【火祭り村ネタバレ29話】権太が火那子に夜這いをかけることに

火祭り村のネタバレ29話です!29話では火沼にそそのかされた火口権太がついに行動に出る。星を見上げる共行と話している火那子の家に来客があり、共行が出ると大勢の男に拘束されてしまった。一方の火那子の元には鼻息を荒くした権太が迫っていた。早速29話のネタバレを見ていきましょう!

▼最新巻をすぐに読む!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

4月2日に『火祭り村』最新話30話が公開されました!

コミックシーモアで先行配信されている作品なので、現在はシーモアでのみ読むことができます!無料会員登録で70%OFFで読むことができるので、いますぐに読んじゃいましょう!

さらにシーモアで火祭り村オリジナルキャンペーンまで開催されていますので、今のうちに確認してみてください!

火祭り村を読む!

火祭り村ネタバレ29話

夜這い

ようやく平和が戻ったと感じていた共行に火那子が声をかけ、お風呂が沸いたと告げるが共行はもう少し星を見ていたいと答えた。火那子も横に座ると共行は東京ではこんな星は見えなかったと話し、火那子は「東京」という言葉を聞いて共行に村の外に出たいですよね、と一応確認してみた。

共行は即答し、しかし火那子と一緒に、と答えた。そして火那子は少し考えて、様々考えた結果、火那子も外の世界を見てみたくなったと話し、これまでは火祭り村しか知らなかったが参詣で外の世界に出た時のことを思い出して、当時が楽しかったと語った。

機会

その時玄関を叩く音が聞こえ、共行は火那子を残して玄関に向かうと、その隙に縁側から権太が火那子の元に現れた。一方の共行の元には大勢の参詣失敗者達が身柄を拘束し、抵抗しなければ怪我はさせる気はないと告げた。そして火那子は権太になぜここに、と尋ねると、権太は荒々しく縁側をのりこえてようやく機会を得たと告げた。

玄関では男たちが自らの正体を参詣失敗組であることを明かし、今回成功すれば権太に女をあてがわれることになると浦の事情を話した。そして権太は鼻息を荒くして夜這いに来たとつぶやき、逃げる火那子を追いかけて服の上から胸を揉みしだいた。

カルトの王再び

火那子の悲鳴が聞こえる中、共行は走り出そうとしたが男たちに拘束されて動くことができなかった。男たちは抵抗するならば殺すと囁かれ、ホムラ様も穢れ人である共行よりも名門火口家の血筋である権太の方がいいだろうと一方的な都合を語るのを聞いて、共行は参詣に一度失敗したら終わりという規則が今回の遠因となっていることを悟った。

そして共行は残念だなとつぶやき、かつてのカルトの王と化した時のようにホムラ様の声を聞いたと話しだした。男たちはホムラ様を理解していない、参詣に失敗したからといって見捨てるような神ではない、火那子は誰よりも信心深い存在であり、その火那子を穢す存在こそが嘆かわしいと叫んだ。

さらに共行はホムラ様の意志に反すればそれこそホムラ様も黙ってはいられない、生贄の儀式が行われることになる、それが君たちの意志なのか?と淡々と預言者の演技を続けると、男たちはもちろん嘘を付くなと声を荒げた。しかし共行は玄関を指差し、そこにいた神人に聞いて見るように言い切った。

演技

自らの犯行がバレそうになった男たちは神人を追って共行を解放してどこかへ走っていった。これを見ていた火沼は、神人がそこにいたのは単なる巡回中だった神人が騒動に気づいて様子を見に来ただけだと把握していたが、同時に共行の演技力に感心せざるを得なかった。

その頃火那子には権太が迫っており、火那子は共行の名前を叫んでいた。そして極度の恐怖から涙がこぼれた火那子にはさらに権太が迫るが、駆けつけた共行は権太に拳を叩き込んだ。そして触れるな!火那子は俺の嫁だ!誰にも渡さない!と火口家の実質当主に向かって言い切った。

火祭り村考察29話

権太キモすぎというのもありますが、それ以上に共行かっこよすぎですね!

1話とかの頃のおっぱい星人の頃の下卑た感じも今となっては懐かしい気がします(笑)それにしても共行の演技力には凄まじいものがありますね。風斗によると昔からということですが、演技の天才ということですかね。

今回はたまたま神人が通りがかったということもありますが、色々と運も持っているわけですし、割と頼りになるのかな〜と思ったりしています。そら火那子も気に入るわけですね(笑)羨ましい(笑)

28話 ⇔ 30話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。