【すばらしき新世界ネタバレ9話】中村麻衣に早紀の犯行データを見られてしまう

すばらしき新世界話です!9話では、部署の飲み会に参加した一郎と早紀は休憩で店の外に出ると、なんと路地裏で上野が彼氏と合体していた。それを見ている間、桐生と麻衣は一郎のパソコンを勝手に盗み見ていた。そして麻衣は早紀の犯行の証拠を見てしまった・・・!早速9話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアで無料試し読みが可能です!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\すばらしき新世界無料版を読む/

すばらしき新世界ネタバレ9話

上野

キャーと言い着替える上野に、早紀は慌ててごめんなさいと立ち去ろうとする。 上野の彼氏がこれ落としましたと早紀を追いかけ携帯を差し出すと受け取ろうとした早紀に、まさか盗撮してないかロックを解除して見せてくださいと言う。 上野がメガメを拭きかけると、早紀と一郎の姿に次長と青ざめる。

上野が「ん?次長?」と言うと、外でしていた自分達が悪いが公務員になるつもりなので万一にも盗撮されていたら困るのだと言った。 一郎が公務員になるんですか?と聞くと、彼氏はそれに向けて勉強していると言う。 早紀は私はあなたみたいに噂を流さないから大丈夫よと言うと、上野が「え?」と青ざめる。

上野さんが私達の関係を誤解しても仕方ないと言うと、周りには秘密にしてきたけど私達は付き合っていると一郎と目を合わせた。 早紀は上野さんも知っての通り会社の皆には知られたくないと言い、この前の人事異動取り消しの件を取っても邪推されそうだと懸念すると、上野がそんなこと知らず勝手なことを言って申し訳ありませんでしたと頭を下げる。 早紀は上野さん以外に知られたくないと言うと、心配しないで2人の恋を応援しますと上野が秘密は守りますと笑顔になる。

パソコン

一郎のパソコンを調べている麻衣に、桐生がもう戻ってくると合図を出す。 桐生が先に戻った一郎にこれ田中さんのカバンだったの?と言うと、一郎は無言でカバンを取り上げる。 早紀が一次会はここまででカードは桐生に預けたからまだ遊びたい人は遊んでから帰りなさいと言うと自分は運転代行を頼み帰宅しようとする。

ジョリ男

見つかってしまいましたね! しかも自分達がそんなことしておいて、上野の彼氏もまぁまぁやばいやつですよね! 盗撮されたくなくて、公務員という立ち位置が大切ならそんなことするんじゃねーよです!

麻衣はトイレでパソコンを見ながら青ざめていたので、一郎が隠しもつあの事故のデータを見てしまったようですね、、。 あれを見られたら終わりですよ。

一郎もカバンを触られていたのには気付いていたようなので、ちょっと危ないのには気づいているかな?てところですね。

データを見られたら今度は麻衣に弱みを握られてしまうのかもしれないですよね!

法人カード

車を発進させる寸前で一郎が早紀の車をノックすると、彼氏を置いていっちゃうんですかとにやける。 後部座席で早紀を膝の上に乗せた一郎は、上野の口をあんな手で封じるとはさすが次長は本当にすごい人だ、上野さんのおかげで彼女もできたし悪くないと言いながら、早紀の濡れたアソコにぐっと指を入れる。

早紀がビクッとして運転席にしがみつくと、今日は社内でしてみます?と言う一郎に人がいるからやめてと言う。 一郎が運転手にここで停まってもらっていいかと聞くと、運転手はこんなところから歩いて帰れなんてあんまりだとブツブツと言いながら歩いて帰る。 さあこれで楽しめると早紀の服を脱がす一郎。

人目もはばからず

その時美紅から着信がはいるが全く気付かなかった。 レースの下着姿の早紀の濡れたアソコをぐちゅぐちゅとかき回す一郎。 皮肉だとおもいませんか。あの時のこと覚えてます?事故のあったあの日の事ですよと言うと、あの日次長が餞別をくれてたら、、なでみなに良く思われたいかってそれはよく思われることに越したことがないからですよと言いながら早紀の乳首を引っ張る。

