「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

〈ひぐらしのなく頃に業〉綿騙し編の真相は沙都子ループ説の根拠でした

どうもこんにちは、「オヤシロ様」というツイッターネームで活躍してる古川です。

〈ひぐらしのなく頃に業〉の放送中に多くの方をフォローさせてもらってます。フォロバしてくれた方には祟りは起こしませんので安心してください!

そして今回はもはや過去になってしまった綿騙し編の真相考察です。

ジョリ男

綿騙し編は結局わけのわからない感じで終了したんだよな?

古川

そう。主要キャラが全滅した上に、園崎家の古井戸から白骨死体が発見されたというまさかすぎる謎を残して終わったのさ。

だからマジでわけがわからないのです。だからこそ今回はその謎を考察していくぜ!

綿騙し編の犯人

結論から言います。

やはり綿騙し編の犯人は園崎魅音だと思われます。

理由として、魅音は今回のカケラの雛見沢発症者であると考えられます。そのため過度な疑心暗鬼に陥り、魅音の意志を妨害するかもしれない存在を抹殺していったのだと考えられます。

ここで言う魅音の意志とは大きく2つ。

「圭一を守りたい」

「オヤシロ様の祟りを終わらせなければいけない」

では順番に見ていきましょうか!

綿騙し編の死亡者

園崎魅音

最終的に死亡してしまった魅音さんですが、彼女の最後を覚えていますでしょうか?

綿流しの祭りの晩に祭具殿に入ったことを魅音に自白した圭一、そのまま園崎家の奥へと進み、魅音のセーフルームに入れられて鍵まで掛けられてしまいました。そしておそらく山狗と思われる存在が園崎家へと侵入して来たことを受けて、魅音はマグナムを持って出ていきました。

その後圭一は自力でドアを開けようとして何度も鉄格子に体当りした結果意識を失っていたところを大石に救われたというところです。

大石により、以下の情報を聞きました。

北条沙都子

「園崎魅音さんは北条沙都子さんと一緒にお亡くなりになっていました。」

園崎本家の廊下にて、魅音と向かい合うような体勢で冷たくなっていました。画像を載せたいのですがBANされるのが怖いのでできません(笑)

実際にアニメ版をみてくださいね(笑)

古手梨花

そして圭一に祭具殿に入ったことを咎めた後に突如として姿を消した古手梨花さんは、残念ながら雛見沢分校の便槽から遺体となって発見されたそうです。

その便槽とは、先程圭一がドアを開こうとした場所でした。しかしその直後に魅音に呼び止められたこともあり、梨花の存在に気づけなかったのです。

園崎詩音・お魎・公由村長

また大井市の話によると、園崎詩音、園崎お魎、そして綿流しの晩から行方不明だった公由喜一郎村長も、残念ながら園崎家の奥にある古井戸の中から発見されたそうです。

詳しい死亡推定時刻については大石から言及はありませんでしたので詳細はわかりません。しかし3人ともまだ生前の姿を残していることから数日以内に死亡したと考えていいと思います。

ジョリ男

ここだけ見ると、全くわからないんですよ!

なんでこうなった??古戸エリカさんのような探偵がほしい・・・

古川

と思いきや、意外としっかり考察ができているので今回は古川の考察を聞いてください!

園崎魅音の犯行動機

まず魅音にある大きな犯行動機として、大きな感情があります。

「圭一を守りたい」「オヤシロ様の祟りを終わらせなければいけない」

この2つです。そしてこれが雛見沢症候群の発症により、過度に増幅されてしまった結果として今回の惨劇につながってしまったと思われます。

圭一への好意

まず綿騙し編の魅音は圭一に対して好意を抱いており、かつて綿流し編で魅音に鬼が宿った人形も魅音に渡しているおり、さらにエンジェルモートでバイトしていた姿を間接的に褒められたこともあり、圭一への好感度はMAXに。

だからこそ綿流しのお祭りの晩、圭一が詩音たちと一緒に祭具殿に入ったことで魅音は複雑な感情だったのです。

祭具殿に入ったことで圭一がオヤシロ様の祟りのターゲットにされてしまう・・・

圭一を守りたい

そして過去のカケラと同様であれば、魅音はこの時点ではオヤシロ様の祟りの真相を知りません。

それでも園崎家のご令嬢だけあってオヤシロ様の祟りが人為的に起こされた殺人事件であることはわかっています。そしてその背後に園崎家が関わっていると誤解しているフシがあります。これはどのカケラでも同じこと。いわゆるルールZの「園崎ブラフ」というやつですね。

だから圭一が祭具殿に入ったと知ったとき、圭一が園崎の人間、もしくは園崎に忖度する人間に殺されると思ったはず。そして圭一が死ぬかもしれないとリアルに感じたことで魅音は雛見沢症候群のL5を発症したと思われます。

