【すばらしき新世界ネタバレ5話】早紀と一郎を尾行した麻衣が窮地に陥っていく・・・

吉永

今回は早紀の過去が明らかになっていくぞ!

ジョリ男

早紀というのはあのエロいメガネの女性かい!?

吉永

そうだ!あのボディを使って何をしでかしていたのかが判明するぞ!

というわけで今回は『すばらしき新世界』5話です! 

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアで無料試し読みが可能です!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\すばらしき新世界無料版を読む/

すばらしき新世界5話ネタバレ

上野

息の上がった早紀は服を直しドアを開けると、一郎との一連の行為を偶然見てしまった女性社員の上野に驚くと、いつからそこにいたのかと聞く。 財布を忘れて取りに来たのだという上野に、残業と誤解されないように、いろいろと上がうるさいからと軽く注意する。 はいと言って上野は立ち去る。

一郎は射精後の虚脱感も束の間に、早紀を服従させたという事実に興奮がとまらなくなる。 なんでも手を伸ばせば入りそうだと、夜空の星に向かって手を伸ばすとその先にいた美紅と目が合う。 ハッとして赤面する一郎に、美紅は少し不審な顔をする。 慌てて美紅に手を振りカモフラージュすると、前に美紅に言った会社で嫌なことがあるって話は解決しましたとお礼を言う。

美紅はどこか浮かない顔で良かったですねと言うと、一郎は美紅の顔つきに違和感を覚えながら美紅さんのおかげでさすとお礼を言う。 美紅がなぜ私のおかげなのかと聞いてくると、一郎は事情を説明できるわけもなくとにかく美紅のおかげと再度言うしか無かった。

美紅

美紅は少しでも助けになったならよかったと言うと、その手に持つ袋の中にはたくさんの缶ビールが入っており、一郎は今から飲むなら一緒にどうかと誘うも今日は一人で飲みたいのでと部屋に入っていき断られてしまう。

翌日人事異動の取り消しにこんな事は初めてだと社員達がざわついている。 麻衣はどうなっているのかと訳がわからない。 次長室からブライトごしに見ている早紀と目があう一郎は不敵な笑みを浮かべる。 それを見ていた上野は様子を伺っていた。

美紅の変化

一郎はそれよりも美紅の態度が気になっていた。 なんだか昨日からよそよそしい。お昼一緒にどうですかと連絡するも既読はつくが返信はなかった。 いてもたってもいられず一郎は受付に行くと美紅はいますかと聞く。用事があり退社したと告げられると、なんの用事かと聞くもわからないと答えられる。

麻衣はムカつく!と苛立ちながら駐車場に停めた車内でセックスしている。 桐生が口の止まらない麻衣にこっちに集中してと後ろから突くが、この耳で本部長と次長の話を聞いたのにと話を続ける。 桐生がわかったからとなだめるも、麻衣が外を歩く一郎と早紀を見つけ止めて!と言う。

麻衣のカン

桐生がマジかよなんでいつも麻衣は追いかけるんだと慌てて運転席に乗ると、助手席に座る麻衣が実はさっきと早紀と一郎を見つけたと言う。 上野が給湯室で次長と一郎がこの頃怪しいですよねと言い出すと、麻衣が一郎が1番怪しいとされる盗撮騒ぎのせいでしょと言う。

上野はそうではなくて昨夜、、、と偶然見てしまって一郎と早紀の話を麻衣にしていたのだった。 麻衣があんな豚女の言う戯言相手にしていなかったと口汚く上野を罵ると、あんな場面を見た以上少し信じてやってもいいかもねと言うと、桐生は豚女の意味を理解できずにいた。

豚女

桐生はあの2人に何かあるなんておかしく寝ると言うと、麻衣が体の関係とかでしょ、次長みたいな女がなんでわざわざあんなクソと付き合うのかといい、次長レベルならまだアリでしょ?と誘導尋問する。 桐生がだなと言うと青ざめてごめんと言うが、麻衣はそんなに次長がいいならあの女とヤレば?といつもの喧嘩に発展する。

2人を追いかけホテルのエントランスに到着する車。 桐生がまぁ田中なら分からなくもないと言うと、麻衣がどういう意味かと聞く。 桐生が前にトイレで見たけど田中さんのアレはかなりデカいと言うと、キモっと言いながらホテルに入っていく2人を見るとほら何があるって私の言った通りでしょ?と言う。

桐生がマジで入るつもりかよと言うと、こうなった以上やれるとこまでやってやる、一郎を地方に飛ばすと宣言すると、次長には悪いがあんなやつと一緒にいるからだと微笑んでいく・・・

尾行

麻衣は桐生と腕を組み客を装い一郎達の姿を探す。 フロントで受付している2人の姿を、携帯で撮影する麻衣。 確実に始末しないとねと証拠を残すと、エレベーターを待つ早紀がちょっと待ってと何かを察する。 早紀達を見失った麻衣が慌てて2人を探すと、早紀が中村さん?と後ろから回り込んで声をかける。

ここで何をしているのかと聞く先に、桐生が苦し紛れに飲み会の下見に来たと返答する。 早紀が飲み会?と言うが、桐生は最近部署内の雰囲気が悪くこんなところで飲み会でもしたら雰囲気が良くなるかと思ってと話す。 一郎が戻ってきたお祝いも兼ねており秘密で動いていたんだと説明する桐生に、早紀がそんなにうちの部署に関心があるとはしらなかったと言う。

桐生が次長達はどうしたのかと質問返しをすると、海外事業部の面談があり一郎を補助に連れてきたと言う。 去り際に早紀が、2人とも他部署の雰囲気は気になるのにこんな場所に出入りするのは気にならないのね、部署への悪影響になるからもっと人目を気にしなさいと注意する。

部屋に入ると一郎は早紀の胸を揉みしだきながら、これだけで這い上がったわけでなく、海外事業部との面談とは素晴らしいアドリブだったといやらしく笑い、これから部下とセックスするとは言えませんもんねと言うと、早紀は上野が麻衣に一郎との事を話していたのを実は聞いていたのを思い出す。

一郎はストッキングが敗れているようだからこれを履いてきてくださいと、綺麗にリボンをかけられた箱を渡す。 着替えてきた早紀は、全身シースルーになった黒タイツ姿で、いやらしくアソコの部分だけが空いている。 恥ずかしそうに隠しつつも既に興奮しているように見えた・・・

すばらしき新世界5話考察

ジョリ男

それにしても一郎の嫌われっぷりが激しくてかわいそうになりますね!

トイレの盗撮の犯人と疑われ嫌がられてはいるものの、そもそもその前から結構な嫌われぶりだったわけですが、なにかあったんですかね? 単に一郎が陰気くさいからなんでしょうか!?

美紅はそんな一郎に対して、全くそんな思いはないようですが。 麻衣が嫌がる感じとかもすごいですもんね! 桐生と麻衣は単なるセフレみたいですが、早紀と本部長はお互いの欲のために利用し合ってきたようですね!

早紀もムチムチの体を何度も昇進のために利用してきたようですが、体を張って働いていた時とはいったいどこまでやらせされていたのか気になりますねぇ!!

何か不都合なことや人がいるたびに、早紀は体を張って消してきた様ですが、今回これで一郎は大人しく異動させられてしまうのでしょうか!? だとしたら悔しいですよねえ! せっかく美紅とも仲良くなってきたところですし、なんとか残りたいところです!

4話 ⇔ 6話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。