【すばらしき新世界ネタバレ14話】麻衣の行為動画が研修中に流される悲劇!

すばらしき新世界ネタバレ14話です!今回の14話では、性犯罪防止教育研修の講師を務める一郎と麻衣。麻衣により早紀が起こした事件の動画が流れるように編集されていたが、それを知っていた一郎によりさらに麻衣を追い詰めていく・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

すばらしき新世界第14話ネタバレ

医療費手当

一郎は麻衣から受け取ったUSBを確認するがデータを直された箇所は見当たらずどこを直したのか分からなかった。 一郎と目が合うと麻衣がくすっと笑った。 一郎は自販機でコーヒーを買いながら何かあるはずと考える。 その時美紅から着信があり、美紅さんよく眠れましたか?と電話に出ると、泣いている様子の美紅になんで泣いているのかと聞く。

美紅はあれだめだって、申請した医療費手当のことですと言うと、一郎がすみません美紅さんと謝る。 美紅がなぜオジサンが謝るのかと聞くと、でも私これからどうすればと言うとブワッと涙が溢れた。 泣いている美紅の声を聞き、一郎はまさか!!とその原因を思いついた。

激怒

早紀が次長室のブラインドをおろし、上野たちがこそこそ話している様子を見て全くうっとうしいわねと思っていると、突然一郎が入ってきて「医療費手当の対象審査あれはいったいどういう基準でやってるんですか?」とすごい剣幕で聞く。

早紀はいったい何?それは中村さんが担当だからと言うと、一郎が中村が決裁に回した書類のなかから次長が選ぶんじゃないのかと聞く。 早紀はいえ、志願者があまりいないから選ぶ必要もなかったわよ?四半期ごとに志願者が一人いるかいないかと言うと、一郎はそんなはずはない、次長中村が回した決裁書類見せてくださいと言う。

早紀がそんな度を超えた頼み私が聞くとでも?と言うと、一郎は早紀の首を掴み僕の口調が丁寧だったから誤解したようですね?これは頼みじゃないんですよ?と言う。 壇上に上がった麻衣と一郎を見て上野たちがあの二人何かあるでしょう?と言う。

大勢の社員を前にあまり緊張せず準備した通りにやればうまくいきますと言う一郎に、麻衣がはい先輩と言う。

ジョリ男

美紅の申請は通らなかったようですが、そもそも審査にすら通ってないということは明らかな改ざんですよね??

審査が通るか通らないかは別として、絶対に上に回すのが麻衣の仕事なので、独断で美紅は審査に通らないと決め付けるのはおかしいですし。 美紅はそれだけが頼りだったので絶望してしまっています。

きっと麻衣は他の社員の申請も審査に通さず、不正なルートで保険金を横領しているんだろうと確信しましたね!

それでいていつもエラそうで威張っていて、早く大きなバチ当たれと思いますが、そもそもこの横領が明るみに出たらバチ当たるどころではなく社会的に抹消されるでしょうし、、

きっと一郎のことなので何かしらの考えがあり、今後麻衣を追いつめていくと思いますが、早いうちに潰してしまいたいところです!

人生終了

緊張せずにいられるか、あんたたちの汚い素顔が世間に公開される直前だってのに。パワポを開けた時思ったでしょうね、変わったところなんてないと。だけどあんたのノーパソではパワポを進めるとあの動画が再生されるようにしておいたわ。

できれば動画を手に入れたかったけど、まあ保存先だけでも分かれば十分よと麻衣はにやりと笑った。 一郎がセクハラ予防教育を担当する田中一郎と言うと、続けて麻衣が中村麻衣といいますと挨拶する。 一郎が経験があるからここに立っているのではありませんのでそこは誤解しないでくださいねと言うと、社員たちから笑いが起きる。

カウントダウン

麻衣は、事故の動画が再生されればみんなが衝撃を受け、そのときに次長がひき逃げしたって噂を流せば会社も事故の真相究明へと動くだろう、そうなれば次長も共犯の一郎も終わりだと更ににやけがとまらない。 次のスライドで動画が流れると麻衣がスクリーンに注目すると、一郎がボタンを押そうとする。

