【すばらしき新世界ネタバレ最新話】最終回、結末まで全話無料でまとめていく

『すばらしきこの世界』のネタバレを全話、最終回、結末までまとめていきます!『すばらしき新世界』はとによる青年向け漫画であり、コミックシーモアで配信されている人気漫画です!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアで無料試し読みが可能です!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\すばらしき新世界無料版を読む/

作品名

ジャンル 青年向け漫画、恋愛、オフィスラブ
作者  
掲載誌 コミックシーモア
発売期間 調査中
巻数  

概要

冴えないサラリーマン田中一郎は、ワイシャツの襟が黄ばんでいたり、ボサボサの髪型、社交的と言うよりは内向的な性格に加え、高学歴ではないのにコネ入社で一流企業に務めていることでなんとなく周りの社員からは距離を置かれていた。

そんなある日、昼休みに一郎が車内を歩いていると500円玉を落としてしまい、500円玉の後を辿っていくとなんと女子トイレに入ってしまった。周りを見渡して誰もいないことを確認した一郎は中に入り、500円玉を拾い、トイレから出ようとしたところで同じ人事部の中村麻衣と遭遇してしまう。

明らかに怪訝そうな顔を浮かべるので一郎は500円玉の件を弁解してそそくさとその場から立ち去り、麻衣はそのまま個室に入って用を足し始めるが、コトを終えた後に個室に隠しカメラが仕掛けられていることに気付き、上司の氷室早紀に報告。

そして早紀に「犯人に心当たりはないの?」と言われ、麻衣は女子トイレから出てきた一郎の話をすると、すぐさま一郎は隠しカメラを仕掛けた犯人と疑われることになった。その疑いは麻衣と早紀だけではなく、フロア中に駆け巡り、犯人ではないにもかかわらずに一郎に対して非れもない噂が立つ。

しかし結局早紀が依頼したセキュリティサービスにより、一郎が犯人ではないことが明らかになるが早紀は「今後疑われるような行動は慎みなさい」と言うだけで謝りもせずに一郎を次長室から追い出した。麻衣も当然のように謝ることもせず、冤罪だったにも関わらずに一郎に対して悪いイメージが蔓延していた。

後日、一郎が出勤すると辞令が出ており、一郎に他部署への異動が命じられていた。明らかに早紀によるものだと判断して激昂した一郎は早紀の待つ次長室に向かい、話をすると車で話をしようと言われ、退勤後に早紀の車に乗り込んで話をすることになる。その場で一郎は早紀を押し倒してしまうが、早紀は何事もなかったかのように車を走らせていく。

失意の一郎は呆然と早紀の車を見ていると、なんと早紀の車は自転車を運転する男性をはねてしまった。その現場を撮影することができた一郎は早紀の弱みを握ったことで、今後自分を見下してきた全社員に復習するためにこの動画を使っていくことになる。

そして同じ人事部の中村麻衣、上野瞳、隣人の白鳥美紅、副社長、ライバル企業のエリートなど、多くの女性から体を求められることになり、毎日日替わりで女性をつまんでいくことになった・・・

すばらしき新世界のネタバレまとめ

1話

2話

3話

4話

5話

6話

7話

8話

9話

10話

11話

12話

13話

14話

15話

16話

17話

18話

19話

登場人物

田中一郎

『すばらしき新世界』の主人公であり、THE冴えない男代表である。

シャツは黄ばんでおり、さらに髪もボサボサであることから清潔感がなく、女性から求められる人物像とはかけ離れているように思われる。しかしある日女子トイレに転がってしまった500円玉を追いかけていったところを女子社員の中村麻衣に目撃されてしまったことで彼の人生は一変する。

たまたま麻衣が入った個室トイレに隠しカメラが仕掛けられていたことに気付き、直前に女子トイレから出てきた一郎が怪しいと氷室早紀に告げたことで「一郎が犯人らしい」という噂がフロア中に流れてしまい、さらに翌日一郎に異動の辞令が出たことで激昂。

早紀を押し倒し、さらに早紀が車で人身事故を起こしたシーンを撮影することに成功したことから、その後は早紀の体を自由に使える権利を得て、さらに弱みを握ったことを利用して中村麻衣への復讐を企てることになる。

ちなみに見た目はキモいが、内面は割とイケメンに感じられる。隣人の白鳥美紅がしつこいナンパに困っているところを助けて以降、年下の美紅には何かと世話を焼くようになる。また相手によって接し方を変えるような面があり、自分に好意を持っている美紅には優しい面を出すが、敵意を向けてくる麻衣や早紀に対しては徹底的に戦うような面を持つ。

その冴えない見た目の割に巨根であり、プレイボーイの桐生からもそのサイズを褒められるほどのサイジングであり、モノを使って多くの女性を魅了していくことになる。

白鳥美紅

一郎の隣人である若い美人。一郎が思わず美紅のケツに見惚れるほどのプロポーションを持ち、突然声をかけた一郎に対しても分け隔てなく接するほどのいわゆるいい子である。

現在彼氏はおらず、美紅によると「彼氏は自転車に夢中で・・・」とのことで趣味に負けてしまったことが明かされている。また美紅の家庭環境はやや複雑であり、母親が病気で入院していることで金が必要であり、そのため多くの仕事を転々としている。

その途上で夜の接客業に手を出すが、客の強引なお触りに対応できずに涙目になってしまったが、なんとかお金のために我慢しようとしたところで、たまたまそこに居合わせた一郎により助けられる。その後昼職に限定して仕事を探した結果、一郎と同じ会社に派遣事務員として入社が確定し、同じ会社で働くことになる。

入社のタイミング的に一郎に対する悪い噂は知らないようである。次第に一郎に対して好意を持つようになり、時々「飲みませんか?」とLINEを送るようになるが、その時には既に一郎には多くの女性から求愛のLINEが入るようになっており、なかなか一郎と遊ぶことができずにもやもやしている描写がある。

氷室早紀

一郎の勤務する人事部の次長であり、表情の少ない鉄仮面女・・・かと思いきや、かなり表情豊かな女性である。高校生の娘がいるが年齢不詳、夫の描写がないこと、そして娘が愛情に飢えている表現があるのでおそらくは離婚済み?

