「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【カラダ探しネタバレ3話】遥の中にいる人物がキモい!明日香を見つめる人物

カラダ探しネタバレ3話です!3話では、カラダ探し1日目を終えて、赤い人に皆殺しにされてしまった昨日の反省を生かし、2日目では赤い人への対策を講じて出来る限りの準備をして”明日”のカラダ探しに備えていく・・・!早速3話のネタバレを見ていきましょう!

カラダ探しネタバレ3話

一人でカラダ探し

遥にまた頼まれてしまった明日香は「今日は私ひとりで「カラダ探し」・・・」「どうしよう・・・もうかえって眠りたい・・・」「それで、朝になってほしい」と現実逃避を始めていたが、背後から留美子に抱きつかれ「どうしよう・・・また私、頼まれちゃったよ・・・」と涙ながらに訴えられた。

明日香は「え・・・?留美子も?」と不思議に感じ、さらに教室に戻り、皆と合流すると留美子は「全員頼まれた・・・!?」「ありえないってあの短い時間に全員にって・・・遥がそんなに足が速いわけないじゃん」とやや早口で告げた。

翔太は「校舎の中バラバラに逃げたんだ・・・つまり6箇所同時に遥が現れたってことだろ」と結論づけるが留美子は「何なのそれ翔太」と信じられず、翔太も「知らねーよ!逃げてもムダってことだろ!!」と混乱していた。

遥の中

それを見て明日香は「こんな話をしているうちに授業が始まったけど、とてもじゃないけど内容は頭に入ってこない」「元々昨日と同じ授業だし「カラダ探し」のことばかり考えていた」「紙に書いたメモで「カラダ探し」について連絡を取る」「と言っても不安や思ってることが書かれてるだけ」「そのやり取りの間ずっと感じる視線・・・」と前の席に座る遥を見ないようにしていた。

しかし好奇心に負けて遥を見てしまったが、遥は振り向いてこそいなかったが、髪の間から手が現れ、たしかに何者かが明日香を覗いていた。明日香はわけも分からず「遥じゃない!?何ーーー!?」と焦り、その日のホームルームも一同の混乱は続き、理恵は「明日香、また・・・あの気持ち悪いメール来るのかな・・・どうしよう」と不安をぶつけてきた。

翔太は「だったら電源切っておけばいいんじゃないか?」と提案するが、明日香は「そんなんじゃ多分無理・・・」「きっとメールを開くまであのメールが送られ続ける・・・」と不安を感じていた。翔太は「それより「カラダ探し」を少しまとめてみよう」とルールを確認していく。

初動

翔太は「「カラダ探し」の最中もしもまた「赤い人」に出会ったら”振り返らずに”逃げなければならない」「そして”死んでも死ねない”これはまた死んでしまったら、あの痛みと苦痛を味わい”9日”に戻ることになる」「・・・なんてここで話してても仕方無い」「スタート地点の生徒玄関で最初の動きを決めておこう」と生徒玄関に移動した。

翔太は続けて「「カラダ探し」が始まったら男子と女子で分かれよう」「俺たちは玄関を入って左の東棟」「留美子達は右の西棟へ、どこにあるかわからないけど」「校舎は3階建て、ひとりが1フロアを調べればすぐ終わるさ」と話すが、留美子は「ちょっと翔太、大事なこと忘れてない?」「「赤い人」が出たらどうするのよ・・・それでも探せって言わないよね!?」と焦って尋ねた。

翔太は「昨日の夜は校内放送で「赤い人」の出現場所を知らせてくれた」「現れる場所がわかったらとにかくそこから離れるんだ、いいな?」と確認し、明日香は「そういえば・・・」と昨日のアナウンスを思い出し、「翔太・・・こんな状況なのによくそこまで考えられるな・・・」と感心していた。

そして高広は「話し終わったか?」「さっさと終わらせて明日が来ればそれで良しなんだろ?」「分かったらとっとと帰ろうぜ」と強引に校門に向かったが、明日香はなんとなく嫌な予感を感じて振り返ると、2階から明日香と見下ろしている遥と目があってしまい「何なの?何なのよーーー!!」と感じていた。

自暴自棄

その日の夜、ベッドに横になった明日香は「理恵からはメールは無い」「昨日学校に行かされたのが0時ちょうど」「何もしてないと時間が経つのが遅く感じる」「何で・・・」とつぶやき、遥の顔、そして赤い人のことを思い出し「何で私なのよお!!」と叫び「どうせ「赤い人」に殺されたらまた同じ日が繰り返されるんでしょ!!」「こんな物・・・」と言うとハサミを手に取った。

明日香は枕や布団にハサミで殴りつけ、「他の人でもよかったでしょ!!」「何で・・・何でぇ・・・!!」とひとしきり殴りつけた後、部屋中には綿だけが広がっていた。そして明日香は「はは・・・今日はメール来なかったじゃん・・・」とつぶやき、12時になった。

そして明日香が目を開けると、やはり制服を着て学校の前に座り込んでいた。明日香は「こうして再び学校へ・・・二度目の「カラダ探し」が始まる」と、同じく連れてこられていた仲間達とともに絶望に暮れていた。

2話 ⇔ 4話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です