「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【ひぐらしのなく頃に業】詩音と魅音の胸のサイズが大きくなった件【比較画像あり】

どうもこんにちは古川です!

今回は〈ひぐらしのなく頃に業〉を見ていて気づいたのですが、詩音と魅音の胸が明らかに大きくなっていることに驚きました(笑)毎週楽しく拝見しておりますwww

しかしひぐらしの過去作とじっくりと比較検討しているわけではないので、私の脳内で美化されただけの可能性もあります。というわけで今回は、過去作ひぐらしと〈ひぐらしのなく頃に業〉の詩音と魅音について比較していきます!

園崎詩音と園崎魅音

「早く画像を見せろ!」という謎の勢力からの圧力をひしひしと感じますが、まあ少しお待ち下さい。

私も早く画像がみたいのですが、その画像をさらに楽しむためにまずは園崎詩音と魅音についてご説明します。と言っても私が言いたいのは一つだけ。彼女たちの年齢です。

詩音と魅音は一卵性双生児、要するに双子なので年齢は同じ。そして一説には魅音は圭一の一つ年上ということが囁かれています。そして圭一の年齢はまだ明らかになっていないのですが、鬼騙し編でついに公開されました! 

これは圭一の部屋にある机の上、大石から電話がかかってきた時のシーンです。参考書の中に『中2数学』『中2英語』と書かれたテキストがあります。というわけで圭一は中2、つまり14歳だと思われます。

そして圭一の年齢+1が魅音、詩音ということは、彼女たちは現在中315歳もしくは14歳であると考えられます。また魅音が受験を控えているという情報もあるので、間違いなく中3であると考えられます。

あんな素晴らしいBODYを持ちながら中3なんですよ・・・ということが言いたかったのです。まあそれだけなんですけどね。

というわけで、魅音と詩音のBODYを見比べることにしましょう!

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

園崎魅音

帯銃イエロー

ずっと気になっていましたが、魅音は拳銃を着用していますよね?なんで誰もツッコまないんですかね?特に大石。あなたは銃を携帯しているヤバい人をしょっぴくのが仕事でしょ。

でもそんなことはどうでもいいんです。ホルスターのおかげで服が肌にピッタリとくっついてラインが見やすくなるからです。ありがとうございます・・・

登校用制服

これだと残念がらそこまで胸の膨らみは見ることができません。

先程の帯銃イエローに比べて多く服を来ているからでしょうか。服の上からはなかなか目視することはできません。非常に悲しい事態だと、遺憾に感じております。

エンジェルモートの制服

マジでありがとうございますとしか言えなくなるようなシーンであります。このときの魅音は圭一にコスプレを見られた恥ずかしさから詩音を自称していますがあれは嘘。このときの詩音は魅音なのです。

ということはつまり、この胸のサイズは魅音のものと言うことです。制服のときには全然そんなこと思ってなかったのに、一気にファンを増やすことになった出来事でした。

園崎詩音

ミニスカタンクトップ

詩音の私服といえばこのスタイル。白のタンクトップに黒のミニスカという一昔前のスタイルですが、リボンが好きなワタクシは実は詩音さんが一番好きなキャラだったりします。何よりも巨乳が優しい微笑みが大好きなのです。

だからこそワタクシの好きな部分が強調されることの私服姿が大好きなのです。

聖ルチーアの制服

そして最も好きな格好は実はこっち。〈うみねこのなく頃に〉の縁寿が通っていたのと同じ聖ルチーア学園の制服。詩音さんが学園を脱走してきてくれたおかげで我々はあの素晴らしいお洋服を拝見することができているというわけです。

まず特筆すべきはスカートの短さ、そして絶妙な太もも。さらに向かって右側、左胸についた聖ルチーアのワンポイント。毎回詩音が登場するたびにあのマークに夢中になってしまいます。もちろん、マークを見ているだけですよ・・・w

エンジェルモートの制服

そしてエンジェルモートの制服も言うまでも無く大好きです。実際にあんなコスチュームで接客をしてくれるのはいわゆる”そういうお店”だけ。エンジェルモートの支配人が園崎家の人間ということで、じっさいには園崎組のフロント企業であることを考えると”そういう目論見”なのかもしれませんけどねw

とはいえ理由は何でもいいのです。あの素晴らしい格好を詩音も魅音も着てくれるなんてマジでありがとう。毎週木曜日に見せてくだされば古川はまた1週間ブログを書き続ける活力となるのです。本当にありがとうございますw

まとめ

いつもはガチな考察ばかりをしているので、今回は非常に書きやすい内容でした。たまにはこんな楽しいだけの記事があってもいいのでは、とブロガーとして思うわけです(笑)

何よりも気になるのはやはり年齢。令和の宝飾な時代であれば発育のいい子も多いですが、時代設定として昭和58年の1983年ですし、さすがにあの胸で中3の15歳というのは無理があるような気がするんですよね・・・

まあそれはそれで、とても良いんですけどね(笑)

とはいえ気になってしまったので調べてみたところ、詩音と魅音の年齢については諸説あるようで、中3ではなく高3であるという説もありました。高3ならまだあの胸もあり得るか・・・ゴクリ

ということで、詩音と魅音の年齢についてもガチ考察を行っていこうと思います。これは別記事で書いていきますので、また次回の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です