【火祭り村ネタバレ2話】火那子の倫理観と共行の巨乳フェチ

火祭り村ネタバレ2話です!2話では、景観保存地区である火祭り村では独自の分化が形成されていた。共行の目の前には、ムチで打つ男と打たれる男たちの姿が目に入り、火那子に尋ねると予想外の言葉が帰ってきた。!早速2話のネタバレを見ていきましょう!

▼無料で全ページ読めます!▼

『火祭り村』は1話あたり110円の有料マンガですが、電子コミックサイトのコミック.jpの無料会員登録で全ページ読めます!

火那子の巨乳・・・いや爆乳がはっきりと拝めるのは有料作品ならではですね(笑)

登録もスマホがあればキャリア決済もできるので、クレジットカードがなくても1分弱で簡単登録です!この機会に『火祭り村』を読んでみてください!共行、マジで良い思いしすぎでムカつくレベルです(笑)

『火祭り村』を無料で読む

▼下の画像をクリック▼

火祭り村ネタバレ2話

景観保存地区

村の内部に入り込んだ共行は「何というか・・・想像以上のど田舎に来てしまったな・・・それとさっきの建物にもいたけど・・・あの仮面何者だ?」と時々いる仮面の男を見て不安を感じてはいたが、火那子が共行に胸を押し付け微笑んだのを見て、「まあ何でもいっか!」とおっぱいの圧力に屈した。

そして火那子は「私の実家はこの先です」と告げ、さらに奥に進みながら共行は「まるで時代劇の世界だな・・・今どき機械も使わずにやっているのか」と自給自足を見て感じ、「あ・・・あのさコンビニってどこかにあるの?」と尋ねると火那子は「ありませんよこの村には」「近代文明が生み出した機械類は全て禁止しているんです」と答えた。

奴作と婢作

共行は「だから電信柱の一つもないのか、景観保存地区っていうのは随分と徹底しているん・・・だ・・・」と言いかけた時、遠くから生気のない男たちが視界に入り、その背後からムチを持った男が「早く畑に行かねえか!!」とムチを振り下ろし、共行は「な・・・っ、なんだよあれ!?」と驚くと火那子は「共行さんどうかしましたか?」と何事もなかったように尋ねた。

共行は「どうかしましたかって・・・早く止めないと!」と焦るが、火那子は「言う事を聞かない奴作を叩くのは当然じゃないですか?」と共行とは異なる倫理観を持っていた。共行は「奴作?当然?火那子ちゃんが何を言ってるのかさっぱり分からない!」と理解が出来ずにいると、火那子は「・・・共行さんは奴作にも優しいんですね」と笑った。

共行は「え・・・っと奴作って何・・・?」と引き気味で尋ねると、火那子は「奴作は家を継がなかった人のことです」「御三家以外は長男より下の子はあのように家の仕事を手伝うんです」「女の人の場合は婢作と呼ばれています、あそこの畑で働いている人達がそうです」と話してくれた。

田舎のルール

そしてムチを持った男は「おや、火那子ちゃんじゃないか、隣の子は外の子かい?」と声をかけ、火那子は「はい。ただいま帰りました」と答えた。そして共行も「あっあの!差し出がましいようですけど・・・ちょっとやりすぎじゃないですか?」と提案するが、ムチ男は「いやあ〜加減が難しいんだわ。痛みが弱いと言うことを聞いてくれなくてね」「おら!いつまでへばってる!」とさらにムチをふるった。

そして共行は「ちょ・・・ちょっと!」とさらに静止を続けると、ムチ男は睨みを利かせたが、火那子が「田中さん、力が強いですよ」「今言ったばかりじゃないですか」と頼むと田中は「悪かったよ火那子ちゃん」と謝りムチを下げた。そして共行はムチで打たれた男に駆け寄り「大丈夫ですか!?」と尋ねるが男はすぐに立ち上がり、すぐに農作業を始めた。

その光景を見て共行は「なんなんだこの村は・・・まさか奴隷制度があるっていうのか?」「田舎には変な風習があったりするってネットの怖い話とかで聞いたことがあるけど・・・」となんとなく恐怖を感じ始めたが、火那子は「共行さん、そろそろ行きましょう、私の家はすぐそこです」と声をかけ、共行は「ああ・・・行こうか・・・」と伏し目がちに答えた。