乳首をぐりぐりと抑えられた早紀は痛みと快感にはあっと声を漏らす。 深く考える必要はないとディープキスする一郎のキスをもはや早紀は拒まなくなっていた。 美紅は病室らしき場所で包帯をまき寝ている男性の隣から一郎に電話をかけていた。 早紀は十分に一郎の愛撫で濡れており、そろそろ上になってくださいと一郎にあおられる。

ジョリ男

そのまますんなりと帰すわけもない一郎は、大胆にも代行業者の運転する社内で早紀とことにおよびだす始末です。 これはもう止まりませんねえ。

咄嗟に一郎と付き合っていると言った早紀ですが、もはや付き合っているくらいの関係に体に関していってしまえばなってきてますよね!! 早紀も一郎の体にはものすごく敏感に反応してはいますが、実際一郎のことを今はどう思っているんでしょうね??

やっぱりどうにかしてねじ伏せたいとその機会を待っているはずではあります! 毎度毎度こんな感じで場所も選ばずもてあそばれたらたまったもんじゃないですよね!?

早紀はあまり感情的ではないため今何を考えているのか興味のあるところです。きっと今までも冷酷に人を切り捨ててきたでしょうからどこかでその姿が見られるはずですね!

中村麻衣

言われるままに一郎にまたがる早紀。 ああっと漏らす声と早紀のぶるんと揺れる胸が一郎の興奮をあおる。 胸があらわになると、一郎は喘ぎ声をあげてよがってる姿がすごくいいですよと笑う。 違うわと否定する早紀に、何が違うのかいまこの瞬間も自分で腰を振っているじゃないかと乱暴に早紀の頭をつかむと激しくキスする。

何度もそのまま早紀の腰を上下させると、一郎のモノが早紀の奥を突きどんどんと早紀の腰使いも激しくなる。 お互い激しく息をあげると、一郎は早紀の中に思い切り中出しした。 事が終わるとこれで次長にも楽しんでもらえましたよね、でも僕は次長を喜ばせるためにやっているわけじゃないんですと言い、これ以上中村麻衣を野放しにするつもりなら僕に考えがあると言う。

そんなことはしないと言う早紀に、どちらにしても急いだ方が言い、ぼくは気が短いから何か策があるんですか?と一郎が聞いた。

パソコンのデータ

会議室に集まる社員たちの中で、麻衣は昨日見た一郎のパソコンのデータを思い出し早紀を見ながら青ざめていた。 全ての謎がとけた、田中にあんな弱みを握られていたらそりゃ頭あがらないわ、けどそのネタ思ったよりヤバイじゃないと不敵な笑みを浮かべた。

会社に知らせて二人ともクビにするかもしくは警察に通報するかと考えるも、まだ麻衣はファイルを持っていなく桐生のせいでコピーし損ねたとファイルを手に入れる術を考えていた。 そのとき早紀が田中の担当するセクハラ防止教育に関しては男性一人よりも誰かもう一人女性の担当がいた方がいいと言うと、麻衣はすすんで私がやりたいですと挙手した。

ジョリ男

やっぱり麻衣は全てを知ってしまっているんですよね。見てましたもんねしっかりとパソコン。。 普通に人の物勝手にみて罪に問われないのかと思ってしまいますが、早紀の弱みが弱みだけにそんなことどっちでもよくなるようなインパクトなんですよねえ、、。

これをよりによって麻衣に見つかってしまうなんてどう転んでもヤバイですよね。 脅されるか、ばらされるのか、、。 麻衣がこれから一郎に接触してくるでっしょうから、一郎と早紀がどこまでやり返せるかにかかっていますね!!

そんな大切なデータをいつも持ち歩く一郎ももっと気をつけないと自分にも罪が降りかかりますからね!! 麻衣はこれからどんな手段で脅してくるでしょうか?

8話 ⇔ 10話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。