「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【リトルナイトメアDLC考察】キッドの正体とキャラを紹介していく

どうもこんにちはタイーチです!

今回は今更ながら『リトルナイトメア』をクリアしたので、特にDLCの考察を行っていこうと思います!

タイーチはDLCまでやったのかい?

やったぞ!本編からDLC3部作まで同じ日にライブ配信してたから声がボロボロになったぞ(笑)

とはいえDLCも相変わらず考察の余地がありまくりなので、頑張って全て考察していこうと思っている今日このごろのオレだ!

というわけでまずはセルフリマインドがてらDLCのストーリーを振り返るぞ!

DLC「深淵」ストーリーネタバレ

どこかの水の満ちた暗い部屋で、一人で心細く浮かんでいるところから物語は始まります。そして水中深くから何者かが彼の足を引っ張り、そのまま水中に引っ張られていったところで彼は目を覚まします。そして暗い部屋から彼の物語は進んでいきます。

彼の名前はランナウェイ・キッド。「逃走する子供」という直訳であることから本名ではない可能性が高いのですが、一応公式に彼はキッドと命名されています。

そしてキッドを操作して、シックス同様にこの暗い世界から逃げ出すことになります。水中ゾーンでは人魚ババアから逃げおおせながら感電死させるという衝撃的なシーンもありますが、なんとかかんとか勝利を収めます。

死にすぎてヤバかったですが、視聴者さんからのコメントを元に倒すことができました!Maskさんマジでありがとうございます!(笑)おかげで視聴者からバカだと思われずにすみました!

DLC「ひみつのへや」ストーリーネタバレ

続いてノームとともに進む部屋にて、ノームハグを行うことによりノームをドラクエモンスターズのように連れて歩くことにより、石炭を運んでもらいました。ノームの可愛さを存分に感じつつ、石炭の力により動き出したタービンにより、新たな区画を進むことができました。

DLC「静寂のアトリエ」ストーリーネタバレ

そして行き着いた先は本編でもシックスが探索したレディの部屋。実際レディと遭遇することもありました。そしてレディと遭遇し、無音で忍び寄っているのになぜか気づかれてしまい、空中浮遊させられながら窒息させられるという鬼畜の所業を浴びせられます。

しかしシックスほどガッツリ戦闘するわけではなく、レディにより追われるので逃げるだけ。そして逃げた先でレディに捕まってしまい、次に目を覚ました時、キッドの姿はノームになっていました。レディの力により姿形を変えられていたということです。

レディのこの力の源泉はまた別の考察になりますが、レディが神に使えるものだから、とだけ言っておきましょうか。レディの力の源はこちらの記事でご覧ください!

キッドの正体考察

神に封印された危険人物

シックス同様に、神により”危険人物”というレッテルを貼られてしまい、この世界に封印された存在であると考えられます。この辺は過去に書いた『電波塔の世界はシックスを閉じ込めるために創造された説』を御覧ください。

シックスは七つの大罪で6つ目に当たる「暴食」に当たることもあり、世界そのものを変革しうる力があり、その力を行使される危険性を危惧した神によって別の世界へと飛ばされたと考えられます。それにより2のように肉壁の世界に閉じ込められていました。

そしてその世界からモノを犠牲にしてモウに飛び立ったと考えられます。

このシックスと同様にキッドも元の世界からモウの世界へと飛ばされた存在であり、何かしら世界変革につながる力があったと考えられ、その力を危険視した神によりこの世界に飛ばされたと考えられます。

その結果、シックスと同じタイミングでモウの世界に飛ばされ、目覚めたベッドルームは作中でシックスも通った場所。さらにシックスが管理人に捕まっていた場所は同じ部屋で、シックスの前に他の部屋に連れて行かれた同じく犠牲者の一人だったというわけです。

特殊な力は封印されている

しかし作中でのキッドの行動を見る限り、キッドには特殊な力はないように感じます。

ただひたすらに走り続け、一定時間以上走るとゼエゼエし始めるし、シックスのようにお腹が空いて異常な食欲を見せることもない。操作している限り普通の少年という感じがします。

元の世界では神により直接封印を受けるレベルで危険な能力を持っていたはず。しかしその能力はモウの世界では封印されて使えていないように感じられます。だから人魚ババアとの戦闘シーンも特に何もなく、単純に逃げるだけだったと考えられます。

