【弟嫁ネタバレ8話】凛とヤッていたら志帆から鬼電が入っていた

弟嫁8話です!8話では、村上凛と2回戦に入り、互いに好きな態勢をこなしてのんびりしていると、孝のスマホに不在着信が2件入っていることに気づいた。急いで志帆の待つに家に戻ると・・・!早速8話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『弟嫁』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\パラダイスプール無料版を読む/

※この情報は2022年3月31日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

弟嫁ネタバレ8話

凛との2回戦

少し激しくやってしまったと反省した孝だったが、凛は快感で全身を痙攣させながら「孝さんの好きなだけ・・・中に出してもいいですよ」と笑った。孝はその言葉を受けて、再度凛に覆いかぶさると、凛はその圧力で孝のモノがまだ健在であることに気づいた。そして孝は2回戦はバックでしようと得意な体位を提案したが、凛はバックが苦手だと声が小さくなった。

しかし孝は自信満々に凛のモノを触り、既に湿り気が半端ない凛の中に押し込むと、さっきよりも凛の締まりがいいことに気づいた。そして凛も過去に感じたことのない快感に身を捩らせ、そのまま孝も凛もその場から動かなくなった。

泥棒

そして凛は一人、シャワーを浴びに向かい、その間で孝はなんとなくスマホを見ると不在着信が2件入っていることに気づいた。そして孝は凛と別れた後、急いで帰宅すると玄関に志帆が倒れていた。孝が声をかけると、志帆は涙を浮かべて孝に抱きついてきた。

孝の作ったコーヒーを飲みながらようやく落ち着いた志帆はゆっくりと語り出し「家に帰ったら全部めちゃくちゃになってて・・・」と泥棒に入られたことを話し、孝もその場にいなかったから不安だったと涙ながらに話してくれた。

不安

孝はそんな緊急事態にホテルでお楽しみだったことで責任を感じていると、志帆は安心からか涙を浮かべ、孝の身を案じてくれていた。そして志帆は孝に抱きつき、孝は通報を提案するが志帆は「ダメです!」と断固拒否、徹に心配をかけたくないからと通報をする気はなかった。

志帆は今回の泥棒事件を徹には絶対に言わないでと懇願し、さらに今日は家にいてくださいと訴えてきたので、孝が断るはずがなかった。

セクシー大臣

そして自室に戻った孝は今日は家にいるべきだったと自身の行動を反省していると、部屋のドアが開き、奥からは下着にシースルー一枚の志帆が現れた。さすがにツッコまざるを得ない孝はほとんど意味のない服に言及すると志帆は「もしかして・・・似合いませんか?」と不安そうにしているが、孝はその神々しさに直視できずに目を背けてしまった。

とんでもない肉量を携えた志帆は「私たち・・・家族だから」と特に気にしていないように振る舞い、孝もそれに合わせて気にしていない風を装うことに必死だった。そして志帆は孝のベッドに入り、一人で寝るのは不安だったから・・・と言うと、孝の胸にダイブしてきた。

孝は興奮もあったが、それ以上に志帆の体の震えに気づき、静かに肩をさすってあげた。そしてそれに気づいた志帆は時計を見つめて切ない表情を浮かべた。そして孝は志帆から解放されるタイミングを見計らい、志帆の震えが止まり、そして寝息を立てているのを見てベッドから離れようとしたが、志帆の方から孝を引っ張ってきた・・・

7話 ⇔ 9話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。