ボタンを押そうとした一郎が突然咳でむせ込みだすと、一郎が麻衣に発表を代わりに続けてくれないかとリモコンを差し出す。 麻衣がスクリプトではあたしの番じゃないと戸惑うと、社員たちが何やってんだよと文句を言いだす。

ハメ撮り

麻衣がリモコンを受け取りあたしが再生するのはいまいちだから田中にやらせようと思ったけど自分の手でやるのも悪くないとリモコンのボタンを押す。 するとスクリーンには顔にはモザイクがかかっているものの、桐生と麻衣のハメ撮り動画が流れ出し、麻衣の喘ぎ声が会議室に響き渡る。 社員たちがざわつき始めると、パニックした麻衣がパソコンをガンガン机に打ち付け叫びながら動画を止めようとする。

一郎はその姿ににやりとすると、早紀が設備に問題があったようなのでひとまず終了して業務に戻るように指示を出す。

ジョリ男

これは一郎やったやった感しかないですね!!

モザイクをかけられていたので、社員たちは誰も桐生と麻衣であるとは気づいてはいなかったようですが、逆に麻衣にはよくわかったと思うのでこれで一郎に逆らうとどうなるのか思い知ったことになりました。

きっと早紀と一郎で操作したんだと思いますが、こんな場で自分たちのセックス動画が流れたらやばいですよね。 更に麻衣はこれから横領しているであろうことを一郎から追及されると思いますので、更に言い逃れられず一郎に服従せざるを得ないでしょうね??

もしそうなれば一郎は早紀だけではなく麻衣までも従えたことになりますからすごいことになるかもしれません!!

意外

早紀と一郎、麻衣の三人になった会議室で、麻衣は青ざめて泣きながら殺してやる、あんたたち二人とも殺してやるんだからと叫ぶ。 あんたたち何をやったの?どうやってあの動画をと一郎の胸ぐらをつかむと、あんたたちが人殺しって知ってる、警察に通報してやるんだからと泣き叫ぶ。

一郎はにやりと笑い、麻衣を平手打ちしお前はどこにも通報できないと言う。 一郎がずっとここにいるつもりですか?と聞くと、早紀はいいえ、私は他人がヤるところを見る趣味は無いわと言うと会議室を出ていく。 麻衣があの動画で脅迫したいならやってみなさいよ!不利なのはあんたたちよ!とヒールで一郎の足を踏みつけると110番通報しようとする。

一郎は麻衣の髪を掴みこんなただのハメ撮り動画だけでこんなことすると思ってるのか?通報したいならするがいいさ、だがお前がやってきた汚いマネも一緒にバレるからなと言う。 外回りから帰ったきた桐生は、女性社員たちがもしかして中村さん自分の動画を間違えてと噂しているのを聞く。

桐生

この妙な雰囲気はなんだ?と思っていると、一人の社員がさっきの性犯罪再発防止教育には出席しなかったんですか?と声をかけると、もう大騒ぎで大変だった、変な動画が流れ出して中村さんが叫び出してと説明する。 桐生は叫び出した?今中村さんはどこにいるんです?と聞く。

急ぎ足で麻衣を探す桐生は、早紀に中村さん見ませんでした?と聞く。 早紀は教育中に体調崩して早退したわ、電話でもしてみれば?と言う。 一郎がお前がもう少し大人しくしていたら優しく説明してやろうと思ったのにと麻衣を押さえつけると、絶望に満ちたお前の顔を見ながらな、でもこれも悪くない、お前みたいなメスを大人しくさせるにはこの方法が一番だと言うとマイクのコードで麻衣の両手を縛り付ける。

スカートをめくると、ビりっとストッキングを破り、麻衣の恥ずかしい下着姿があらわになった。

ジョリ男

13話 ⇔ 15話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。