「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【悪魔だった君たちへネタバレ2話】美穂と信の結婚式は宮本登場で崩壊する

悪魔だった君たちへのネタバレ2話です!2話では社内メールで全社員の痴態が送られてからしばらく経ち、美穂とも仲直りした信の結婚式が行われる。しかしそんな平和に進むはずがなかった・・・。早速2話のネタバレを見ていきましょう!

悪魔だった君たちへネタバレ2話

宮本からのメール

信は「宮本がどうやって社員の秘密の情報を入手したかは不明だがそれらは家族や友人にまで送りつけられていたようだった」「そのせいで人間関係が壊されたやつもいた・・・」「それでしばらくは社内もバタついていたが、時間が経つにつれ落ち着きを取り戻していた・・・」と振り返る。

同僚は「なぁ宮本のヤツとんでもねえよなーお前の彼女の写真もあったけど・・・大丈夫だったか?」とコソコソ聞いてくると信も「ああ・・まぁ・・・被害はあったかな」「しかし・・・あの宮本があそこまでのことをしでかすとは・・・」「会社の人間全てを恨んでたってことか?」「オレと美穂がケンカすることになったのも宮本のせい・・・」「でも安心した、こんな大事になったんだ次はもうないだろう・・・」「アイツのしわざじゃなかったんだ・・・」と過去にイジメていた幸太が頭をよぎり、「暴露によって会社を辞めたり謹慎になったやつらに比べたらオレは全然マシだ・・・」と考えていた。

仲直り

信は「・・・あとは・・・」とつぶやき、帰宅後に美穂に説明をして「・・・というわけなんだ・・・」と話し、美穂は「事情はわかったけど・・・あの時は本当に信が怖かった・・・な・・・」「なんかアレが信の本性なのかな・・・って思うと・・・」と首を絞められた時の事を思い出し、信は「美穂・・・」「オレっ・・・心から反省してる!」「本っ当にゴメン!色々と・・・」「それでオレっ・・・」「ケ・・・ケンカして改めて思ったんだ・・・」「やっぱオレには美穂しかいないんだって!」「オレもダメな過去とかあるけど・・・絶対に幸せにするから」と言うと美穂は手を伸ばし「二人で、幸せになろうよ・・・」と言ってくれた。そのまま信は美穂の胸に手を伸ばし、美穂も「いいよ、きて・・・信・・・」「ああっ♥」と仲直りが始まった。

結婚式当日

そして迎えた結婚式当日、「新郎新婦のご入場です!皆様お二人を盛大な拍手でお迎えください!」という声とともに、桜川花奈は「みんな集まるの久し振りだね〜ってか俊夫チョーいいスーツじゃん!」と褒め、横峯俊夫は「いやいや・・・弁護士先生に比べたら・・・なぁ雄介せんせー!」と話を振り、久原雄介は「おいおいこれでもクライアント仕事だぜ?地味なもんさ」と久し振りの再会に花を咲かせていた。

その場に倫太郎は来ていなかったが、司会が「皆様にこれよりお二人の歴史を振り返らせていただきます」「スクリーンにご注目ください!」と言うと画面に高校時代の写真が映し出され「お二人は同じ中高一貫校で青春時代を過ごしお付き合いするようになりました」と懐かしそうに花奈たちも笑い、「そして社会人になられてからは・・・」と言うと動画が切り替わった。

スクリーンには信が「おーい撮れてる?OK?よーし・・・今からやるぜ!」とカマキリを持つ様子が映し出され、どよめきが走り、信も最初は何の映像かわからなかったが「これって・・・もしかして・・・あの時の・・・」と何の動画なのか思い当たった。

イジメ動画

そして信は「やめろっ!」と叫び、スクリーンには幸太に無理やりカマキリを食べさせている動画が流れ、信は「頼む!早く止めてくれっ!」と焦り、それでも止まらないイジメ動画を見てモニターを何度もたたき「くっそ!止めろよ止めてくれ!」と叫ぶので司会は「し・・・新郎さま!落ち着いてください!困りますっ!」となだめに入った。

しかし動画は止まらず、信は「くそっ!離せ!」「マズイんだよこのままじゃ!」「止めろ!早く止めろ!早くっ!」と焦りが募っていくが、スクリーンにはかつての信がカマキリを持って「ハイア~ン!」と幸太に食べさせて、泣きわめく幸太に「じゃあ幸太君食レポお願いしまーす!」「あーなるほど〜言葉にならないくらいに美味しいってことですか〜」「だってよ〜美穂〜コイツすごくない?カマキリ食べたよ〜」と笑うと当時の美穂も「ちょっと・・・やめなよ〜マジで気持ちわるいし吐きそうなんだけど」と爆笑をしていた。

