【火祭り村ネタバレ24話】神主が死亡し、共行がカルトの王として君臨することに!

火祭り村ネタバレ24話です!24話では、神主相手に「ホムラ様の御声を聞いた」という一世一代の大嘘をついた共行ではあるが、その言葉を聞いて神主はまさかの行動に出る。下山して以降も共行の嘘は今だ止まらず、村全体を巻き込む大異変を起こすことになる!早速24話のネタバレを見ていきましょう!

▼火祭り村最新話公開▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

『火祭り村』はコミックシーモアで先行配信されている作品なので、最新話はコミックシーモアでしか読めません。最新話はコミックシーモアで御覧ください!

初回は50%割引で読めますし、スマホから簡単登録でしかもキャリア決済もできるのでササッと読んでみてください!

『火祭り村』最新話を読む!

火那子の神ボディもネタバレ記事では書けないので、ぜひマンガで、絵で見てほしいです(笑)

『火祭り村』最新話を読む!

火祭り村ネタバレ24話

洗脳の仕方

共行が発した炎を見て神主は「なんだその炎は・・・!?本当に・・・ホムラ様の御加護なのか・・・?」と驚いている一方で、共行は「風斗直伝の気化熱マジック!いくら熱くないとはいえ流石にちょっとびびっちまった」と息を切らしていた。

少し前、風斗は「カルトの信者ってのは目の前で起こされた奇跡に弱いんだ」「空中に浮かんだり病気を治したりな」と説明し、共行も「ああ〜動画で見たことあるわ。信者でもなければ流石に信じられないよな」と話した事を思い出していた。

演技派

そして風斗もその光景を見ながら「リアリティのある奇跡体験を目の当たりにすると信じちまうもんなのさ」と話したことを思い出していた。続けて共行は「ホムラ様は少しだけですが俺にこの力を分けてくださりました」「俺はこの村に来たある日、ホムラ様の御言葉をいただいたのです」「火那子から分霊が抜けたのも当然です」「ホムラ様が自ら分霊を引き上げたのですから」と演技を続ける。

神主は焦った様子で「そんなっ・・・!そんな馬鹿な!」と声を荒げ、共行はそれを見て「神主、お前の発言の中にも正しい部分もあると思う」「だが俺は・・・文明の力その全てを否定して人を殺したりはしない」「かつて人間は火を手に入れた」「でもそれは誰かと争うためじゃない」「きっと・・・誰かを殺すためでもない」「大切な人を守るためだ」と火那子の笑顔が頭に浮かんできた。

なおも神主は「ホムラ様の御声を聞いたなど・・・私でさえ聞いたことがないのに・・・」とぶつぶつとつぶやき続け、共行は「騙しきれないか?それでもこの嘘を貫くしかない・・・俺には嘘しかないんだ・・・!」と感じ、「時代は変わりました、かつての貧しい時代は過ぎ去ったのです」「口減らしの為に生贄を出す必要はない、例大祭での生贄はもはや不要なのだと」「慈悲深いホムラ様は私に対してそうおっしゃったのです」と続けた。

神主の後悔

神主は「嘘を付くな・・・ホムラ様の御声を聞いたなどと・・・」とよろよろと共行に近づき、「嘘をつくな!!」と切りかかり、「そうか・・・そういうことでしたか」「かつて神服信太も共行さんと同じことを言いました」「自分はホムラ様の御声を聞いたと」「ホムラ様はもはや生贄を望んではいないと」「私は信じませんでした」「神主である私に聞こえないホムラ様の御声があの男に聞こえるはずがないのだと・・・」「しかし私が間違っていたのですね」「なんて愚かなことを・・・私はなんてことをしてしまったのだ!!」と叫んだ。

さらに神主は「・・・この期におよんでは是非もない」「私が過ちをホムラ様に裁いてもらわねば」「共行さん、ホムラ様の声を聞いたというあなたの言葉を信じ、村の行く末をあなたに託します」「私はあなたが村を代えていく様子をホムラ様と共に見守りたいと思います」「それでは共行さん、良き人生をお過ごしください」「ホムラ様の御加護があらんことを祈ります」と言うと神社の方を振り返った。

そして神主は「ふふふ・・・ホムラ様・・・もうすぐです!ホムラ様!!」と自分の胸に杭を突き刺し、「今あなたの僕が参りますぞ!!」と叫んだ。

焔の大文字焼き

その頃麓の村にて、村人が山の中腹に浮かんだ”焔”の山焼きを見て「おお!山に文字が浮かんだぞ!」「あぁ・・・ありがたや・・・!」「ホムラ様の文字だわ!」と祭の開始を喜んでいたが、一方で車田と信造は「儀式が完了した合図・・・!共行、風斗、まさか失敗したのか・・・!?」と不安を感じていた。

しかし村人の一人が「おい!待て!なんだあれは!」と遠くを指差すと、山の中から神人に先導され共行と火那子が山を降りてくる姿が見えた。村人は「共行さんと火那子ちゃんじゃない!どうして戻ってきたの・・・?」「一体何が起こっているんだ!?」「ホムラ様への生贄は!?」と問い詰めた。

そして事情を知らない権兵衛が「おい神服!これは一体どういうことだ?」と尋ねるが、信造は「俺にもわからん・・・」ととぼけたが、内心では「共行、風斗・・・やり遂げたか・・・!!」と感じていた。

カルトの王

しかしなおも村人たちは「と・・・共行さん、何故戻ってきたんだ?」「あんたは神聖な例大祭の生贄の・・・」と詰め寄るのを遮って共行は「傾聴せよ!」「神聖なる焔山の裁断にて、ホムラ様の御言葉を授かった」「ホムラ様は今宵より生贄を望まなくなった!」「そのため我々は下山を許された!神人が従っているのがその証拠である!」と叫んだ。

それを聞いた村人たちは「ほ・・・本当なのか?」「神人たちは共行さんに従っているわ、神主様以外の命令は聞かないはずよ」「つまり本当に神主様のお墨付きがあるってことだ」と状況から事実であると判断し、車田と信造を含めて村人が皆共行に向けて頭を垂れた。

共行は「我らが祈りの姿、焔之迦具土神も御照覧あれ!!」と神々しく手を広げ、その姿を山中から見ていた風斗は「共行・・・お前は昔からそうだった」「嘘をつき始めるとまるで自分の嘘に憑かれたように他人を巻き込んでいく」「嘘だと知っている俺でさえ信じてしまうほどの『嘘憑き』になる」「共行、今のおまえはまるで・・・カルトの王」と親友の姿を見てそう感じていた。

23話 ⇔ 24話

▼火祭り村最新話公開▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

『火祭り村』はコミックシーモアで先行配信されている作品なので、最新話はコミックシーモアでしか読めません。最新話はコミックシーモアで御覧ください!

初回は50%割引で読めますし、スマホから簡単登録でしかもキャリア決済もできるのでササッと読んでみてください!

『火祭り村』最新話を読む!

火那子の神ボディもネタバレ記事では書けないので、ぜひマンガで、絵で見てほしいです(笑)

『火祭り村』最新話を読む!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。