「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【カラダ探しネタバレ6話】明日香が赤い人にロックオンされてしまう

古川

どうもこんにちはフルカワです!

今回はカラダ探しネタバレ6話です!6話では、翔太と別れた明日香のもとに赤い人が現れ、明日香は身を隠すが予測できない赤い人の動きに翻弄されてしまう。意を決して脱出を試みるが、赤い人が立ちはだかる!

早速6話のネタバレを見ていきましょう!

カラダ探しネタバレ6話

あかがつまったそのせなか

高広は校長室を探し「チッ・・・無ぇな」「「カラダ」探せってどうやって隠してあんだよ」「ってか全部集めたらホントに終わんだろうな」「ま・・・全部探しゃ分かることか」とつぶやき「ん?」と引き出しの中に腕を見つけた。高広は「これ・・・そうだよな」「で?見つけたらどうすりゃいいんだ?」と感じていた。

その頃明日香は、廊下から「まっかまっかにそめあげて〜お顔もお手てもまっかまっか〜」という声を聞き、「何で・・・!?」「隠れる所なんか・・・机くらいしか無いー!!」「翔太の悲鳴の後すぐに私と同じ方にーーー!?」「嫌、お願い入ってこないで!!」と念じたが、教室のドアが開いた。

赤い人の声が「あかがつまったそのせなか〜」という声がより鮮明に響き、明日香は「見つかった・・・の!?」「怖くて体が動いてくれない」「動いたとたん首を切り落とされそう」と感じながらも「逃げなきゃ」という気持ちが溢れていた。

補足された

しかし赤い人は机の上に飛び乗り「わたしはつかんであかをだす〜」と唄うと、他の机の上に移動してキャハハハと笑い出した。明日香は「遊んでるだけ!?違う!!」「近付いてきてる!!」と感じ、ついに赤い人は明日香の隠れている机の横の机にまで移動してきた。

明日香は「隣の席・・・やっぱり見つかってる!!」「もうダメ・・・」と感じたが、赤い人は明日香がいる方・・・ではなく、前の席に移動し「逃げるなら・・・今しかない・・・!!」と決意し匍匐前進のように移動を開始し「遊んでいるだけならまだ私に気付いていないはず」「教室から出られさえすれば」と感じていたが、すぐそばでガタンという音がした。

明日香は「え?」「前の方の机に行ったはず・・・」と感じて頭上を見ると、赤い人が明日香を見下ろして「まっかなふくになりたいな〜」と唄いながら満面の笑みを浮かべていた。明日香は「気付いていたー!!」「ダメ・・・動かないと」「殺されるーーー」と感じた瞬間、赤い人は明日香めがけて飛び降りたがあんとか明日香は躱すことが出来た。

遊んでただけ

そして教室から飛び出した明日香は「恐くて・・・身体に力が入らない」「遊んでたんだ・・・私がいると気付いた上で・・・まるで子供が昆虫の羽根ををちぎるように」「私が恐怖するよう遊んでいた」「「_赤い人」は見た目通りの子供」「ただこの少女にとっての昆虫が・・・人間」と赤い人の行動原理を把握し、「来ないでえぇ!!」と叫びながら走り出した。

明日香は「このままじゃいずれ追いつかれる・・・」と感じて走っていると、曲がり角で転んでしまったが、そこには健司の頭部が転がっており、その血で転んでしまったようだ。そして思わず後ろを振り返ってしまい、明日香は「「赤い人」を見たら振り返っては・・・」と思った瞬間・・・

赤い人は「ねえ、赤いのちょうだい」と笑顔で言った。

明日香は「最後に聞いた声は、それだった」「こうして私は人生で二度目の死を味わった・・・」と振り返った。

5話 ⇔ 7話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です