「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

〈ひぐらしのなく頃に業〉北条鉄平の死体はどこへ消えたのかガチ考察

どうもこんにちは古川です!

今回はひぐらしのなく頃に業の祟殺し編で圭一に殺害された北条鉄平の死体がどこへ消えたのか考察していきます。

ジョリ男

あの時、確実に鉄平ちゃんは死亡したはずだよな?

なのになんで死体がなくなるんだ?

古川

「死んだ人間はもう生き返らない」

これは絶対ルールだからな。このルールが覆ることはないんだ。少なくとも同じ世界ではね。

というわけで今回は、北条鉄平の死体が消滅した理由について考察していきます。

祟り騙し編の北条鉄平

北条沙都子を虐待

 

〈ひぐらしのなく頃に業〉にて最も嫌われているクズ野郎である北条鉄平氏。

鉄平といえば北条沙都子のおじであり、父親の弟であるクズ野郎です。かつてのカケラ(祟殺し編)でも登場し、基本的に雛見沢にはいないのですが、突然雛見沢に戻ってくることがある。梨花ちゃまはこのカケラが最も嫌いであるように感じます。

そして沙都子に買い物に行かせ、料理を作らせた挙げ句まずいと言ってご飯を投げつけられたり、タバコを投げつけられたり、風呂場で10000まで数えさせたり、かぼちゃを食べきるまで椅子にロープでぐるぐる巻きにされたり。

梨花ちゃまによるとこの世界に来てしまうともうどうしようもないとのこと。とんでもないクソ野郎であり、部活メンバーのトリガーになりやすい人物です。

雛見沢から省かれる

もともと彼はごろつき出会ったと考えられますが、現在の彼ほどではなかったようです。

元凶となったのはやはり彼の兄。ダム戦争時にダム誘致派をまとめ上げ、園崎お魎にまでケンカを売ったことで翌日から村八分となりました。そして鉄平の兄が死亡した後にも北条家であるからという理由により村八分は継続。

おそらくそれは現在でも続いていることであり、結果的に鉄平は雛見沢から少し離れた興宮(?)に住んでいるのです。

間宮リナの死亡

そんな鉄平も一応結婚しており、奥さんがいるのですがご、存知のように悟志に撲殺されてしまいます。

その後は愛人であるリナとともに過ごすようになりヒモになり、リナの家でともに過ごすことになりますが、リナも夜の蝶をしながら金貸しをしている美人局。相応のヘイトを各地から集めており、結果的に園崎家の金を横領が発覚し殺害される。

その後は鉄平は金策を失ったこともあり、渋々雛見沢の沙都子の家に戻ってくるというわけです。おそらくは家を売りに出そうとしていたのではないでしょうか。だから沙都子は悟志と自分の場所を守るために家に残ったのではないかと考えています。

ジョリ男

そういう理由があったんだな~。

鉄平ほどの清々しいクズがいかにしてできたのかがわかってよかったよ。そもそもの村八分にしたのは雛見沢の人間だし、鉄平だけが悪いわけではなさそうだね。

古川

そうだね。鉄平はダム戦争に参加すらしていないのに突然省かれてさ、それはそれでかわいそうだと思うけどね~。

でもそんな鉄平ちゃんも、圭一に殺されてしまうんだよね。

北条鉄平の死体がなくなった理由

圭一が確実に殺害し埋めたはず

まず結論から言って、北条鉄平は前原圭一が確実に殺害しています。

悟志のバットで何度も何度も殴打したことにより、確実に死亡させています。そのため圭一が世界線移動をしているわけでもなく、掘り返したクマちゃん(警察)が嘘を言っているわけでもないのです。

綿流しの晩に鉄平を呼び出し、山中で殺害し、スクーターは鬼ヶ淵沼に投げ込み、死体は山の中に埋めた。これは事実なのです。

園崎家が関与

結局のところ、鉄平の死体を掘り起こした人物がいます。おそらくは園崎家の若い衆です。

綿流しのお祭りの前日に、圭一が魅音に電話をかけたのは覚えているでしょうか?

圭一「あのさ魅音。綿流しのお祭りの日にさ、沙都子を連れ出してほしいんだ。」

魅音「もちろん一緒に行くつもりだけど、圭ちゃんは行かないの?」

圭一「・・・!いや、あの、俺は・・・その日は用事があっていけないんだ!」

これと全く同じ電話を内容をかつて悟志が詩音に電話をかけたことがありました。そしてその日、悟志はおばを殺したのです。その時とシチュエーションがまったくもってかぶっているということで、魅音は圭一も誰かを殺す気なのかもしれないと察したことでしょう。

そして状況を鑑みて、圭一が殺害するのは鉄平であると予想。そのため園崎の若い衆に圭一の行動を見張らせていたところ、殺害を実行。さらに警察内部が圭一を疑っているという情報を入手したこともあり、死体を掘り起こして場所を変えたと思われます。

沙都子の発言は雛見沢症候群の症状

しかしその翌日、すべてを片付けたはずの圭一が沙都子にそれとなく鉄平のことを聞くと・・・

沙都子「昨日だって、お皿を投げられた!タバコを投げつけられた!あのおじが!あのおじが!」

要するに沙都子のおじである鉄平はこれまで通り、無事に帰宅したとの発言をしていました。そのため圭一は鉄平を殺害して埋めたはずなのに、翌日は帰宅した鉄平を沙都子は観測しているのです。

これも一般的には沙都子の見た幻覚であるとの見方が一般的です。

この時点で沙都子は雛見沢症候群L5を発症しているため、精神的なストレスがかかることでいつ発症してもおかしくない状況であったのです。そのため鉄平のいじめによりついに発症。だからいないはずの鉄平を入るように観測してしまったと考えられます。

一応この幻覚説の根拠として、圭一が鉄平を殺害して以降、沙都子は鉄平を見たと発言していますが、実際に鉄平は登場していないのです。そのため結局のところは既に鉄平は存在していないのだと思われます。

まとめ

ジョリ男

一応ここまでが北条鉄平の死体が消えた理由なのです。

鉄平ちゃんは確実に殺されているし、圭一により山の中に埋められているんだ。これは間違いないのです。

そして圭一を助けるために園崎家が手を貸した結果、おかしなことになったというのが祟殺し編だったというわけさ。

  • 圭一→確実に鉄平を殺害して山中に埋めた
  • 魅音→鉄平を殺害した圭一を助けるために死体の場所を変更
  • 沙都子→いないはずの鉄平の幻覚を見るようになる
  • 警察→圭一が埋めた死体が消えた・・・?

みんながみんな変な感じになってしまったのです。

古川

なるほどなるほど、それで祟り騙し編につながるというわけか。

色々と分からなかった部分がわかるようになったぞ。ありがとう古川くん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です