【すばらしき新世界ネタバレ1話】田中一郎が監視カメラを仕掛けた犯人だと疑われる

吉永

今回から超大ヒットマンガ『すばらしき新世界』のネタバレを始めていくぞジョリ男!

ジョリ男

さすが吉永くんだ!

私もこの漫画はずっと気になっていたんだ!ずっと読みたかったので丁度いいところだったぞ!

吉永

まあお前に合わせたわけではないからな・・・

ツンデレみたいになったけどほんとたまたまだから勘違いすんなよ!

というわけで今回は『すばらしき新世界』1話です! 

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアで無料試し読みが可能です!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\すばらしき新世界無料版を読む/

すばらしき新世界ネタバレ1話

田中一郎

田中一郎は冴えない三流大学出身の無資格で見た目も冴えないが、政府の就業支援プログラムを受け日本の最大大手企業宇宙グループ本社に入社した。

政府の横暴とかそんな声はどうでもいいが、一郎にとって入社一年後も社員達の冷ややかな目つきは問題だった。

真面目にやればいつか認めてもらえるのか?

白鳥美紅

一郎の前を白鳥美紅が通ると塗りかけていたリップを落とした。一郎は魅惑的な体つきの美紅に見惚れながらあっと思わず手を伸ばす。美紅は一郎の階下に住んでいて顔見知りだった。

当然こんないい女彼氏いるよな。

美紅と一郎は、挨拶を交わすと、一郎は今日は一段と綺麗だからデートでもあるのかと聞く。

美紅は今日は面接で、最近では自転車にハマって彼氏は相手してくれないと笑う。一郎は何て贅沢なやつと俺なら毎日美紅さんに乗るのにと想像して笑う気持ちの悪いおとこだ。

一郎が急いでエレベーターに乗り込むと、朝から高いコーヒーをたくさん買った社員と同乗する。

親への仕送りや教育ローンを考えたらそんな贅沢できない一郎は、1人虚しく自販機の前に立つ。

自動販売機に入れようとした小銭は手を滑り落ち、追いかける。

まさかこの小銭が人生を変えると一郎は知らなかった。

小銭

転がった小銭を足で踏みつけると、麻衣がここ女子トイレですけど?と一郎を睨みつける。

小銭を追って入ったと笑う一郎を追いやると、トイレで用を足しながら、彼氏に誕生日プレゼントをねだるLINEを送る。バックが欲しいという内容と共に、胸を出しアソコも丸出しの写メを送りつけると、写メに小型カメラが写り込んでいるのを見つける。

麻衣はまさかと手を伸ばすと、トイレに小型カメラが仕込まれていた。

犯人探し

社内はその話で大騒ぎになり、次長が麻衣から事情を聞くと、怖かったでしょうと愉し今日は帰るように促す。もしも心当たりがあれば教えてという言葉を添えると、麻衣ははっと一郎の顔を思い出す。麻衣が次長に事情を話す。

疲れたとあくびする太郎の元に次長の早紀がやってくる。

一郎は小銭を追いかけ入り口に足を踏み入れただけで自分ではないと必死に事実を伝えるが、早紀は全く信用しない。分かったとため息をつく早紀に、一郎は仕事に戻ると言うが、ここにいてもらうと早紀は引き止める。

一郎が何故かと尋ねると、早紀は一郎がこの時点て最有力容疑者なのだからと言い放つ。

否定

一郎は必死に犯人は自分ではないと訴えるが、早紀はセキュリティチームが証拠を探しているため少し待つよう命令する。 一郎はなすすべもなく頭を抱える。 その頃社内では盗撮の犯人が一郎らしいと既に広まりだすと、社員たちは一郎ならあり得ると笑っている。

セキュリティチームの社員か早紀の元にやってきて耳打ちすると、早紀は一郎に小銭を拾っただけで犯人ではなかったので仕事に戻るようにと言うが、一郎は納得できず他に言うことはないのかと聞く。

早紀がないわ〜と言い切ると、一郎はわかりましたと退室しようとする。 その時早紀はこれからは誤解のないようにと釘を指す。 誤解されたうえに謝罪もない、それでも濡れ衣は晴れたのだから。 しかし次長室からでた一郎は社員達のより一層冷たい視線を感じる。何かがおかしいと本能的に感じた。