それを見ていた花奈も雄介も俊夫もドン引きし、俊夫は「マ・・・マジかよ・・・これって倫太郎が撮ってたやつだよな?」とつぶやき、スクリーンではその場で幸太が嘔吐したシーンが流ていた。信はその場にへたり込み「勘弁・・・してくれ・・・」と顔面蒼白になり、それを見ていた幸太は「いいねいいねぇ・・・でもまだまだだよぉ〜」「これからもっと盛り上がるんだからさぁ」と微笑んでいた。

宮本登場

そして司会席に現れた宮本が「あーあ〜マイクテス!マイクテス!」「田上さん・・・晴れの舞台になんてカッコしてるんですかぁ〜!」「正直僕は会社のみなさんに合わせる顔がありません・・・あんなことをやってしまった・・・いややらされてしまったから!」「そろそろ皆様もお気づきでしょうが・・・田上信・・・コイツは最低のクズ野郎です!その証拠がこちらです!」と新たな動画を流し始めた。

スクリーンでは信が「なぁ・・・おまえ丸腰商事の新商品の情報持ってんだろ?」「なぁそれ俺にも流せよ!」と詰め寄っており、拒否されても「マジでバカだなお前ーそれで新規契約取れりゃいいんだよ!」「ホラい〜から渡せ豚が!」とコンプラ違反をしている動画が流されていた。

それを見た同僚も「おいおい田上〜おまえ取引先の機密情報ライバル社に流して契約取って、マジでクソ野郎だな〜なんかいい気味だぜ」と叫び、上司も「田上ィ!覚悟しとけ!お前はもう終わりだぁ!!」と叫び、信はその場に倒れ込み悲鳴を上げた。

美穂の裏切り

美穂も「どうしよう・・・もう信は終わりよ!こんな男と共倒れになるなんて絶対にごめんよ!」「そうよ私は巻き込まれただけ!私だって被害者なのよ!」と考え、「信・・・こんな事隠して私と結婚しようとしてたの?」「いじめのヤツだって私は何もしてないしむしろ嫌がってたのよ!」「そんな人とは結婚できないわ」と叫んだ。

しかし宮本は「おやぁ〜クズはもう一人いたみたいですね〜」「だってぇ自分の保身のためには簡単に婚約者も切り捨てちゃうんですもんね〜」「クズ同士お似合いの夫婦になれると思いますけどねぇ・・・ヒヒ・・・」「そうそうせっかくの結婚式ですし、お二人が末永く仲良くなってもらえるように特別にもう一つ映像をご用意致しましたので御覧ください!」と新たな動画が流れ始めた。

映像には胸をはだけさせた美穂が「ちょっとやだぁ〜撮ってるの?」と言うと男の声で「フフ・・・たまにはこういうのもいいだろ?」と言うが、その声は信ではなかった。美穂は「もう、こんなの撮ってどうするのよ?」と立ち上がり、バスタオルをゆっくりと脱ぎだした。

男の声で「さぁ美穂のきれいな体を見せてごらん」「すごくきれいだよ美穂・・・」と行為が進展していく。

パパ活

15年前・・・楽しそうに話している信に女子が「まーこと君!」「美穂がちょっと・・・ホラ!」と美穂を連れてきて、美穂は「あ・・・あのさ・・・一緒に帰ら・・・ない?」と初々しく笑いかけたことを思い出し、信は今、自分以外の男に乳首をいじられている美穂を見ている。

動画内で男は「彼氏に秘密でこんなことして・・・いけない子だねぇ・・・」と言うと美穂は「ああっ・・・だってぇ美穂にたくさんお手当くれるからぁ・・・」と話していた。それを聞いた美穂は言葉を失い、観客も「ねぇお手当って・・・それパパ活ってこと?」「美穂ちゃんの家っいぇお金持ちじゃなかったっけ?」とざわめきが走った。

美穂の父は「美穂・・・お前ってやつは・・・」「この相手は誰なんだ?・・・え?」と詰め寄り、そして動画内では美穂が「もぉ〜私ばっかりやだぁ〜」とカメラを奪い取り、男にカメラを向けると男は「こらこら返しなさいって」と笑っていた。

堀口の背徳行為

それを見て美穂の父は「美穂っこの男はまさかっ・・・う・・ウチの取引先の堀口さん・・・か?」と愕然とし、堀口にキスをせがむ美穂を見て信は「こ・・・このおっさんたしか・・・美穂がセレブ交際とかであってたやつだよな・・・」「あんな言い訳でごまかしやがって」「浮気してたのはおまえじゃねーか!」感じていた。

美穂はその場にへたり込み、観客席にいた堀口に美穂の父は「堀口さん!今後アンタのとことの取引は考えさせてもらうからな!」と詰め寄り、美穂は花奈と雄介、俊夫に助けを求めるが、3人共視線を逸らしてしまった。

美穂はその場で絶叫し、そして宮本は「さ〜いよいよクライマックスの本番シーンですよおおおっ!」とマイクで叫んだ。

前の話 ⇔ 次の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です