【ハーレム×ハーレムネタバレ最終回結末まで】無料で読む方法も検証!

『ハーレム×ハーレム』のネタバレを全話、最終回・結末までまとめていきます!『ハーレム×ハーレム』は首枕とRed-Aによる青年向け漫画であり、コミックシーモアで先行配信されている人気漫画です!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレム

ジャンル 青年向け、恋愛
作者 首枕、Red-A
掲載誌 シーモア×Rush!
発売期間 現在調査中
巻数 21巻(2022年5月11日)

概要

主人公の翔一は自宅が裕福なこともあり、昔から自分に寄ってくる人間は男女問わずにその富を意識していた。そのことから人間不信に陥り、やがては引きこもることになり、26歳の現在まで自室にこもることになった。そしてある日、離婚していた父が元秘書と再婚し、翔一は6歳年上の麻奈美と同居することになる。

麻奈美はモデル並みのルックスを持ち、誰もが振り向くほどの美人であるが、翔一には気がかりな点があった。翔一は父からもらった株券を全て現金化し、その金を使ってアダルト動画サイトの動画を購入していた。15万円という高額な動画を購入していたその動画に出演していたのは麻奈美によく似た人物だった。

それだけではなく麻奈美が連れてきた友人、愛華と由美、凪紗にそっくりな女性たちもその動画に出演しており、翔一はなぜ麻奈美がその動画に出演していたのかが気になり、また年も近いことから「母親」として見ることが難しくなり、狭い家の中で麻奈美の体のラインについつい目が行ってしまう。

麻奈美も翔一も、お互いを単なる家族として見ることが難しく、しかし倫理観が強いために互いに互いの「性的対象を見る目」を見ないふりをして過ごす日々を続ける。そして翔一はS-Clubの動画に出ていたと思われる愛華を手始めに、麻奈美の友人の由美、そして愛華と行為していることを知った凪紗とまぐわることになり、周りから埋めていくことになる。

そして最終的に麻奈美も翔一に対する思いが爆発し、翔一の「母さんを抱きたい」という願いを受け入れ、シースルー姿のまま翔一を部屋に招き入れる・・・

こうして最新巻まで見ていると、やはり女性キャラの曲線美が最高です(笑)絵が上手な漫画家さんには頭が上がりません。それに胸が現実離れしているのがこの手の漫画には多いのですが『ハーレム×ハーレム』の登場キャラは皆現実的にもまあありえなくはない、ギリギリありなラインで描かれています。

なのでグラビアアイドルのような最高なキャラたちとの合体シーン、そして麻奈美の「母親」として振る舞わなければならないのに翔一の体を見てしまうという葛藤をじっくりと御覧ください。

ハーレム×ハーレムネタバレまとめ

1話

2話

3話

4話

5話

6話

7話

8話

9話

10話

11話

12話

13話

14話

15話

16話

17話

18話

19話

20話

21話

登場人物

翔一

26歳まで童貞を貫き・・・といよりも引きこもっていた結果として、リアルな女性と知り合うことすらできずに童貞になってしまった。実家は裕福であり、父が何かしらの社長を務めており、両親は離婚済み。

父はあまり家に帰らず、翔一への愛情表現の描写もないため、翔一自体も愛情に飢えているようにも捉えられるため、「母親」という存在の定義を知らない上にたった6歳年上の麻奈美が母親になったことで混乱につながってしまった可能性もある。

父は愛情表現をしない代わりに翔一には株券を渡しており、それを小遣い代わりにしていたが、翔一はそれを現金化してかなりの金額を手にしていた。この現金を元手にS-Clubという怪しさMAXのパット見た限りは詐欺サイトに数十万の金を支払い、麻奈美達が出演するアダルト動画を購入した。

この動画に出ていた「モモカ」という女性が腰に”SLAVE”(奴隷)というタトゥーを入れていたことから、麻奈美の友人である愛華が「モモカ」ではないかと疑り始め、そこからなんとかして愛華とヤレないかと画策するところから物語は始まる。