軽蔑の目

今までも冷たかった社員たちだが、今では全員が一郎のことを確実に軽蔑しているのが伝わった。 一週間が過ぎたところで一向にそれに変化は見られない。 麻衣が備品室に入り、桐生にふざけていないで出てこいとLINEする。

桐生が後ろから麻衣の短いスカートの上から尻を掴むと、やめようと言う麻衣の言葉は無視で、既に麻衣に欲情を押さえきれない。 麻衣のストッキングを素早く下ろし、 一郎にイラつきが止まらないと言う麻衣に、桐生は俺がスッキリさせてやると自信満々にアソコを出す。

麻衣

壁に手をついた麻衣が尻を突き出すと、桐生のアソコをシゴキながらこんなもので?と挑発する。 挿れないでよという麻衣に、寸止めがたまらない桐生は渋々クラッチ買ってやるからさと約束する。 アソコを擦り付けられると麻衣の興奮も増していく。

どうせ他の子に欲情してるくせにとつれない麻衣に、桐生が麻衣よりセクシーな女はいないと腰を掴むと激しく挿入する。 麻衣がキスをねだるとねっとりキスする2人。

尚も麻衣は次長とか綺麗でやりたい女はたくさんいるでしょ?隠してるとやめると言うと、桐生はあぁやりたいと正直に言う。 麻衣はシラけた顔になり今すぐ抜けと桐生を睨んでいく・・・

クズ

桐生がもうすぐいきそうなのにと抜くのを渋るが、麻衣は抜けのこのクズと言うと、ストッキングを上げながら次長で誘いに行けと怒りのボルテージをさらにあげる。 言い訳する桐生に先に戻るように言うと、桐生は途中でやめるなんてと反論する。 麻衣はあんたの出方次第でまたやらせてやるわと上から言うと、桐生は舌打ちして出て行く。

自分が答えを間違えたくせにと麻衣がメイクを直すと、そこに次長と部長が現れ、麻衣は隠れてその様子を見つめる。 一郎がもうこれで何日目かと思いながらとぼとぼ歩き、もう限界だ、辞めてしまおうかと考える。

美紅

するとテラス席で一人飲んでいる美紅が男に絡まれているのを見つける。 男は嫌がっている美紅に強引に付き合ってくれなんて言ってねーから友達としていっぱい付き合ってくれと引き下がらず、美紅は彼氏がいるからと口論しそうになっていた。

何回も嫌だと言って帰ってくださいという美紅の腕をついに男が掴むと、つっぱってるんじゃねえ何様のつもりだと男が言い出し、さらに一人で寂しそうだから一杯やろうって言ってやったのにそんなに悪いことかよとキレ出すと、美紅は涙目になっている。

動画

一郎は勇気を振り絞りやめましょうよと言いながら携帯でその様子を動画撮影しながら近寄る。 男が入ってくんじゃねーと一郎を威嚇すると、一郎は怯まずこれはセクハラになる、動画で全て撮りましたからと男に見せる。 男がお前変態なのかそんなもの撮ってと言うと、一郎は変態という言葉に反応し、警察に通報する前に早く立ち去るように言う。

男はテメェ面倒だから消えてやるけど、肖像権の侵害だから動画はちゃんと消せよと吐き捨てその場をさって行く。 美紅は見事に男を撃退した一郎に笑顔を向けると、よく思いつきましたねと言うと、一郎が会社で嫌なことがあって以来動画に残すようにしている、クセになったのかなと照れる。

ビール

一郎はそれではと美紅に言うが、美紅は一郎のスーツの袖を引っ張ると、私を置いで帰るんですか?ビールがたくさん残っているから一緒に飲もうと言うと、一郎はまさかの誘いに驚きを隠せずにいた・・・

すばらしき新世界考察第1話

ジョリ男

一郎はほんっとーに冴えない感じです!

どうやって終業プログラムを受けたらこんな大手に所属できるのかも疑問ですし、またどの部署でどんな仕事してるのかも気になるところです!

憶測ですが仕事もできないんじゃないかなぁとか笑

運悪く小銭を追いかけ拾っただけですが、あの状況だと一郎が疑われてしまうのも無理ないかもですね!

なんか変態っぽくて、気味悪いのぞきとか楽しみそうな変態顔なんですよねー笑

でもそれは単なる見た目の話なので、小型カメラを仕掛けたのは一郎じゃないんですけどね!

他に犯人がいるんですよ!

ジョリ男

2話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。