【アイドルたちの失楽園ネタバレまとめ】無料で全話読む方法を調べてみました!

『アイドルたちの失楽園』のネタバレを全話、最終回、結末までまとめていきます!『アイドルたちの失楽園』はJihoと活火山による青年向け漫画であり、コミックシーモアで配信されている人気漫画です!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『アイドルたちの失楽園』はコミックシーモアで先行配信されてます!

枕営業を強要されるアイドルたちを描いた作品です。どこまで本当なのかどうか不明ですが(笑)複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\アイドルたちの失楽園無料版を読む/

作品名

ジャンル 青年向け漫画、恋愛、アイドル、業界の闇
作者 Jiho、活火山
掲載誌 ズズズキュン!
発売期間 調査中
巻数 6巻(2022年5月20日)

アイドルたちの失楽園のネタバレまとめ

1話

2話

3話

4話

5話

6話

7話

概要

売れっ子作曲家である城内健人の前に、3人の売れ悩むアイドルがいた。

彼女たちは城内に作曲を頼みに来ていたのだが、城内は既にマネージャーからの話を聞いて、作っていた曲を流すと3人はその曲の素晴らしさにその場で歓喜した。しかし城内はまだ曲を提供するかどうかは決めかねていると話し、ライバルアイドルユニットに回すかもしれないと告げた。

「どうすればいいですか!?」

そう叫ぶ3人に対して「誠意を見せろ」という城内の言葉を聞いてユニットのリーダーは城内の元に近づき、ズボンを下ろしてそのまま口に咥え始めた。その言葉の意味に気づいた残りの2人も城内の体にしゃぶりつき、誠意を見せたことでこの3人は城内の曲が送られ、華々しいメジャーデビューを飾ることになった。

城内健人は業界でも知らない人はいないほどの大物作曲家であり、彼の書いた曲は確実にヒットするためにこのような枕営業が常態化していた。そして城内もその権力を理解しており、数え切れないほどのアイドルを食い散らかしてきた。

一方で元アイドルの渡辺春樹もアイドル事務所を立ち上げており、業績的には城内の事務所には遠く及ばないものの、少なからず人気アーティストを輩出してきた。そして渡辺は城内を敵視しているために城内に曲を頼むことを拒絶してきたが、仲間からは城内に頼もうという声が上がる。

渡辺は葛藤を抱えることになるが、結局城内に電話したものの城内が女性と行為中に電話を出たことに不快感を感じてそのまま断ることになる。

ちなみに城内は学生時代、当時アイドルをしていた渡辺追っかけをしており、このことから時々「俺は春樹さんのファンだ」と話している。ある時出待ちをしていた城内は渡辺に「いつか曲を作ってみせます!」と宣言するが、渡辺は相手にしていなかった。

少しずつ城内は作曲家として頭角を表し始め、自分の事務所を設立して渡辺の事務所とは対立することになってしまったことも、現在の犬猿の仲につながっていると考えられる。

登場人物

城内健人

作曲家業界の大御所であり、城内の書いた曲は必ずヒットするとまで言われるほどになっている。

またテレビ局業界にも強いコネがあり、自身の書いた曲を提供したグループをテレビ出演させることで曲の知名度を高めて必然的にヒットを生み出している。そしてその力を利用して売れないアイドル達を食い散らかしており、そんな城内の言動を渡辺は毛嫌いしている。

その食い散らかしたアイドルの一人に藤井紫乃という女性がおり、アイドルオーディション番組に出演したことをきっかけに城内の事務所入りを果たす。そこで城内と初体験を済ませ、さらにその後業界の偉い人と枕営業を強要されたことをきっかけに渡辺の事務所に出戻り、これが城内と渡辺の現状の直接的な原因となっている。

渡辺春樹

元々は自身男性アイドルをしており、トップアイドルを引退した後に自身でアイドル事務所を立ち上げる。

しかし経営はうまくいかず、というのも城内の事務所に太刀打ちができていなかったからである。社内では城内に曲を作ってもらうべきではないかという声もあるが、渡辺自身の城内との因縁がきっかけで全て拒否されている。

個人的には藤井紫乃を推しており、全寮制の事務所にも関わらずに紫乃にだけは個室をあてがい、さらに個人的にギターの練習につきっきりになったりすることもある。この事により周りの研修生から疎まれかけているがそこまで険悪な状況であることを匂わせる描写はない。

藤井紫乃

渡辺の事務所に所属するアイドル研修生であり、かつては城内の事務所に所属していた経歴を持つ。

またアイドルオーディション番組にレギュラーとして出演していたこともあり、そこそこコアなファンには名が知られている。持ち前の歌のセンスを持ってテレビに出られるほど腕前があるが、先述の通り城内に枕営業を強要されたことで精神的に傷を負い、そのまま渡辺の事務所に移り、そのままレッスンをしつつ休養をしている。

また後述するが、翔一の紹介でオーディションを受けることになった星野彩夏も紫乃のファンであり、偶然に紫乃と遭遇したことで本気で合格を考えるようになった。

翔一

渡辺の事務所一のプレイボーイであるイケメン。事務所の研修生を食い散らかしたことで謹慎中ではあるが、元々ホストをしていただけあって女性の扱いが上手く、常にキープの女性が複数存在する。

元々顔が良くて手が早い、そんな翔一がある日、事務所のベランダでタバコを吸っていると女性ファンから誘われたことでほいほいとファンの車に乗ってそのまま3Pへと向かう。がっつりと楽しむことになるが、実はこれは城内の仕掛けたハニートラップであり、ファンの車に乗ったこと、そしてプレイ中の動画をがっつり撮られてしまう。

城内からの招集を受けた翔一はヒヤヒヤしながら向かうものの、意外にも城内からの指示は一つ「お前の思う一番かわいい子を春樹さんの事務所に入れろ」とのことであり、他には「気をつけろよ」と一言だけだった。この言葉に違和感を感じたものの、ひとまず無事に済んだことに安心した翔一は、幼少期に教会で知り合った星野彩夏をオーディションに推薦する。

星野彩夏

翔一が思う最もかわいい、ダンスの上手い女子高生。

翔一とカフェで待ち合わせをしており、二人が並ぶとまさに美男美女と周りの客も評価しているあたりかなりレベルの高い美貌を持つ。そしてダンスが得意であり、天性の才能を持つためにこれまでに大手の事務所のスカウトマンから数え切れないほどに声をかけられてきたが、全て「芸能に興味がない」と断ってきた。

そのため翔一が「渡辺のオーディションに出てくれ」と頼み込んだ際にも当初は断ったものの、翔一が土下座までしたことで一応形だけオーディションに出ることを決める。元々合格する気はなかったものの、途中トイレで推しの紫乃に会ったことで同じ事務所に所属したいと感じて、途中から本気で合格を目指して真剣に演技を始めることになる。

しかし歌が絶望的に下手であり、一時は不合格になりかけるが、その後披露したダンスを見て渡辺もその場で合格を出すほどのセンスがあった。こうして彩夏は無事に渡辺の事務所に所属することになり、翔一が城内から受けたミッションも無事クリアとなった。

用語

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『アイドルたちの失楽園』はコミックシーモアで先行配信されてます!

枕営業を強要されるアイドルたちを描いた作品です。どこまで本当なのかどうか不明ですが(笑)複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\アイドルたちの失楽園無料版を読む/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。