待して毎日記事を書いているところだよ。

ケツ毛がやばいとそこで霊を感じられたりするのかな?

ジョリ男

私のケツ毛はそんな高性能じゃないぞ。単に長くて量が多いだけだぞ古川くん!

というわけで今回は夜宵の仇敵である空亡の正体について解説していきます。

ダークギャザリング-空亡の正体

夜宵の両親を連れて行った霊体

まず空亡とは、夜宵の両親を連れて行った張本人とされる霊体であり、ダークギャザリングのラスボス的な存在です。

もともと夜宵の両親が生きていた頃、この頃はまだ夜宵も重瞳ではなく霊感もなかった頃、家族で遊びに行った帰りに車を運転中に前からトラックが突っ込んできた事故に巻き込まれました。そして両親は即死、夜宵は命からがら生き残ったのです。

薄れゆく意識の中で夜宵が見たものとは、明らかにこの世のものではない霊体が夜宵の母を連れて行くまさにその瞬間でした。今にして思うと、夜宵の母も空亡に取り込まれたのでしょうね。

自己を生き延びた夜宵は空亡を探すために数多くの心霊スポットに出向いては空亡を探し、同時に空亡を倒すための味方となる強力な霊体を回収しているということなのです。これがダークギャザリングの大まかなあらすじですね。

卵子を守るように多くの霊体が結集

そして空亡の姿を見てもらえばわかりますが、真ん中に卵のような形状があり、その卵を囲むように無数の手がそこから映えているような姿をしています。この卵は文字通り卵であり、おそらくは卵子であると考えています。

現時点でも神レベルの霊体と戦闘しても引けを取らない程度の強さを誇るのですが、卵子の中の存在はまだ子供なのです。これは以前に愛依を見初めている神との戦闘の際に「赤子未満の割にまあまあやるじゃないか」と言われていることから明らかだと思います。

そのため空亡の正体は中心部に強力な霊体を卵子として抱え、その卵子と中にいる霊体の子供を守るための”手”と化した霊体の集合体であると考えています。

敵を取り込むことで成長

また23話にて鬼子母神との戦闘シーンがありました。

結果は言うまでもなく空亡の作戦勝ちであり、鬼子母神は空亡の中に取り込まれてしまいました。卵子の中の存在が受肉して鬼子母神を頭からかじりつき、文字通りに体内に取り込んでしまいました。

その直後、女性のような姿をしていた卵子の中の存在は衣装チェンジタイムに入り、裸だった状態から天女のような羽衣になり、ふわふわとした感じへとクラスアップしました(←語彙力なさ露呈につきまことにごめんなさい)

このように空亡は強い敵を取り込むことで少しずつ成長していることが伺えます。こうして考えると最初に夜宵の母を取り込んだのもおそらくは自身の成長を促すためだと考えられます。現在の夜宵の霊力が相当高いことを考えると母はさらに強かったのではと推測できます。

だから空亡に狙われたのではないか・・・という考察もできますね。

まとめ

ジョリ男

つまり空亡の正体は、中心の卵子(霊体の胎児)とそれを守る”手”の霊体の集合体ということだな。

古川

ケツ毛のやばいジョリ男にしては物分りがいいじゃないか。VIO脱毛でも行ったのか?

ジョリ男

行ってないぞ古川くん!私はケツ毛に誇りを持っているからな!決してなくすことはかなわないぞ!

古川

おkわかった。

とにかく空亡正体についてはまだまだこれから先明らかにされると思いますので、今後も空亡の情報については追い続けます!末永く当サイトをよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です