「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【呪術廻戦考察】タケルの正体は日下部の甥?【妹の魂を使った突然変異呪骸説】

どうもこんにちは古川です!

今回は呪術廻戦147話で登場したパンダと同じ突然変異呪骸であるタケルの正体について考察していきます!

ジョリ男

タケルと言うとあのかわいいクマのぬいぐるみ的なパンイチの呪骸のことかい?

古川

そうだぜ。夜蛾学長のことを”まさみち”と呼ぶ、なんともかわいらしい存在のことだぜ。

あのタケルの正体を知ることがパンダの正体を知ることに繋がるんだ。

というわけで今回は突然変異呪骸タケルの正体について解説していきます!

タケルの正体とは

147話で突然に登場したタケルという新キャラに関して、そこまで大きな反響はないように感じますが、私古川は気になったのです。ということであのキモかわいいタケルの正体について解説していきます!

突然変異呪骸

まず結論から言うと、タケルはパンダ同様に突然変異呪骸です・・・と言いたいところですが、実際にタケルが突然変異呪骸かというとまだ言い切れない所はあります。しかし〈核と魂が少なくとも2つ存在していること〉を考えると通常の呪骸とは異なる存在であることは自明です。

ここで「突然変異呪骸ってなんだっけ?」という方は別記事で正体を復習しておいてください!

突然変異呪骸をざっくり言うと、〈夜蛾学長の傀儡呪術で作られた呪いを内包した無生物〉のことです。ぬいぐるみの中に心臓となる核と生者もしくは死者の魂を入れ込んだ事により、自立的に呪力を保管することができて自立的に動くことができる存在のことを突然変異呪骸といいます。

3つの核と3つの魂を持っている

そして通常の人工呪骸には核が1つしかないので、自力で呪力を保管することができないので、夜蛾からの呪力供給が必要になります。しかし突然変異呪骸には核(心臓)が3つ、魂が3つ存在しています。

呪術廻戦147話より引用

それによりパンダやタケルのように、夜蛾学長の呪力がなくとも行動することができる存在なのです。

そして気になるものは「タケルは誰の魂が込められているのか」ということです。パンダやタケルのような突然変異呪骸には感情や人間らしさが存在していますが、これは込められている魂を元々持っていた人間の人格に依存しています。

なのでパンダの人格はパンダに込められている魂の元の持ち主のものですし、同様にタケルの「天才だろ?」というおちゃらけた人格も、タケルに込められている魂の元の持ち主のものなのです。

ではタケルに込められている魂は誰のものでしょうか?

日下部の妹の娘の魂がメイン核

呪術廻戦147話より引用

タケルには日下部の妹の息子”タケル”の魂が入力されていると考えられます。

先程も書いたように、突然変異呪骸には3つの魂が存在しています。

そしてパンダの例が示すように〈メインとなる核(魂)が存在し、メインの魂の持ち主の人格が表面に現れる〉のです。実際にかつてのメカ丸戦でパンダはゴリラ核に変更していましたが、人格はメインのパンダのものでした。

ということでタケルの「天才だろ?」という人格がメイン核となり、さらに”タケル”以外の魂の他にもう2つの核と魂が存在することになります。”タケル”以外の核と魂は未だ不明なので、今回はメインとなる核と魂の元の持ち主が日下部の妹の亡くなった息子”タケル”のものであると考えられます。

タケルの「もしかしてあの人、ぼくのおかあさん?」と日下部の妹を指差して言うと、夜蛾は「よく分かったな」と言ってますし、その後のタケルの「天才だろ?」という言葉を聞いて日下部の妹は亡くなったタケルを思い出して泣き崩れる描写もありました。

ということで突然変異呪骸のタケルには、少なくともメイン核となるタケル、そして日下部の妹の魂の情報も入力された核も存在していることになります。なのであと1セット、核と魂が存在していることになりますが、それはまだ未公開となっています。

ジョリ男

タケルの「あの人、ぼくのおかあさん?」という発言は、タケルが〈自分の中にいる日下部の妹の魂が、元々の魂の持ち主である日下部の妹〉に気づいたってことかい?

古川

まあそうなるな。というか書いていてなかなかに難しいな(笑)

少なくとも呪骸”タケル”には、メイン核にタケルの魂、あと日下部の妹の魂が入力された核が1つ、その他にもう1つ在ると考えられるんだ。

最後の核はまだわからないけどね(笑)

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

呪術の日下部って何歳なの?w

そして最後に、古川が気になった部分を解説していきます。

呪術廻戦147話より引用

「妹はもう過去(タケル)が支えてくれなきゃ生きていけんのです」という事だったのですが、なのに日下部からしたらタケルは”甥”ということでした。

ここで気になったのは「日下部って何歳なん?」ということです。

古川は日下部が高校生だと勘違いしていたので、日下部の妹に息子がいると聞いて頭が混乱しました(笑)よくよく考えてみたらそんなわけないですね(笑)日下部見た目おっさんぽいですし(笑)

そして調べてみたら日下部の年齢は未公開らしく、現状わからないというのが結論です。

一瞬フラッシュバックしたタケルの姿が大体5歳から8歳くらいであると仮定し、日下部の妹が25歳で出産していると仮定します。すると現段階で妹が30歳となり、兄である日下部は2,3歳年上であることを考えると大体32歳もしくは33歳くらいかな〜と思います。

まあ、おっさんなんで日下部の年齢には需要ないかもですが(笑)

勝手に32歳だと思っておくことにします!

まとめ

このように、タケルの正体は〈日下部の妹の息子”タケル”の魂を元に夜蛾に作られた突然変異呪骸〉であると考えられます。メイン核は「天才だろ?」発言により日下部の甥であるタケル、その他の核には日下部の妹の魂も使われているのかな〜と思ってます。

なんとも言えないところではありますが、現状分かるタケルの正体はこんな感じだと思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です