【呪術廻戦】羂索の中国語のセリフの意味とシーン考察【中国政府との密会?】

吉永

どうもこんにちは吉永です!

今回は『呪術廻戦』167話にて公開された気になりまくりなシーン、羂索が何やら中国語を話しているシーンがありました。

たった2コマでしたが、かなり気になるシーンだったので、この辺から何が言えるか気になったので、中国語が分かる知り合いに聞いてみました!

▼呪術廻戦0巻が無料!▼

2021年12月24日に『呪術廻戦0』の映画が公開されました!原作漫画『呪術廻戦0巻』も無料で読めます!

本来は459円かかる有料作品ですが、電子コミック・動画大手のU-NEXTに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえます!

このポイントを使えば無料で『呪術廻戦0巻』を読むことが可能です!

映画もさることながら、折本里香の正体や『ミゲルって誰やねん?』みたいな部分がよくわかります(笑)以下のボタンからサクッと読んでみてください!

『呪術廻戦0巻』を読む

羂索の中国語のセリフの意味

気になるのはこのシーン。

復活した古代の術師レジィと伏黒が死滅回游の真の目的について話しているシーンの後、突如として差し込まれたシーンです。

私は中国語専攻ではなく、まったくわからないので”謝謝”で「ありがとう」くらいしかわかりませんでした。ですので中国語に詳しい知り合いにLINEで聞いてみました!そしたら奴は仕事中にも関わらず即返信が来ました!暇人でよかったです!

このように、「谢谢你邀请我」は「お招きありがとう」という意味らしいです。

つまり羂索は誰かに招かれたということになります。そして羂索のこの発言の前に、何者かに「坐下」と言われているシーンもありました。

なんとなく漢字から意味が予測できそうなもんですが、一応調べてみました。

やはり「座れ」的な意味でしたね。

といわけで羂索を招いた何者かに「坐下(お座り下さい)」と言われ、羂索は「谢谢你邀请我(お招きありがとうございます)」と答えたわけですね。

ちなみにこの部分は呪術廻戦の本編でも一切の解説がなく、全く訳のわからない今後への伏線となっています。

意味不明だった中国語のやりとりの意味が一応は理解できたので、次にこのシーンから分かること・読み取れる考察を考えていきます!

羂索の中国語考察

中国人との協力体制

まず確定な事は、羂索と中国人呪術師との関係があるということです。

中国語なので「お招きくださりありがとうございます」なのか「招待あざっす」なのか、どっちが立場が上なのかは不明ですが、ひとまず中国人グループと羂索の間には関係があるということは明らかです。

中国語を話せる理由

羂索(加茂の中身)がなぜ中国語を喋れるのかも気になりますが、奴は1000年以上生きている事を考えればまあその中で勉強したんじゃね?(適当)という考えもできますが、おそらくそうなのではないかと。むしろそれ以外には考えられなくないでしょうか?

これまでに乗っ取ってきた人のスキル(言語能力含む)も自分のものとして使えるみたいな設定ありましたっけ?

乗っ取った人の術式をめっちゃ使っていることもあり、おそらく羂索(喋る脳みそ)はこれまでに乗っ取ってきた人物の術式だけでなく、その人の持つ言語能力も奪って自分の物とできるのではないでしょうか!

吉永

つまりこの1000年間で羂索が乗っ取った人物の中には中国人、または中国語が堪能な人物がいて、その能力を兼ね備えたまま新たな肉体に移動したのではないかと考えられます。

だから現在は、中国語の言語力を持ち、さらに夏油の呪霊操術を使うことが出来るようになっていると考えられます。

日本国外の呪術界

また上記のシーンから、日本国外の呪術界との間に何かしら密約があるのでは説も浮上しています。(私の中で話題に)

というかそうとしか考えられません。

例えば、羂索と他国政府との間に密約があり、「日本国内で呪霊テロを起こし、その混乱の中で他国の呪術師が”鎮圧”を名目に制圧に派遣される」的な、さらに「制圧完了後にその呪術師軍隊が日本政府を保護下に置き、その頂点に羂索を添える」的な感じでしょうか・・・

割とリアルな考察になってしまいました(泣)なんとなく書くの怖いですが、書いてしまいました。

吉永

呪術廻戦の作中には割と高専内部のどろどろした派閥争いが描かれていたりするので、割とこんな設定もあってもおかしくないのではないでしょうか?

しかし、だとしても羂索のことですので、そんな密約があったとしてもおそらくそれも守る気はないと思ってます。呪霊テロは死滅回游でも起こしていますし、それ以前にも秤が飛ばされた際にも起こしているので既に2回起こしているような危険人物です。

他の国の保護下に置こうなんて気はさらさらないはず、したがって計画最終段階にてその国を裏切って羂索だけの支配下に置こうとするはずです。それに目的は既に天元によって明らかにされてますし・・・

まとめ

というわけで『呪術廻戦』167話にて、羂索の中国語のセリフの意味は以下の通りです。

「坐下」・・・「お座り下さい」

谢谢你邀请我」・・・「お招きくださりありがとうございます」

でした。

どちらが立場が上なのかは全くわかりませんが、ひとまず羂索と中国人グループ(多分呪術師?)と関わりがあることだけが明らかになりました。

今後は日本国外の呪術師も登場する可能性があり、ただでさえ複雑な死滅回游がさらに難しくなる可能性がありますね(笑)

というわけで今回は短い記事でしたが、ご覧下さりありがとうございました!

▼呪術廻戦0巻が無料!▼

2021年12月24日に『呪術廻戦0』の映画が公開されました!原作漫画『呪術廻戦0巻』も無料で読めます!

本来は459円かかる有料作品ですが、電子コミック・動画大手のU-NEXTに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえます!

このポイントを使えば無料で『呪術廻戦0巻』を読むことが可能です!

映画もさることながら、折本里香の正体や『ミゲルって誰やねん?』みたいな部分がよくわかります(笑)以下のボタンからサクッと読んでみてください!

『呪術廻戦0巻』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。