【火祭り村ネタバレ28話】権太が火沼の策を実行し火那子との間に既成事実を作る

火祭り村ネタバレ28話です!28話では、乙名会で「火那子と結婚したい」旨の発言をして風斗に完全に言いくるめられた権太は、火沼の策通りに火那子を襲って既成事実を作ろうと火那子と共行の家を吸収するが、火沼の策には全く気づいていなかった・・・!早速28話のネタバレを見ていきましょう!

火祭り村ネタバレ28話

火那子を嫁にしたい

そう言い出した権太は自分の個人的な欲求からではなく、服部家には信造と火那子しか血筋が残っておらず、火那子が子供を産まなければこのまま服部家の血筋が絶えてしまうという理論であり、また権太には既に前妻との間に子を設けているため生殖能力もあると一方的に言い切った。

信造が共行の存在を言い張るが、権太は仮に共行が種無しだった場合を考えろという趣旨の話をすると風斗は激昂するが共行はそれをなだめ、乙名会の参加者の間にざわめきが広がった。

神主の決定

権太が家系図を調べており、そこでは火口家と服部家の婚姻は五代前には行われて以来であり、血が濃くなりすぎることもないと告げた。共行は神主により定められたものであると反論するが、権太は古文書の文献を引用し、そこに外界から連れてこられた男が村で殺人を犯したことがあり、神主はその男を断罪し、女は他の村人と結婚した事例を話した。

つまり・・・

神主の決定であっても事情により変更が可能

であるということを告げた。

風斗

そして権太は共行に対し、火那子ではなく火口家にいる未婚の胸の大きな娘がいるのでそれをあてがうから火那子を譲れと一方的な話を話しているうちに、共行の顔が引きつってきた。しかし口を開いたのは風斗だった。

バカかお前は?

風斗は医学的な診断もない状態で共行が種無しと決めつけていること、火那子を勝手に権太のものにするなど相手を侮辱していることを咎め、権太に向かって豚男と言い放った。その言葉を聞いた乙名会の参加者の中には笑いをこらえる者もおり、権太は俺に向かっていっているのか?とイライラしながら確認した。

風斗は他に誰がいるんだ?と答え、火口家と服部家の婚姻が無かった理由は、権力の集中を避けるためだろうと考えを述べた。御三家のうち二つの家で婚姻が結ばれた場合、自然とその子供に全ての権力が集中することになるからであろうと話し、前例がない理由を考えろと至極正論を告げた。

それを聞いた信造は風斗をなだめつつ、服部家の跡取り問題に懸念を持つ者がいることも認め、一旦保留としたい旨を話すと風斗は笑ってそれに同意した。

火沼哲也

一方で火沼は夜の村を歩き、女性と密会していた。女性は主人が乙名会でいないからいい機会だったのにと告げたことから火沼とは不倫の間柄のようであった。火沼は乙名会の様子を襖の向こうから聞いており、権太が一方的に言いくるめられている様を婉曲的に語った。

そして権太は自分を言いくるめた風斗、そして火那子を奪った共行に対して強い殺意を感じ、自宅に戻った権太はその場にいた火沼に「おお!哲也!」と声をかけ、火沼が権太を乙名会に推薦したことで礼を言い、火沼の力を借りたいと早速本題に入った。

火那子を娶るついでに共行と風斗を殺したい

と直球で告げ、策を尋ねると火沼はその願いを肯定したが、事故死に見せかけることは乙名会でのやり取りから不可能であることを告げ、火那子を強引に孕ませて既成事実を作るように促し、子供ができれば認めるしかなくなるという趣旨の策を告げた。

急襲

そしてトントン拍子に作戦は進み、その日の夜に決行される事となった。

その頃共行は自宅で火那子の代わりに料理を作ったが、じゃがいもの形が歪になっていることを感じて日頃の火那子の料理がいかに丁寧なのかを改めて思い知っていた。しかし火那子は二人で料理ができたことで幸せそうに笑い、その笑顔に共行は癒されていた。

しかしその円満な家庭の外には火沼率いる拘束部隊が待ち構えており、外界から女を連れてくることができなかった身分の低いもの達で構成されており、ここで手柄を立てたものには婚姻の権利が与えられることを告げた。

そしてこの作戦の目的を「火那子を逃さないこと」「共行を拘束すること」そして「権太が火那子への夜這いを完了するまでの時間をかせぐこと」であると告げ、配置につかせて作戦は始まった。その傍らで権太は火那子との合体を妄想しており、自分に素敵な笑顔を向ける火那子の顔を考えてニヤニヤが止まらなかった・・・

火祭り村考察28話

吉永

いやマジで権太童貞ですね(笑)

見た目的には35歳くらいなんですが、当て馬感はんぱないですね(笑)

火口家の坊っちゃんということで昔から可愛がられてきたのでしょう、だから権太は権力がある状態が普通だと感じてしまい、だからこそ他人のことを思いやることができない体になってしまったのでしょう。

既に火那子には共行がおり、それは神主により定められていることを知ってなおそれを覆そうとしてくるなんてなかなかにいかつい馬鹿野郎ですね〜(笑)

なんとしても火那子を権太の嫁にはしたくないんですが、権太も火沼の策により強行突破しようとしていますが、火沼は黒幕との間で「共行を殺す」ために「権太の命」を賭しているわけですよね。つまり火沼は権太のために何かをしているわけではなく、黒幕のためです。

権太のように他人のことを思いやれない人間は当然のように誰からも忠誠を誓われることもなく、部下により暗殺されるタイプですね。おそらく次回以降で殺されることになる気がしますが・・・もうしばらく権太のバカ殿ぶり火那子の素晴らしいボディを楽しみに待っていこうと思います!

27話 ⇔ 29話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。