現在の次長の地位を得るために会長の前で裸になり、その肉付きを確認されたり、本部長にいいようにその体をまさぐられることに耐えてきた。嫌がっていたり恥ずかしがっているような描写はないが「男ってバカね・・・」と言わんばかりの表情を浮かべていることが多い。

そして他人に対して興味が薄く、何事も仕事の結果を優先するような面があり、それがきっかけで一郎に冤罪をかけ、翌日には異動の辞令を出すなど興味のない社員に対しては非常な判断を即決で下すことも多い。結果的には一郎に弱みを握られたことによって、自分を追い込んだ麻衣に対して復讐を始めることになる。

そして会長の前で裸になった時、その時に顔を真赤にして奥の部屋に逃げ込んでいたのが当時高校生だった現在の副社長である。これ以降早紀は副社長を現在の地位から引きずり下ろすために一郎や麻衣など脛に傷を持つ人罪を集めて策を弄する事になる。

中村麻衣

人事部に勤務する女性社員であり、桐生係長とは不倫をしており、頻繁に自分の卑猥な画像を送っている。

さらにいわゆる華々しい見た目をしており金に糸目を着けない性格をしており、桐生に高級時計をねだったり、さらにはパパ活に精を出していたこともある。さらには人事部であることを利用し、身内の医療費補助申請制度を悪用して自分の懐を肥やしていたこともあるなかなかにクソな一面もある。

またキラキラした見た目から、キラキラしていない相手を見下す傾向にあり、一郎は麻衣のおメガネに叶わずに下に見られることになってしまった。そんな中、先述の500円玉事件があり、即座に一郎を犯人と決めつける等なかなか人間性は腐っている。

その後一郎と共に性被害防止研修の担当を務めることになり、その途上で一郎のPCを盗み見た際に、早紀が人身事故を起こした動画を見てしまったことで一郎と早紀の二人の弱みを同時に握ることになる。麻衣はその動画のデータを自分のPCに移し、研修中にその動画が流れるように画策していた。

しかし事前に麻衣の犯行を把握していた早紀と一郎は、早紀の娘の家庭教師がハッキングができるということを利用して、麻衣のスマホをハッキングしてそこにあった動画を全て手中に収めたことで、研修中に麻衣が桐生と行為中の動画が流されてしまった。

これにより麻衣はその場で崩れ落ち、さらに動画を持っている一郎によりその場で犯されてしまうことになり、その後も度々体を要求されていくことになる。当初は清潔感のない一郎に嫌悪感を示していたものの、徐々に一郎との行為にハマっていくことになり、自分から一郎を求めることになる。

とはいえあくまで体の関係であり、決して恋愛感情ではない。麻衣は基本的には純真なお付き合いはしていないように感じられる。桐生ともあくまで体の関係であり、真面目な交際ではない。そんな麻衣なので一郎に無理やりされているのを見ても特に罪悪感を感じることは少ない気がしている。

桐生

中村麻衣とセフレ関係にある係長であり、割と美人にちょっかいをかける事が多いプレイボーイ。

割と毎日のように麻衣としていることもあり性欲は強めである。だからこそ桐生はトイレでたまたま横になった男性社員のモノに目を凝らすなど、他人の男性器にも興味を示す。その結果として桐生は一郎のモノがでかいという事実に気づいており、その話を麻衣にもしているが当然のように麻衣は顔をしかめていた。

またコンプライアンス意識はかなり低く、麻衣が会社の医療費補助制度を悪用して横領をしていることを知りつつも黙認。自分が麻衣に何かを買い与える手間が省けたと思っているあたりもなかなかのクズっぷりがにじみ出ている。

さらに性被害防止研修の直前に開催された飲み会中に一郎のかばんを勝手に漁り、そこからPCを取り出して勝手にデータを抜き取ろうとするなど麻衣と並んで『すばらしき新世界』における最大のドクズと言って過言ではない人間のドクズ。

ちなみに美紅に手を出そうとした時に一郎に強引に救出されていることもあり、それ以降は一郎よりも男として格下であるというイメージが付いている。

上野

人事部に勤務する女子社員であり、麻衣からは影で「豚女」と言われているがそこまでデブではない。というかデブではなく、単に地味な見た目とはアンバランスな爆乳を持っていることで若干のやっかみが入っているように感じられる。

上野には公務員試験を志す彼氏がいるが、彼の性欲の強さから度々路上でおっぱじめたりすることもある。本人はそこまで性欲に強いようなイメージはなかったが、次第に天性のドMを発揮し、最終的には一郎を「ご主人さま」と呼び、一郎の巨根を欲しがるようになる。個人的には何事も大きければいい、と思っているので上野、割と嫌いじゃない。

麗美

舞台となる宇宙テクノロジーの副社長であり、現会長の娘。

用語

宇宙テクノロジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。