「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【悪魔だった君たちへネタバレ9話】花奈は生きてる?トラックに轢かれたその後

悪魔だった君たちへのネタバレ9話です!9話では雄介に首を絞められた後、今度は雄介の子供を連れて横断歩道に立つ花奈。そこにトラックが突っ込んできた時、おもわず花奈は目を閉じてしまうが、意外な行動に出る・・・。早速9話のネタバレを見ていきましょう!

悪魔だった君たちへネタバレ9話

花奈と雄介

下田(?)はタバコに火をつけ、高校時代の写真に映る、花奈の目を焦がし「花奈ちゃん・・・君の眼に雄介君はどう映っているのかな・・・」「『家族』の縛りから抜け出せない」「囚われの王子様ってところかなぁ?」「そこまで雄介君にこだわる理由はなんだろう?」「偽りのメッセージで・・・ウキウキになっちゃってるねぇ」「君には本当の王子様の姿が見えているのかなぁ?」とほくそ笑んでいた。

雄介は子供たちと公園でボール遊びをしていると、遠くに行ってしまったボールを子供に「取ってきて〜」と頼まれ、雄介は「も〜やりすぎだぞ〜」「うわ〜どこいった〜」と探していると、花奈からLINEで子供と雄介が遊んでいる写真が送られてきた。

そして雄介は「花奈・・・ここに来てるのか?」と不穏な気配を感じ、花奈から「あなたの子供たちは私がなんとかするから・・・」というメッセージが送られてきたので「あのLIMEどういうことなんだよっ!」と子供の元に戻ると、そこに子供がおらず「嘘だろ・・・いっ・・・いない!」「ちくしょーふざけやがって!」と叫び、花奈に電話をかけ「頼むっ!出てくれ!」と念じると、花奈は「素直でいい子たちね・・・」「ええ、わかってるわ。あなたが望むように・・・」と答えた。

花奈の良心

雄介は「この信号の音・・・公園の出口の横断歩道か?」と感じ、「なぁ花奈!!悪かった!!ちゃんと話し合おう!なっ!」とたしなめるが、花奈は「そうね・・・二人になってから話しましょ!」と返し、雄介の娘たちは花奈に「ねぇお姉ちゃん、パパもすぐに来るの?」と尋ねた。

花奈は「そうよ・・パパも後から来るから・・・あなた達は・・・『先に行ってて』って」と子供の手を引いて横断歩道を渡ると、そこに雄介が駆けつけ「優菜!美沙!」と叫び、その声に気付いた娘たちは雄介の元へ駆け出した。

しかしそこにトラックがクラクションを鳴らして突っ込んできた。

花奈は「雄介が・・・望んだ・・・」と目を閉じたが、身を挺して子供をトラックから安全な場所に突き飛ばした。しかし花奈はトラックに轢かれ、雄介は「か・・・花奈ーーー!!」と叫んだ。

里香のお礼

そして花奈が気付くと知らない天井が視界に入り「なっ・・・ここはどこ?体が熱い・・・声が出せない!?」と意識が戻り、ひたすらに雄介が花奈を呼ぶ声だけが聞こえている。雄介が「よかっ」と言うのを遮り、雄介の妻・里香が「目が覚めたのね花奈さん・・・」「主人から聞いたわぁ、子供達を身を挺して守ってくれたんでしょ?」「花奈さんには何とお礼をしたらいいか・・・」「一日でも早く退院できるように主人と考えてお見舞いを用意したの」「あ〜うっかりしてたわぁ・・・花奈さんの意識が戻ったって先生にお伝えしないと・・・」「あなた・・・お願いできる?」と何かのタッパーを取り出したが、その中ではカサカサと何かがうごめいていた。

そして雄介も妻に従わざるを得ず、「あ・・・ああ」と部屋から出ていった後、妻はタッパーを開け「じゃあ花奈さん」「召し上がれぇ」と手づかみでゴキ○リを花奈の口に放り込み、「あんた・・・ウチの子供に何しようとしてたのよぉ」「あんたみたいな悪い女はさぁ」「悪い虫は駆除・・・しないとねぇ」と何匹も何匹も押し込んでいく。その声が聞こえている廊下で、雄介は一人頭を抱えて涙を流していた。

信バグった

その頃信は倫太郎の家から押収したUSBに収められていた美穂の映像をガン見し「美穂ぉ・・・おかげさまでオレも変態だよ・・・」「あ〜コレマジでパクったかいがあったぜ・・・」「さて・・・他にもヌケそうな映像ねえかな・・・」と他のファイルを調べると、他にも大量の隠し撮り映像が収められていた。

信は「おお・・・お宝どっさりだな・・・しかしこれだけの盗撮映像どうやって手にれたんだ?」「ハッキングってやつか?」とつぶやき、『不倫・偏愛のゆくえ』というフォルダを見つけてクリックすると、どこかの山小屋らしき場所にいた雄介と花奈の様子が収められていた。

雄介と山小屋

数日前、雄介は車から花奈を降ろし、「花奈・・・今までずっとごめんな・・・」「花奈を追い込んだのはオレのせいだ・・・」「オレはずっと間違った選択をしてたのかもしれない・・・」「花奈との再会は卒業して何年後だっただろう・・・」「多額の借金を背負って会員制の高級ソープで働いてた花奈と会った時は・・・運命じゃないかって思ったよ」「すでにオレには家族がいたが・・・花奈を救えるのはオレだけだった」と出会いを思い出していた。

少し前、雄介は妻と行為中、妻は「あなたは本当に悪い子ねぇ・・・何食わぬ顔でずううっと不倫してたなんてねぇ・・・」「ダメよォ口だけじゃあ・・・」「行動で示さなきゃ・・・ね・・・あなたは裏切者なのよ!」「どうしたら償えるか、もう一度信用してもらえるか考えなさい!」「あなたが決断できるのなら後始末はしてあげる・・・」と速度を早めると、雄介は果て、妻は「あなたの意志で・・・あなたがやるの・・・賢い選択をしてね・・・」と告げた。

そして大雨の降る中、雄介は車椅子に乗る花奈を押し、花奈が転げ落ちると「花奈っ!大丈夫か!?」と駆け寄り、目当ての山小屋へ入り、花奈の首に縄をかけ「花奈・・・本当に・・・すまない・・・許してくれ!」と叫んだ瞬間、背後から何者かが忍び寄っていた。

前の話 ⇔ 次の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です