そしてここから順番に、圭一の死亡につながる要因を排除しようと躍起になるわけです。

おそらく圭一を守るため、話を聞くべきは園崎家当主である園崎お魎。おそらくはこんな感じ。

魅音「ばっちゃ!圭ちゃんが祭具殿に入ったこと、許してやってほしいんだ!」

 

お魎「なーにいうとるんね。あのガキはもうよそ者じゃなか。郷に入ったら従ってもらわないかんルールがあるんね。」

おそらく、というか過去のカケラを見ている限りお魎も園崎本家もオヤシロ様の祟りには関わっていないのでお魎のこの発言も適当に言っただけのものだったと思われます。

しかし魅音はL5、既に極度の疑心暗鬼に囚われているため、カッとなりその場でお魎を殺害。ここから「圭一を守るための行動」が加速していきます。

まずはオヤシロ様の祟りに関わると思しき雛見沢御三家から順番に消していくことになり、そのために古手梨花、公由村長を殺害。

そして圭一が狙われている直接の原因である祭具殿に圭一を呼び込んだ詩音も殺害し、古井戸に投げ込んだのでしょう。

古川

ここまですると魅音の両親や若い衆に気づかれそうですけどね(笑)

それは過去のカケラでも思いましたけど、まあここは置いときましょう(笑)

山狗の存在

そして女王感染者である古手梨花の死亡により、身辺警護を担当している山狗にもその訃報が伝わり、その真相を確認するため梨花の死体を確認するため行動に出ます。

しかし魅音により学校の便槽に投げ込まれているため発見できず。だからこそ実行犯と思われる魅音に直接話を聞きに来たのでしょう。だが魅音も身に覚えがあるため応戦するために、あの時に銃を持ってでかけたのだと思います。

とはいえ多勢に無勢。大量の山狗には勝てずに死亡してしまったと考えるのが普通でしょう。

その後梨花の遺体は大石たち警察が発見しているため、山狗は結局魅音からは聞き出せなかったと思われます。

ジョリ男

なるほどなるほど。一応筋が通っているような気がするぞ古川くん。

でもまだまだその推理には穴があるな?

古川

そうだね(笑)

まだまだ穴ばっかりだよ。

魅音と沙都子の遺体の傍にあった銃が、魅音が持っていった銃とは違う銃だったり。

レナはどうなったのか全くわからなかったり。

そもそも沙都子はなんで園崎家にいたのか、とかね。

この辺の謎についても紹介していきます!

綿騙し編の残る謎

園崎家の白骨死体

大石によると、園崎家の古井戸に捨てられていた詩音とお魎、行方不明であった公由村長の遺体の他、最低3体の白骨遺体。

最低3体という表現も気になりますが、おそらく骨がバラバラになり、正確な人数が把握できないのでしょう。そして彼らの正体ですが、おそらくはかつて園崎家に逆らった人物、または山狗のメンバーだと思います。

前者はそのままですが、園崎家はヤクザ屋さんであるため、荒事もあるでしょう。

そして邪魔になった人物をその井戸にいれたのでしょう。

その中にはかつて園崎を調べていた山狗メンバーが含まれており、その時に揉めたことがある。だから魅音は山狗のことを知っていたのだと思われます。

魅音と沙都子の傍にあった銃

次に魅音と沙都子のそばにあった銃が、魅音が持って出た銃と異なっている件について。これについても散々話題になりましたね。

まずこちらが魅音がセーフルームから持っていった銃です。

次に、沙都子と魅音の遺体の側におちていた銃です。

私は銃の種類について詳しくないので間違っていたら申し訳ないのですが、最初に持っていった銃はマグナム。しかし遺体の側に落ちていた銃は普通のハンドガンタイプ。

細かい種類はわからずともあきらかに違う銃であることは明白。この謎は山狗の参戦にて説明が付きます。

もともとこの日、古手梨花を殺害したとされる魅音に梨花の遺体の場所を問い詰めるために、山狗は園崎家を吸収するつもりだったのです。そして魅音もそれに応戦し、山狗メンバーを銃殺することに成功。しかしその後の銃撃戦の後に魅音も打たれて死亡してしまう。

この時に山狗メンバー(仮にAとする)が銃を落とし、他の山狗メンバーがAの遺体を持ち去る際に魅音が持っていた銃と、Aがもともと持っていた銃を間違えて持って帰ってしまったと考えると銃が変わっていた件も説明がつくと思います。

竜宮レナの所在

そして気になる竜宮レナの所在。

今回の綿騙し編の犠牲者を再度ご確認ください。

園崎魅音・北条沙都子→園崎家の廊下で死亡

 

古手梨花→学校の便槽で死亡

 

園崎詩音・お魎・公由村長→園崎家の古井戸で死亡

ということで、圭一が大石によって救出された後にレナの名前が挙がらず、さらに一切登場しないというなぞの演出がありました。そのためレナの所在が気になるところですが、ここはまだ考察ができていません。

