【すばらしき新世界ネタバレ6話】一郎は早紀とホテルで次長の威厳を破壊していく

すばらしき新世界6話です!6話では、ひたすらに中村麻衣が暴走しており、上司のマウンティングに気づかずに相槌を打つ上野に苛立ちを覚え、さらに本部長に連れて行かれる早紀に気づいて部屋に侵入するが・・・!早速6話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアで無料試し読みが可能です!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\すばらしき新世界無料版を読む/

すばらしき新世界6話ネタバレ

早紀の性癖

よく似合ってますよと近づく一郎に、早紀はちょっと待ってと言いつつも後ろから一郎に手を掴まれるとあっと声が漏れてしまう。 一郎は体で解決するのが好きなのにこういうのは恥ずかしいのか、いつもの次長としての威厳はどこに行ったのか?と聞くと、恥じらう早紀のアソコ付近のストッキングをグイッと引き上げると、穴が空いて丸出しのアソコを指でグチュっと触れる。

いろんな感情で火照りだす早紀がやめてと言うと、いた一郎がええやめます、あなたの秘密を守るのをねと言うと、早紀のアソコにズッと指を挿入し、それは嫌でしょう?と意地悪く聞く。 だったら楽しもうとキスする一郎に、早紀はキスは嫌と拒絶する。

一郎が申し訳ないが僕はキスがないと無理なのでと早紀に舌を絡ませながら、指の力を強めると早紀はみるみる濡れていく。 もう随分と濡れている早紀をベットに座らせる。 早紀は前の旦那とも本部長とも淡々とセックスしただけでこんのに感じたことはなかったのだ。

中村麻衣

一郎が下になり、早紀にグッと挿入する。 尻を掴まれた早紀はたまらずあぁっと喘ぎ出す。 一郎がもう入った、前から思ってましたが次長は本当に濡れやすいですねと挿入する力を強めると、早紀に悔しくないのか次長1人だけこんなことをされて、あなただけに怒ってるんじゃないんですと腰を振る。

早紀に覆い被さると、陰で僕を変態扱いした中村麻衣の方が酷くないか、無責任に噂を広めるやつら、これからは次長も噂され放っておいていいのかと聞く。 一郎がクソ女共!!と何度も何度も早紀に挿入すると、早紀はあぁっと喘ぎながらダメよ!放っておいたらとついに観念する。

一郎はニヤリと笑い、だったらどうにかしてくれと早紀に向かって笑う・・・

氷室千夏

男友達になんでそんなにテンション低いんだよお姫様と肩を抱かれると、あいつ全然空気読まないんだよ誘っても乗ってこないと家庭教師のことでイラついていた。 腕組んで絡めてもびくともしないと言うと、男は千夏がせまってもダメな奴なんて男じゃねえと言い切る。

女友達がめっさホレてるしというと、俺は千夏のファンだからと男が笑う。 女友達があんたのセクシーなママせいじゃないのか?と言うと、あんな美人がいたら女子高生なんて目に入らないと言う。 千夏はまさかと言いつつも、思い当たる節があった。

マウンティング

エレベーターに乗り合わせた女性社員が、頭が痛いとおでこに手を当てると左薬指の指輪を上野に見せつける。上野は素直にキレイ!高そうですね、ペアリングですか?と主任に聞くとうくと、そうねと答える。 それを聞いていた麻衣はイラついている。

主任は彼氏との共同口座のお金をはたいて買ったと言うと、最近デートの時間がなくてお金がたまるとまた自慢する。 麻衣はそれを聞くと、ヤラせてやってんのに共同口座なんてまるでカモね。貢ぐなんて馬鹿だと思っていた。 上野は彼は公務員試験に受かったら結婚しようと言っているといい、共同口座を羨ましいと主任に言っている。 本当に好きならお金を男が払うもんだと麻衣は思っていた。 上野はもっとどうしようもないひどいブタ女だと心で罵っている。

備品室

エレベーターが開くと、早紀と本部長の後ろ姿を見つける麻衣は慌てて降りる。 備品室に入った二人。 本部長は早速早紀の尻をパンパンとはたくと、どうだ体を張っていたころをおもいだすだろ?と言う。 自信満々な大口叩いてあれしきの処理もできないのかと更に尻を叩くと、アッと言いながら早紀が謝る。

本部長はこうなることが分かっていて辞令を取り下げるとはとベルトを下ろすと、早紀は謝りつつあの者が犯人ではないように思えてと弁解する。 本部長は憐れみを見せるとは、もしくは弱みでも握られたのか?と早紀のストッキングをずるっと下ろし早紀の割れ目に硬くなったアソコをこすりつけると、そのどちらかじゃないのか?と聞く。 そっとそれをのぞいていた麻衣が、弱みを握られている?とまさかといった表情で二人を見ていた。

すばらしき新世界第6話考察

千夏はわざと家庭教師をそそのかしているようですが、この連れたちと賭けでもしてるんでしょうか? 家庭教師は真面目なのかまったくもって千夏には興味なさそうなんですよね。

でもその分早紀にはかなり興味しかないようです! 女子高生からみてもそこまできれいな母親ってすごいですよね! 本部長に思うままにやられてしまっている早紀ですが、弱みでも握られたんではと勘づいている本部長もさすがですね!

あらゆるところで体を張ることになっている早紀ですが、麻衣にもまさか見られてしまっているのにはまだ気づいていなそうです!立場が危うくなってますよね!! 殺人も犯してしまってますしだいぶピンチな立場になりつつありますね!

5話 ⇔ 7話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。