そしてノームの力を借りて先に進み、ゲストルームを通り、さらに進んでレディの部屋に到着したキッドでした。

最終的にシックスの暴食の犠牲者に

神に近しい存在であるレディにより、キッドの姿は無害な妖精ノームへと変えられてしまいました。そしてゲストルームを横断している際に、ソーセージを見つけました。そのソーセージを食べようとしていた(?)ところで1のエンディングロールが終了しました。

しかしこの後のシーンは既に本作にて描かれていました。まずは以下の画像をご覧ください。まずはキッド(ノーム状態)がソーセージを見つけたシーンです。

 

次にリトルナイトメア本編でのシックスです。

 

そうなんです。ノームの姿に変えられていたキッドは本編でシックスに食べられていたという衝撃的な事実が明らかになっています!最初は気づかなかったのですが、頂いたコメントから理解しました(笑)

マジかよ!という感じですが、ノームと化したキッドがソーセージを見つけた場所とシックスがソーセージを持ったノームを食べた場所が完全に一致していることもあり、これはつまりそういうことです。悲しい現実ですね(笑)

リトルナイトメアDLC考察

パンをくれた人はキッド説

『リトルナイトメア』本編でパンをくれた人がいたのは覚えているでしょうか?

シックスが初めてお腹をすかせていた所に居合わせた人物(おそらくは女子)ですが、彼女には「パンをくれた人 誰」という検索キーワードが存在するほどにみんなが気になっている存在なのです。しかし現状ネット上にはこの答えが存在していないため、本邦初公開となります。

結論から言うと、あのパンをくれた人はキッドではありません。これは割と断定していいと思います。

根拠として、DLC3部作をプレイした結果、キッドがシックスと出会ったのは最期のノーム化したタイミングだけだからです。

確かにキッドが目覚めたベッドルームもシックスが道中で立ち寄った場所ですし、また檻に閉じ込められたタイミングも一致しているのでキッドとシックスは何度かニアミスしていますが、それでもシックスにパンをあげたタイミングでキッドがあの場所にいるはずがないからです。

先程も書いたように、キッドはベッドで起きてからすぐに水中での人魚との濃厚接触に勤しんでましたし、そこからラストで遭遇するまでは2人は出会うことはなかったのです。なのでタイミング的に、シックスがパンを食べていたタイミングではキッドはあの場所にいるはずがないという結論に至りました。

つまりあのパンをくれた人はキッドではない、他の人物であると考えています。あの人の詳細は別記事で考察しています!

女の子の正体

そして同様にDLC「深淵」の序盤で登場する女の子がいました。キッドがベッドルームから出て、次に石化にらみをしてくる目のゾーンに差し掛かった時、同じエリアに懐中電灯を持ってどこかに走っていく少女の姿がありました。

最初は「シックスか!」と思いましたが、タイミング的に考えてあの女の子はシックスではありません。あの頃シックスは管理人と戦ってましたから。それにキッドが少女と出会ったのは既にシックスが通った道を逆走していた地点ですし、シックスは一度も逆走してはいませんからね。

そのためあの女の子はシックスではなく、キッド同様にこの世界に存在する普通の女の子であり、この世界から逃げ出そうとしている瞬間を捉えたのだと思います。

そして懐中電灯を持った女の子を追っていったその先に懐中電灯だけが転がっているシーンがありました。等の女の子はその場からいなくなっており、さらにそのクリアまで女の子に会うことはありませんでした。つまり、女の子はこの世界によって殺されてしまったと考えることができます。

そしてキッドは彼女の持っていた懐中電灯を持って、なんとかレディの元までたどり着いたと考えられます。

まとめ

というわけでDLCにおいて考察すべきポイントはあらかたまとめたかなと思っています。しかしまだまだ考察ネタは存在しているので、そちらもいずれ別記事でまとめていこうと思います。

今回の記事では大きくキッドの正体、パンをくれた人の正体がキッドではない理由、途中にいた女の子の正体について考察してきました。まだまだリトルナイトメアには考察ポイントが多分にあるので今後もブログ記事とYoutube動画にしていこうと思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です