「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【カラダ探しネタバレ4話】カラダ探し2日目にして「赤い人」の歌声を聞く!

カラダ探しネタバレ4話です!4話では、否応なく2日目を始めることになり、明日香は教室の外から翔太と理恵の断末魔を聞き、恐怖でその場に座り込んでしまう。しかし直後教室の外から赤い人の唄う声が響き、明日香は身近に赤い人を感じることになる・・・!早速4話のネタバレを見ていきましょう!

カラダ探しネタバレ4話

2日目

明日香は時計を見て「もうすぐ0時・・・そしたらまた昨日みたいに「カラダ探し」のために学校に行かされるの?」「行きたくない」「そんな私の思いなど届くはずもなく、0時と同時に再び学校へ」「二度目の「カラダ探し」が始まった・・・」と下駄箱の前で感じていた。

明日香は「やっぱり来させられた・・・」と絶望していると、横から「ってえなコラア!!」と高広の声が聞こえ「テメエが蹴りやがったのか翔太あ!!」と翔太の胸ぐらを掴み、翔太も「こんな状況で馬鹿みたいに寝てるからだろ!!」と言い返していた。

それを見て明日香は「ちょっと・・・二人共!!今は皆で協力する時でしょ!?やめなさいよ!!」とたしなめると、高広は胸ぐらから手を離し、「明日香が言うなら止めてやる・・・」とつぶやき、勝手に扉が開いた。

女子は西棟

翔太は「扉が開いた・・・!!皆走るぞ!!」「「赤い人」に見つかる前に、急いで「カラダ」を探すんだ!!」と先陣を切って校舎内に走り、明日香は「私達は右の西棟だよ!」と留美子と理恵の前に立ち、「留美子も理恵もさっき泣いてた・・・」「きっと私と同じだったんだ・・・」と皆の不安を感じていた。

そして西棟に到着し、明日香は「あっ・・・!ねぇ誰が何階を調べる!?」と肝心なことを確認し、理恵は「わ・・・私は2階がいい・・・」と答え、留美子は「あーもう!何で昼のうちに決めておかなかったの!?じゃ私は1階でいいや」と段取りの悪さにイライラしていた。

明日香は「3階・・・「赤い人」が現れたら・・・」「1階はホールへ、2階は別棟への渡り廊下があるけど、3階は下の階に逃げられなきゃ教室に隠れるしかない・・・」「なんてこと考えても時間が勿体ない!!」と感じ、階段を登りながら「私は3階だね!留美子頑張ってよ!」と声をかけて別れた。

赤い人が現れました

そして理恵とともに階段を登ると構内アナウンスが響き、「「赤い人」が東棟二階に現れました」「皆さん気をつけてください」と告げた。

理恵は「2階って・・・まさかこっちに来ないよね・・・」と焦り、明日香は「確かに東棟には男子がいるけど、2階には”東棟”とをつなぐ廊下が2つある・・・けど」と赤い人の移動ルートに不安を感じたものの「わからないよ、けど「カラダ」を探さなきゃ!!」「私は3階だから頑張ってよ理恵!」と言って一人で階段を登っていった。

西棟3階に到着した明日香は「北側は1部屋・・・だけどもし「赤い人」が来たら逃げ道がない」「だったら真ん中の3部屋から?」「どうしよう・・・考えがまとまらない」と焦っていると、「う・・・うわあああああ」と断末魔がこだました。

翔太の声

さらに男の声で「く・・・来るなああああっ!!」と叫ぶ声を聞いて、明日香は「し・・・翔太!?嘘でしょ近付いてくる!?」「何でこっちに来るのよ!!」と焦りって近くの教室に隠れ、外の音を聞いて「階段を駆け上ってきてる・・・」「来ないで・・・こっち来ないで!!」と座り込んで震えていた。

少し経ち、明日香は「南側へ向かった・・・だとすると翔太は2階へ下りるつもり・・・」「もし2階で探している理恵と鉢合わせたら二人共殺されてしまうかも」と嫌な考えが頭をめぐり、「けど、私が行っても助ける事なんか出来ない」「だったら一つでも「カラダ」を探さなきゃ・・・」と現実的な思考を取った。

そして今いる教室の探索を始め、「無い・・・って、ポンと置いてあったら「探して」なんて言わないよね」と机の中を見てつぶやき、「だとするとゴミ箱や掃除用具のロッカー・・・」と掃除用具入れに手をかけると、外から「いやあああやめて!離れて!!やだ・・・」と理恵の叫び声が聞こえた。

理恵の断末魔

明日香は「近い!!」と感じたものの、理恵の断末魔を聞いて「・・・何で!?「赤い人」は翔太を追いかけてたんじゃないの!?」「翔太は・・・?死んだの??」「それともまさか・・・理恵に「赤い人」を押し付けて」と嫌な予想が浮かんだ。

その時教室の外から「あ〜かいふ〜くをくださいな〜」「し〜ろいふ〜くもあかくする〜」「まっかまっかにそめあげて〜お顔もお手てもまっかっか〜」という赤い人の歌声が聞こえてきた。ペタ・・・ペタ・・・という足音を聞いて、明日香は「教室前の廊下にいる・・・お願い通り過ぎて・・・!!」と恐怖で再度座り込み、「足音が止まった・・・教室に入ってくる!?」と赤い人の存在を感じていた。

3話 ⇔ 5話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です