【裏切りは果てるまでお前を責めるネタバレ4話】マリナと出会い安珠の本心を聞く

フルカワ

どうもこんにちはフルカワです!今回は裏切りは果てるまでお前を責めるのネタバレ4話です!4話では、ショッピングセンターでマリナという女性から名刺をもらい、その帰り道でいつもは気さくな安珠が男をススキ野原に連れていき、本心を吐露することになる・・・!

裏切りは果てるまでお前を責めるネタバレ4話

マリナ

ショッピングセンターで一人の女性が男は「・・・コウ?」と知っている風だったが、即座に八塩が「どこにいってたんだい〜」と入ってきたので女性はどこかに行ってしまった。そしてトイレにやってきた男は八塩と安珠を外で待っていた。

同じくトイレ前に立っていた女性たちは男を見て「ほらよくない?」「えー結構いいじゃん彼女持ちかな?」とイケメンに見惚れていたが、先程の女性が「ねえ、やっぱりコウじゃない、連絡ないと思ったら、何してるの?」と声をかけてきた。そして男の耳元で「ニュース見たわよ、あっさり発見されるなんて失敗したの?」と囁いた。

男は驚いて「あんた俺のこと知ってるのか!?」「コウって俺のことか!?俺、記憶がないんだ!」と酒部が、女は「声落として、フーン、そういう設定ねわかった」「確かに今目立つのはよくないわね、アレが見つかったし」「私は”逆ナンしたただの女”だから」と言って、”マリナ”と書かれた夜の店の名刺を手渡して去っていった。

記憶

そこに安珠と八塩が戻ってきて、その隙に女はどこかに行ってしまった。男は先程の女性の話はせずに、そのまま八塩の車に乗り、車の中で安珠が「ユキちゃんにお惣菜の箱返さなきゃ!」と言い出し、安珠は男と二人で返しにいこうと提案したが八塩は男が疲れていることを懸念していたが、安珠が強引に連れていきたがっていたので結局二人でユキの元に向かっていった。

安珠は男を連れてユキの団子商店に向かい、いつもとは違う道を通ってどんどん進んでいき、そこには小麦畑が一面に広がる場所に出た。そこで安珠は「私のお父さんがね、よくここに来て夕日を見てたんだって」「お兄ちゃんは記憶戻ったらここには帰ってこないの?」と尋ねると、男は「わからない、でも思い出すのが怖いんだ」「知りたいけど知らない方がいいのかもしれないって思うんだ」「本当の俺はあんちゃんや八塩さんのそばにいていい人間じゃない気がして・・・」と本当の自分が危険な人物であるかもしれないことを察していた。

安珠の本心

安珠は「お父さんと同じだ」と話し出して、自分の身の上を離しだした。

  • 父は安珠の側にいるのはよくないから出て行った
  • でもそれは嘘で、好きだったら会いたいって思うはず
  • 私はいらない子なのかな、邪魔だから置いてったのかな

と普段出さない感情を表に出した。それを聞いて男は「俺はあんちゃんがいてくれてよかったよ」と話し出し、「きっと「君がいらない」んじゃなくて「お父さんがそばにいてあげられなかった」だけだよ」と礼を言った。そして安珠は「じゃあここにいない方がいいなんて、もう言わないでね」「何も言わずにいなくならないでね」と不安そうに話していた。

髪切り

そしてユキの店に到着すると、ユキは笑って「今度ウチにきて髪型も変えてみな」と告げ、元々ユキは美容師であることを話し、安珠は男の手を取って自宅に帰っていくのをユキは微笑ましく見ていた。

一方でショッピングセンターで会った女性は誰かと電話して「うんアレは本物だよ・・・あいつ雰囲気も話し方も変えてさ、憎んでた男をほっぽって・・・仲良く買い物してたよ。コウのやつどういうつもりなの」と話していた。

その頃男はナイフを隠した場所を見て、掘り返した跡がないことを確認して安心しつつ、マリナの名刺を取り出して一縷の不安を感じていた。その時、安珠が呼びに来て「お兄ちゃーーーん!テレビ始まるよー!」と呼びに来たので、男も「すぐ行く!」と振り向いた。

裏切りは果てるまでお前を責める4話考察

吉永

4話ではついに男の名前が「コウ」である可能性が浮上し、女の名前が「マリナ」である可能性が高くなりました。しかもマリナはコウの犯した罪を知っている感じがあるので、コウ的にはかなり心配な存在であると思われます。

「ニュース見たわよ、あっさり発見されるなんて失敗したの?」

このセリフからもマリナが何を知っているのか気になりますね。

コウ的にはマリナが何を知っているのか、自分のことが分かるきっかけになる可能性がある重要人物になりますので、マリナの名刺から電話をかけたりするんでしょうか?

とにかく記憶喪失になったコウの記憶を失う前を知る唯一の人物であり、さらにコウの犯行というか、よろしくないことまで知っている風なので、今後気になる存在ですね!

3話 ⇔ 5話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。