【生残賭博ネタバレ21話】達夫をぼったくった店に哲也が突撃する!

吉永

今回は直接対決です!哲也がついに店に突撃します!

ジョリ男

達夫もここで罪悪感が消えることになるのかい?

吉永

それはこの後のネタバレを見ていこう!

というわけで今回は『生残賭博』21話です!

生残賭博ネタバレ21話

初客

レイナの紹介でブルーヒルマンションに訪れた客は理香の待つ部屋に通された。最初は怪しんでいたものの、理香の上物ぶりを見てテンション上がっていた。この客が第一号となり、そして哲也を始めとして取り巻き達も全員その客の反応を恐る恐る傍観していた。

しかしその場に達夫はおらず、誰も連絡を受けていなかったために不安になっていた。この日、達夫は客の送迎用の中古車を購入しに向かっていたはずだったが、なかなか帰ってこないことで持ち逃げしたんじゃないかと不安になる取り巻きもいたが、哲也は達夫を信じていた。

一方で寝室では理香と客のプレイが始まっており、客が理香の顔を舐めると理香は本格的に嫌な顔をしてそのまま服を脱がして早速挿入へと至った。そして2,3往復したところで客は理香のモノを名器であると革新してこれまでにない快感を感じていた。理香はめんどくささを感じて馬乗りになったところで自ら腰を振ってさっさと客を昇天させてしまった。

リベンジ

その後悲壮感を漂わせた達夫が戻ってきて、哲也の前で土下座してこれまでの経緯を話した。それを聞いた一同は静まり返り、哲也の言葉を待っていた。そこに賢司も入ってきて異様な静けさを感じていると、哲也は「達夫、立て」と声をかけ、全員に声をかけて金を取り返しに行くぞと号令をかけた。

そして店の前に到着し、達夫と二人で店の中に入ろうとする。残りの取り巻きはその場に残し、二人で店に入ると嬢がタバコを吸いながら哲也たちを迎えた。そして哲也は昨日の金を返せと高圧的に言いきり、女は嫌だと言ったら?と答え、哲也は袖をまくって明日以降は営業できないようにしてやると答えて責任者を呼ぶうように伝えた。

そして嬢は哲也の言葉遣いが癇に障って言い返すが、哲也は女を無視して責任者を呼ぶように再度指示を出した。

対面

一方その頃、店の責任者は女とホテルで行為に夢中だった。店の女は挿入されながらも笑っていると、責任者のスマホが鳴り、用件を見るとすぐさま店に向かった。中に入ると哲也が座っており、俺の金を奪ったのはお前かって聞いてんだよと威圧的に立ち向かった。

達夫を指差してアイツの顔覚えてんだろ?さっさと金を返せと言い切ると、責任者は警察を呼ぶと笑った。しかし哲也は警察は呼ばないつもりか?と尋ね、責任者は暴力をちらつかせるが、その隙に哲也は責任者の顔面に拳を叩き込み、責任者は抵抗することもできずにその場に倒れ込んだ。

そして出勤してきた嬢が血でまみれた哲也を見て、叫び声を上げた・・・

生残賭博考察21話

吉永

ついに哲也が動きましたね!

哲也は自分の王国と王国民を守るためならなんでもしますね〜。一度哲也の仲間になると哲也を裏切らない限りは何が何でも守ってくれますね。

それにしてもボッタクリ店の店長までフルボッコにするなんてさすがしすぎる・・・

かつてどこかの回で取り巻きが、「アイツは気が向いたら銀座のど真ん中でもヤり始める男だぜ」と言っていたことを思い出しました。自分の本能に忠実というか、したいと思ったことは必ずやり遂げるという行動力がヤバい系男子ですね!

・・・とはいえ、その行動をした後のことをもう少し考えたほうがいいですね。思考が短絡的というか、向こうもボッタクリだから通報はできるはずがないという論理的思考が会ったのかもしれませんが、その分微分は描かれていないので、もしかしたら本当に「子分の仇を討ちたかったから」という安直な考えの上かもしれません。

哲也がどこまで頭が回るのかはまだわかりませんが、今の所はまだまだおバカな感じですね〜そら理香にも子供だと言われるはずやわ・・・

20話 ⇔ 22話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。