焔火神社

しかし当然共行は坂を登りながら「この村はヤバい」「火那子ちゃんには悪いけど明日には帰らせてもらおう」と考えていると、火那子は「着きました」「ここが私の実家、焔火神社です」と案内し、「この神社では火を司る神様・・・焔之迦具土様を主祭神として祀っています」「早速ですが共行さん、私と一緒に禊をしていただけないでしょうか?」と提案してきた。

共行が判らずにいると、火那子は「私達はこの村に来るまで外の汚れた空気にさらされていました」「それを洗い流すために禊・・・水浴びをする必要があるんです」と風習を説明し、共行は「それってもしかしてこの村の風習なの?」と尋ねた。

火那子は「はい。ご迷惑でお付き合いいただけますか?」と半ば強制的に迫ってきたので、共行は「分かった、ご一緒させてもらうよ」と了承し、火那子は「ありがとうございます!すぐに用意しますね!」と嬉しそうに笑ったが、共行は「正直断るのが怖い、明日までは従っておこう」と考えていた。

そして白装束に着替えた火那子は「禊についてですが全身濡れていない所が無いように、水を7回浴びてください」「多すぎても少なすぎてもダメなので気をつけてくださいね」と言われるがままに桶に水を汲み、頭から浴びた共行は「つ・・・冷たい、これを7回もやるのか・・・」と愕然としながら火那子を見た。

水を浴びた火那子は「気持ちいいですね」とどことなくセクシーに笑い、共行はその体のラインを見て「うん」「巨乳最高!」と感じていた。

身の上話

そして実家に案内された共行に火那子は「長旅お疲れさまでした」とお茶を出し「今日はしっかり休んでくださいね」ともてなし、共行は「う・・・うんそうさせてもらうよ」と答え、火那子は「お布団敷いてきますね!」「それで・・・共行さん、あの、子供は何人くらい欲しいですか・・・?」と恥ずかしそうに聞いてきた。

共行がキョトンとしたのを見て、火那子は「すっ・・・すみません!間違えました!」「け、結婚式の日取りについてなんですけど、いつ頃にしますか?」と赤面したまま尋ねると、共行は「そ・・・そうだよな、それを前提として故郷のこの村まで来たんだから・・・でも・・・こんな変な村で育った女の子と一緒になって大丈夫なのか?」と不安に感じていた。

火那子は「えっと・・・すみません・・・共行さんのご家族の都合もあるのに・・・」と言うと、共行は「いやその点は大丈夫、俺家族はいないから」「両親は俺が中学の頃にはもう・・・親戚とも疎遠だし」と悲しい過去を述べた。

結婚式

火那子は「それは・・・残念でしたね」「共行さんも気持ちわかります、私も・・・子供の頃に両親が他界しているんです」「でも私の場合は村の皆が助けてくれたので独りではありませんでした」と身の上話をすると、共行は「火那子ちゃんも苦労したんだね」と共感できた。

火那子は「共行さん、私・・・不束者ですが・・・共行さんのこと絶対幸せにしますっ!」と楽しそうにしているのを見て、共行は「言う方と言われる方が混じってないか?」と感じ、「火那子ちゃんってちょっと思い込み激しい所はあるけど気持ちのいい子ではあるんだな」「この村の事は好きになれないけど火那子ちゃんと結婚するのはやぶさかではないかも」「2人で村を出て都会で楽しく暮せばきっと幸せだろうな」と前向きに考え、「ありがとう火那子ちゃん、これかもよろしくね」と笑いかけた。

火那子は「はい!よろしくおねがいします!」と嬉しそうに微笑んだが、後に共行は「後になって心底思った」「この時なんとしても逃げ出しておくべきだったと・・・」と火祭り村の内情を知ってから思っていた。

1話 ⇔ 3話

▼無料で全ページ読めます!▼

『火祭り村』は1話あたり110円の有料マンガですが、電子コミックサイトのコミック.jpの無料会員登録で全ページ読めます!

火那子の巨乳・・・いや爆乳がはっきりと拝めるのは有料作品ならではですね(笑)

登録もスマホがあればキャリア決済もできるので、クレジットカードがなくても1分弱で簡単登録です!この機会に『火祭り村』を読んでみてください!共行、マジで良い思いしすぎでムカつくレベルです(笑)

『火祭り村』を無料で読む

▼下の画像をクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。