「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【火祭り村ネタバレ16話】共行と火那子が例大祭の生贄に選ばれる!

火祭り村ネタバレ16話です!16話では、風斗は共行と再会を果たすが明らかに様子のおかしい共行を見て絶望にくれる。しかし話を聞き真相を知ることで胸をなでおろし、再度共行奪還の策を練る!早速16話のネタバレを見ていきましょう!

火祭り村ネタバレ16話

ようこそ火祭村へ

神輿で運ばれてきた共行と火那子に走っていく風斗は「共行!!」と叫び、その声で目を覚ました共行は立ち上がり、手を伸ばし「半藤風斗さん」「ようこそ火祭村へ」「あなたをお待ちしておりました」と異様な雰囲気で語りかけ、風斗は違和感を覚えたが信造は火那子に走り寄った。

そして信造の部屋に戻った風斗は「どうする・・・共行は完全に洗脳されたのか?」「そうなったら俺は・・・」と感じていると、共行が部屋に入ってきて「風斗」と声をかけた。そのアホ面を見て風斗は「共行・・・お前・・・てっきり洗脳されたのかと・・・!!」と安堵し、共行は「いやほら村人とか神人の芽があったし」「咄嗟の演技演技」とおちゃらけていた。

風斗は「馬鹿野郎・・・無駄に演技上手いんだよ・・・」と焦っていたが、共行は本題に入り「風斗・・・俺神主と会った」と少し前のことを話した。

神主との出会い

神主に共行に杭を差し込むように言われた後、神主は「火那子」とつぶやき、横にいる神人に杭を突き刺した。火那子が放心している中、神主は「共行さん、あなたには是非とも聞いていただきたい話があります」「あなたを特別な祭壇にご招待します」と言うと薬品で気絶させた。

共行が意識をとりもどすと、神主は「お目覚めですね」「共行さん、あなたにお話したいことはこの世界の行く末についでです」と奇妙な部屋で語り始めた。

共行があっけにとられ「世界の・・・行く末・・・?」と呆然と聞き返すと、神主は「ホムラ様に火を与えられた人類はその力で文明を発展させ生活を豊かにしました」「しかし火という強すぎる力は人類を滅亡し得るものに発展しました」「このままでは人類が滅びの一途をたどる」「しかし!愚かな人間に残された希望!」「ホムラ様信仰!」「我々はこの村で現代文明の利器を捨て去りました」「ホムラ様にいただいた火の力を悪用することなく慎ましく生きるのです」と語る。

さらに神主は「ホムラ様信仰を全世界に広めれば争いの道具は消え去る」「共行さんはこれがどういうことだかわかりますか?」「ホムラ様信仰の普及すなわち、人類救世計画です!」と目玉の入った瓶を持ち上げた。

人類救世計画

続けて神主は「救世計画はすでに動き出しています」「我々は数多くの信仰者を穢れの地に送り込みました」「彼らはホムラ様の教えを広げるために日夜奮闘しています」「まずはこの国に、次は全世界へとホムラ様の教えを広めていきます」「すべてはホムラ様の救世計画を実施して正解平和を成し得るためです」「そこで共行さん、あなたにはぜひホムラ様に捧げる最大の祭、例大祭の生贄になっていただきたいのです!」と言い切った。

興奮した神主は「共行さん!あなたはすばらしい!」「あなたほどの善人に私は出会ったことがない、だからこそお願いしたいのです」「あなたと火那子が生贄になればきっとホムラ様もお喜びになる」「そしてホムラ様に出会った暁にはぜひ伝えてください」「あなたのしもべは立派に務めを果たしております・・・と!」「これで話はおしまいです、では共行さん」「例大祭の日にまたお会いしましょう」「ホムラ様の加護があらんことを・・・」と言って再度気絶させた。

・・・という経緯を知った風斗は「例大祭・・・いつ行われるんだ?」と尋ねると、共行は神妙な面持ちで「一週間後だ」と答えた。そして風斗は「・・・かつて中世ヨーロッパで宗教が文明の発展を阻害したことがある」「異教徒の書物を焼き払い存在していた技術を消滅させた」「地動説が出てきたときも教会が支持する天動説にねじ伏せられた」「信仰力の高さからも実現可能性は決してゼロではない」「その証拠に神主はこの村の外で警察やヤクザを自由に動かす力を持っている」と告げた。

攻略の鍵

共行は「・・・大麻だ」「渋沢さんを探したとき広大な大麻畑を見た」と振り返り、風斗は「なるほど、恐らく他にも色々手を出しているだろうな」「単に外に逃げたところで無駄だろうな」「この村は内外共に完全に裏社会に守られている」と話し、「共行、なぜこの村に来たかわかるか?」「お前を助けるためだ」と笑った。

続けて風斗は「攻略のヒントは火那子にあると思う」「火那子は村の中でも最もホムラ様信仰が篤いだろう?重要な場にはいつも火那子がいる」「神主にとっても扱いやすいんだろう」「火那子の協力を得られれば例大祭の生贄を阻止できるかもしれない」「火那子を皮切りに少しずつ村人たちに信仰を放棄させればこの恐怖政治にも終止符を打てるはずだ」「・・・洗脳はそう簡単に解けるものじゃない、だが急がなければ俺たちは死ぬ」と具体的な作戦を話した。

共行は驚いて「お前・・・数日しかこの村にいないだろ・・・?この短期間にそこまで・・・」と情報量に唖然として「風斗が来てくれてよかった」「これでみんなを助けられる」と笑い、風斗は「お前変わったな」「前のお前は他人の為に動く人間じゃなかった」といじっていく。

共行は「喧嘩売ってんのかよ!」とプリプリ怒っていたが、風斗は「分かりやすくて嫌いじゃなかったけどな」「まあ悪くない変化だな、友人としては喜ばしい傾向だ」「俺たちの平和な世界に戻ろう」と手を差し出し、共行を手を差し出して握手を交わし「ああ」と風斗の目を見て言い切った。

15話 ⇔ 17話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です