【タコピーの原罪ネタバレ5話】東も共犯になりタコピーがまりなとして生きていくことに

タコピーの原罪ネタバレ5話です!5話ではまりなを殺してしまった現場を東に目撃されたことで、東に手伝いを要求すると、偶然にもしずかの言い方が東的にクリーンヒットしてなんと了承されました。そして3人で隠蔽を進めていくことになりますが・・・。早速5話のネタバレを見ていきましょう!

タコピーの原罪ネタバレ5話

東くん

林の奥から戻る途中、しずかとタコピーの前に東は現れた。

「心配になってついてきちゃったんだけど・・・何!?その何!?」とタコピーを見て驚き、さらにその奥に横たわっていたまりなを見て、その場で起こった一部始終を理解してしまった。

しずかは「タコピーの魔法でまりなちゃんが死んだの」と客観的に支離滅裂な話をするので東は到底信じることが出来ず、さらにしずかは「あー・・・タコピーはハッピー星から来てて、ハッピーフルーツがおいしいんだよね」とタコピーと楽しそうに会話を続ける。

いやおかしいだろ

客観的意見

客観的に正常な思考を持つ東は二人の会話が全く理解できず、なんで殺したのかを問い詰め、さらにその場にまりなの死体を放置していくことに疑問をぶつけると、ふたりは「あ!」とその危険性に気づいた。

東は「魔法だろうがなんだろうが殺人は殺人だよ、久世さんは少年院に入ることになると思う」と告げ、そのまま自首を促しますが、しずかは東にどうすればいいのかを聞いていきます。東は頼られたことを嬉しく思い、他人に罪をなすりつける、また罪を隠すなどの方法を教えていきます。

具体的作戦

じゃあそれやろうかな

しずかは少年院に入りたくないからまりなを殺したことを隠蔽することを決意するが、東は冷静にそんなことができるわけない!と告げますが、しずかはあくまでも本気であり「タコピーの魔法もあるよ」と話しますが、東は姿勢を崩しません。

そしてしずかは「東くんが方法を考えてくれないかな」と提案しますが東は「ば・・・そんなことができるわけが」と言いかけたところで、誰かの「ねぇ、なんでできないの?」という言葉が頭に浮かびます。

共犯者

なおもしずかは「私たちだけじゃきっとすぐに捕まっちゃう、だから東くんに助けてほしいの。私友達もいないしママにも頼れない・・・他には誰もいないの。東くん、お願い」「東くんしかいないの。助けて」と真っ直ぐな目で言い切りました。

しずかのその目と言葉は東の欲しがっていたそのものであり、不足していた自己充実感が満たされたことでとてつもないエクスタシーを感じていました。

犯行

おいタコ、これは?

とタコピーのハッピー道具について尋ねると、タコピーはそれが思い出ボックスであり、「中に入れたものをそのままの状態で保存できる・・・きれいな葉っぱとか!」と答えますが、東は話を聞かずに勝手にいじり、その中にまりなの体を入れた状態でその場に埋めることを提案しました。

同時に凶器であるハッピーカメラはタコピーが体内に隠し持つことにして、さらにへんしんパレットでまりなに変身したタコピーが”まりな”として生活をしていくことで平穏を保つことが出来るという作戦を立てました。

不安

まりなの姿になったタコピーは・・・

これっていいんだッピよね?

なんていうか、ぼくがこれからまりなちゃんとしてやっていくのとか、まりなちゃん隠すのとか、そういうのって、本当にっ・・・

と言いかけると、しずかは冷静に「その話し方、ばれちゃう」と言って笑った。

雲母坂家

タコピーがまりなの家に帰宅すると、いつも通り両親がケンカしていました。

母がカーテンにつけるタッセルを自作したことについて「人の金でわけわかんねーもん作りやがって!この寄生虫が!」と叫ぶと、母は「ふ、風俗通いのあなたはどうなんです」と言い返し、逆上した父はタッセルを脇に投げつけると、ちょうど帰宅したタコピーにぶつかった。

4話 ⇔ 6話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。