麻奈美

翔一の父と再婚したモデル級のルックスを持つ女性であり、翔一26歳にして麻奈美は32歳という設定である。社長を務めている父の元秘書という経歴からオフィスラブ、というよりも愛人に親しい関係だったのではないかと疑われる。

翔一も当初「父さんのカネ目当てだろ」と悪いイメージを抱いていたが、麻奈美も「母親」として年の近い翔一に接しなければならないという責任感、義務感を強く感じて自身の思う「普通の親子像」を実戦に移すがうまくいかずに空回りすることも多い。

そんな献身的な姿を見て、いつしか翔一も麻奈美を「母親」と思おうと思うようになるが、愛華達と関係を持ったことで麻奈美の肉々しい肉体に見とれてしまう。そして麻奈美も翔一の”その目”を感じ取り、「親子」になりかけたものの、カラオケに行ったことでその「親子関係」は一瞬にして崩壊してしまうことになる。

愛華

麻奈美の友人であり、翔一が最初にS-Clubでお気に入り登録していた「モモカ」とは同一人物。

翔一との初対面は、麻奈美が愛華と由美、凪紗を自宅に招いた時であり、その時に愛華は引きこもりのニートの翔一をからかってやろうと途中まで押し倒したことがある。後に、愛華は翔一をからかったことを謝るために自分の秘部を顕にするが、その時に腰に”SAVE ME”というタトゥーがあったことを翔一は確認していた。

「モモカ」は”SLAVE”のタトゥーがあり、愛華は”SAVE ME”であり、別人では?と感じ始めるが、後に翔一のSっ気の前に全てを白状し、モモカと同一人物であることを明かしている。このときには既に翔一を異性として好意を抱いており、自分から翔一の家に出向き事あるごとに行為を要求するようになっている。

麻奈美が熱を出して倒れた時にも家を訪れ、麻奈美が裸でベッドにうつ伏せになり、翔一がその背中を拭いているのを見て慌てて翔一を部屋から出して「こんなのは普通の親子じゃない」と言い放つなど割と常識人。

しかし凪紗により翔一との行為を見られてしまい、その時に麻奈美には言わないでと懇願していたり、凪紗に「あの言葉、忘れたの?淫乱女」と言われたりとまだ明かされていない秘密があるようだ。

由美

愛華と共にS-Clubの動画に出演していたと思われる女性であり、麻奈美の友人。

翔一の初対面は愛華同様に麻奈美により自宅に招かれた日であり、性格はおっとりしており間延びした天然のような一面もあるが、実は4人の中で最も性欲が強い(自称、愛華談)

そして麻奈美と同じく、由美も子持ち男性と結婚しており、息子との距離が近いことでうまく親子関係が築けておらずに悩ましい日々を送っており、麻奈美と一緒にジムに通うことになった翔一にデートを持ちかけて親子関係を知ろうと尽力する。

翔一は最初由美にデートに誘われた理由が分からなかったが、由美が翔一のもっさりヘアーを切ってあげたかったから翔一を誘ったことが後に判明する。由美はなにかの社長をしており「名義を貸しているだけ」と発言していることもあり、そこまで忙しそうにしている様子はない。

そして髪を切った後、翔一にシャンプーをしてあげようとして何故か「全部脱いで?」と舌も脱がせようとしたことで翔一が焦り、急に立ち上がったことで由美にシャワーが噴射され、服の上から下着が透けたことで翔一の理性が吹っ飛んでおもむろにキスをした。

これにより由美の性欲も爆発し、ここから二人は何度も密会を重ねることになる。ちなみに由美は性欲が強すぎて最低3回はしないと満足できないと語っており、それが原因で夫も家になかなか帰ってこないのでは?と翔一は推測している。

凪紗

麻奈美の友人であり、経済学・心理学のコメンテーターでもあり時々テレビに出演することもある。

愛華や由美同様にナイスバディを持ち、街を歩けば男どもに二度見されているほどの美人であり、本人も昔から男が勝手に自分にへりくだることから自身を「女王様」だと形容している。このような華々しい経験からボンテージを着用し、カップルの男女を二人共奴隷にして二人の行為を見ながら女の尻をスパンキングすることを趣味としている。

