【弟嫁ネタバレ4話】凛の体の柔らかさと孝の志帆との新生活

弟嫁4話です!4話では、自室に連れ込んだ看護師の村上凛から「したいです」という最高のオファーを受け、孝は再三確認した上で凛の申し出を受け入れることに。そして楽しんでいると、なんと玄関から徹の声が聞こえ、ゆっくりと扉が開き始めた・・・!早速4話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『弟嫁』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\パラダイスプール無料版を読む/

※この情報は2022年3月31日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

弟嫁ネタバレ4話

村上凛

「誘ったのは私ですから・・・・」

と凛は自分のスキルに自信を持っているように見えた。そして凛はそのまま孝のモノを咥え、孝の反応を見て母性を発揮してさらに手のひらを使ってマッサージを施すとさらに孝のモノは巨大化してしまい、凛もそのサイズ感に驚いていた。

孝のそのサイズ感は凛への興奮とイコールであり、凛の舌使いのうまさにただただ感動していた。スキルの高い美人が自分のモノにしてくれている光景はまさに絶景であり、孝は凛の顔から目が離せなかった。そして孝は立ち上がり、凛の肩を抱き、早々にベッドに移動させた。

凛の体

凛は自ら下着を脱ぎ、自ら迎え入れる構えとなり、孝も服を脱いで豊満な凛の体の上に覆いかぶさった。そして凛に触ると既に湿り気は十分であり、凛にどうして欲しいのかを尋ね、凛に「いれてほしい・・・です」と言わせた上で孝はその言葉に従った。

そして凛と一つになった孝は様々な態勢を取り、凛の表情を見ながら腰を動かし舌を入れた。そしてもう1回・・・と思ったところでなんと・・・

「兄貴〜!!なんで電話に出ないんだよ中にいるんだろ?」

徹登場

そして玄関のドアが開く音が聞こえた。徹の声が響き、扉が開くギリギリのところで孝は扉を押さえ、勝手に入ってくるなよとたしなめ、その隙に凛は下着を持ってどこかに移動した。孝も凛の行方を考えていたが、ひとまず服を着るからちょっと待てと徹を待たせていた。

一方の凛は修羅場になりそうな気配を感じ、ギリギリのところで浴室に逃げ込み、そのまま帰ろうとしていたが玄関に靴を置き忘れていたことに気づいた。しかし既に徹は中に入ってきており、孝は強気で「何の用だ?」と突っぱねようとするが、徹は志帆から聞いたぞと本題に入った。

プライド

徹は孝が病院から逃走したことを聞きつけ、公務員試験のためにも再度病院で診察を受けるようにと言い切るが、孝は公務員試験はもう諦めると口にした。孝はさらに田舎に戻ろうと思うと話し、自分の年齢と才能の無さを考えて、家賃も払えなくなりそうだからという理由で、夢を諦めて田舎に帰るという決意を伝えた。

それを聞いて徹はあと1年だけ頑張ってみないか?と提案し、予備校代も全て払うし部屋も準備すると最高な提案をしてくれたが、孝にとってはこのオファーほど兄としてのプライドをえぐるものはなかった。そして孝はこれまでにないほどに声を荒げて「からかいに来たんなら出ていけ!」と叫んだ。

しかし徹にはそんな意図はなかったが、孝は徹を追い返してしまった。その後でひょっこりと凛が登場し、すっかり酔も覚めていたので一人で帰りますねといろいろと空気を読んでいた。その後孝は先程徹に宣言したように、荷物をまとめ始め、これまで何年も見てきた英単語帳に涙をこぼした。

そして様々な葛藤の後、孝は徹の家のインターホンを押した。中からは志帆が出迎えてくれて、孝は最後に1年だけ、頑張ってみようと決意していた。

3話 ⇔ 5話

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。