ちなみに綿騙し編のレナの最後の登場シーンはここです。

圭一が「全部オレのせいだ・・・」と綿流しの晩に祭具殿に入ったことが原因で周りの人間が不運に巻き込まれたことを実感し始め、レナに懺悔しようとしたときが最後です。

これ以降レナは登場していません。

さらに言うと前作〈ひぐらし〉とレナの挙動は異なり、圭一が悟史について聞いた時に魅音が「転校しちゃったんだよ」と発言したことでレナのスイッチが入り、オヤシロ様の祟りについて淡々と述べ始めた後に魅音にビンタされるシーンがありました。

しかし今回はヤバイやつモードにならずに、静かに帰宅する事になりました。やはりこの世界は鏡の世界だけあってルールも異なるんですかね?レナは本当に無事なのか、それとも何かしらに巻き込まれているのか、読者の皆様の知恵を貸してください!

是非コメント欄で教えて下さい!

富竹と鷹野の居場所

そして綿流しの晩に村人のトラックを奪いどこかに走り去った富竹ジロウと鷹野三四の行方として、これについては以前に考察をしてます。2人が向かった先はおそらく興宮の小此木造園、つまり東京・山狗の本拠地です。

オヤシロ様の祟りのターゲットにされることを悟り、絶対に手が届かない、仮に襲われても迎撃できる山狗本部に向かったと考えられます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

沙都子ループ説

そして最後に残る大きな謎。

なぜ北条沙都子は園崎家で魅音と向かい合う形で死亡していたのか。

ここからは完全な考察になるので、猫箱の外側からの考察だと考えてください。

 

 

 

 

======考察開始======

今回の〈ひぐらし業〉の世界では、沙都子も梨花ちゃま同様にループをしている説があります。

それゆえに今回の世界が過去に経験した綿流し編であると思っていたのです。そのためまずは簡単に綿流し編の流れを説明します。

※綿流し編の流れ

  1. 雛見沢症候群発症者は園崎詩音
  2. 詩音に醤油を分けてもらうため梨花が園崎家へ
  3. 梨花がC120(L5発症者をL3にする薬)を詩音に打とうとして返り討ちに合う
  4. その後沙都子も梨花を追い園崎家についたところで詩音に殺される
  5. 一時的に圭一を許し開放したものの後日圭一を包丁で刺す
  6. 病院で「やっぱりだあめえー!!!」でED

という流れでした。

沙都子がこの世界の流れを覚えていたとしたら、今回の沙都子の行動はすべて辻褄が合うのです。

〈ひぐらし業〉の綿騙し編では綿流しのお祭りの翌日6月20日、公由村長が行方不明になったとう話で持ち切りでした。そして同時に梨花も忽然と姿を消しました。

「さっき圭一さんと話してましたわよね?」

この沙都子の表情こそが、何かを知っている、つまり沙都子ループ説の出どころなのです。

そして梨花がいなくなったことは事実、過去の綿流し編の記憶を持つ沙都子は「梨花は園崎家に囚われた」と感じたはず。その日学校の時間に梨花が見つからなかったために、深夜園崎家に侵入し梨花を探すことにした沙都子。

しかしそこにいたのは雛見沢症候群L5を発症し、正気を失った園崎魅音でした。

なんとか梨花の居場所を聞き出そうと戦うも魅音は銃を持っているわけで、単純に勝てるはずのない相手。いがみ合ううちに外から銃声が聞こえました。それこそが先程も書いた、沙都子と同様に梨花の居場所を魅音に聞きにきた山狗と遭遇。

そして沙都子と魅音の戦いに横槍を入れる山狗との銃撃戦の中で沙都子は死亡、そして先程書いたように魅音も山狗メンバーを射殺に成功しますが、後に魅音も撃たれて死亡してしまいます。この後退散する際に、山狗メンバーが撃たれて死亡した山狗Aと魅音の銃を間違えて持って帰ってしまったと考えられます。

こう考えれば沙都子がループしており、過去の綿流し編の記憶を保持していることからルールZ、通称園崎ブラフを信じてしまうのも無理はないのです。

まとめ

ジョリ男

今回はかなりガチな記事だね。

つまり主犯は園崎魅音であり、魅音が一連の殺人事件を起こした。

そして梨花が園崎家に囚われていると考えた沙都子が山狗が園崎家に突入し、結果的に主要キャラが全員死亡するという結果になったと考えていいのかい?

古川

概ねそれでいいと思う。

残る謎の中ではっきりしないのはレナの所在だけかな。綿流し編でもレナは特に何もなく無事だったから、綿騙し編でも普通に無事だから何も描写がない可能性もあるよね。

レナのその後についてなにかご意見をお持ちの方は是非コメント欄で教えて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です