このように凪紗はどう見てもドSではあるが、実は隠された性癖はドM。

愛華と性交している翔一に「奴隷になることを賭けた勝負」をけしかけた結果、翔一がドSを発揮したことで凪紗は翔一に「次はいつ勝負をするの?」「早く返事をしなさい」などのLINEを大量に送りつけるなど、完全に翔一との”勝負”にぞっこんになっていることが伺える。

またストーリー的には、差出元不明の入金を確認し「あの動画が売られたかもしれない」と由美にもその情報を共有していることから、翔一が購入したS-Clubの動画に出演していたこともほぼ確定と見て間違いない。さらにその動画を翔一が購入したのでは?と勘付いたことで翔一に近づいたような描写がある。

麻奈美にハート型の錠剤を手渡し、これは不感症の薬であることも後に明かされているため、凪紗だけではなく麻奈美も不感症の疑いがある。しかし麻奈美が翔一と行為に及んだ際には薬なしで快感にふけっているためまだ解明すべき謎は残っている。

舞香

愛華の妹であり、26歳。プロのマッサージ師であり、普段はアスリートなどを接客しており1時間で15万円という金額を取る程の腕前を持っている。事実、翔一に軽くもみほぐしただけで多少筋肉痛の痛みが軽減したこともある。

翔一との初対面は麻奈美と訪れたプールであり、どことなく『パラダイスプール』に似ている気もしなくもない。筋肉痛に苦しむ翔一を麻奈美がプールに連れ出し、そこで舞香と待ち合わせて翔一にマッサージをしてあげてほしいと頼んでいたようで、そこから翔一と知り合うことになる。

そしてある日、愛華のジムに来ていた時に翔一とマッサージの日付を決めるために連絡先を交換し、その日の帰りに二人で飲みに行くことになる。そこで彼女がいたことがない翔一に驚き、哀れな”友人”のためにデートをしてくれることになるが、本編ではまだその描写は描かれていない。

他の登場キャラ同様に素晴らしく肉感的なスタイルをしていることもあり、おそらく今後翔一との行為の描写もあるだろうと個人的に大変期待している。黒髪ショート、最高です。

用語

S-Club

翔一が「モモカ」を含む、麻奈美や由美、凪紗の出演するアダルト動画を購入したウェブサイト。

一見したところ、完全に詐欺サイトであり、トップページにはS-Clubとだけ記載があり、それ以外の記載はない。さらにIDの発行に5万円、さらにパスワードの発行にさらに5万円、計10万円の会員登録料が必要になるだけでなく、身分証や口座情報などの個人情報も必要になるため、まともなITリテラシーを持っていれば絶対に登録することのないサイトである。

そして会員登録までの多くの葛藤を突破した先で見ることのできる動画の質は非常に高く、登録してすぐに見られるようになるお試し動画として「現役アイドルがスポンサーの男たちと性交している」動画だった。それ以降は動画ごとに課金する形となっており、翔一がお気に入りの「モモカ」の動画は15万円。

さらに翔一がS-Clubに「モモカ」の個人情報を教えてほしいと問い合わせたところ即座に却下され、代わりに由美や凪紗、麻奈美が出演する動画を勧められた経緯がある。また都市伝説レベルではあるが、S-Clubの情報を流出させた人物が即座に亡き者にされたという話が存在するほどにセキュリティは守られている。

後に愛華は自身が「モモカ」であることを認めており、しかし出演に至った理由までは教えてくれなかった。正確には「教えようとした」が、タイミング悪く「教える間を逃した」という経緯がある。ちなみに愛華が教えようとしたのはあくまで「愛華が出演した理由」であり、由美たちが出演した理由については口を閉ざしていたような描写がある。

個人的には愛華は学生時代に両親を亡くしており、その当時妹の舞香が高校生だったためにその学費を賄うためだったのではないかと推測している。当時の愛華は「就職決まった」と発言していたが、あの発言は嘘であったのではないかと考えている。

愛華はビッチそうに見えて実は純情な乙女で常識人があるのは私だけではないはずだ。愛華、割と好きです(笑)

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。