【すばらしき新世界ネタバレ15話】麻衣の横領をネタに一郎が逆襲に出る

すばらしき新世界ネタバレ15話です!今回の15話では、ついに始まった一郎の麻衣への逆襲。そして麻衣は一郎と早紀に掴みかかるが、自身も横領をしていることを追求され一郎に逆らうことができずにただいいように扱われていく・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

すばらしき新世界15話ネタバレ

変態野郎

助けて誰か!!と叫ぶ麻衣にここが一番うちの会社でしっかりと防音されているところだから無駄だと言うと、麻衣は涙を流し変態野郎と言う。 一郎が変態かとフッと笑うと麻衣を縛っている手首をさらにキツく締め上げると、噂を流したのはお前だろ僕が性悪の変態だって!その噂のせいで僕は会社をクビになりかけたんだ、でも今になって考えてみると確かに僕は変態かもしれないな、実は中村さんと一度やってみたかったんだ、非常識で生意気な女ってどんな味なのか気になってねと麻衣の頬に顔をこすりつける。

麻衣の破れたストッキングをぐっと開くと、麻衣のアソコは丸見えになってる。 叫ぶ麻衣に、一郎はさすがだなまさかパイパンとはね、しかもいい匂い一体どうやって、桐生課長は喜びそうだがと麻衣のアソコに鼻を近づけ匂いをかいだ。

麻衣が黙れキモいんだよと叫ぶと、一郎がそれじゃあと言って麻衣のアソコをじゅるっと舐める。 じゅるじゅると舐める一郎に、殺してやると言いつつもはあっと息が上がる麻衣。 殺してやるって?と言いて一郎は麻衣のアソコに指を入れると、次長も最初はそんな反応だったなとアソコの中をかき回す。

一郎は中村さんも準備できたみたいだし、これがおわればきっとお前もきっと考えが変わるさと大きくなったアソコを握り締めると、ぐりぐりと麻衣のアソコに押し当てた。 やめてと言おうとした麻衣に、ではまいりましょうかと言って一郎が後ろからグッとアソコを挿入した。

桐生が麻衣に電話するも一向に電話に出なかった。 嫌がりつつも麻衣はああん!はあっと声を上げて喘いでいた。 一郎は気になることがあるんだけど、中村さんは俺とヤルのを想像したことあった?思ったよりいいと思わないか?と聞くと、麻衣は泣きながら振り返り黙れと言う。

サイズ

一郎は麻衣をデスクに座れせると今度は前から挿入した。 桐生と比べてどう?デカいって言われたことがあるけど他人と比べたことがなくて自分でもわからなくてねと麻衣を犯し続けると、麻衣がこんなことしてただで済むと思うなよと叫ぶ。

一郎がさあそれはどうかな、でも一つだけ言えるのは・・・と言いかける。

ジョリ男

麻衣はやっぱり一郎に犯されてしまいましたね。しかも会社の会議室で白昼堂々と。一郎って筋金入りの変態でしかありません。

万が一誰かがきたらとかいろいろなことを想像すると、なかなかこの場所でこんな大胆な行動とれないですよね!麻衣も一郎を変態変態とバカにしていたのでかなりの屈辱でしょうね!

そもそも動画で早紀たちを陥れるつもりがまさかの自分のハメ撮り動画に代わっており、陥れるつもりがまんまとやられてしまっている今を想像できなかったでしょうね。

これでさらにお金の動きについて問われたらもう麻衣は逃げ場をなくし、追い込まれること間違いないです!

横領

一郎は僕に何かあればお前も無事でいられないということだと言うと、麻衣がハメ撮りくらいでビビッて通報できないとでも思ってんの?ネットに流したきゃ流せば?どうせこれ以上ひどくなりようがないんだからと涙を流す。

一郎は麻衣にハメたまま、まだ分からないのか?ハメ撮りくらいで動いてるわけじゃないと言ったはずだ、あれはただのオードブルだ、お前があんなに露骨に動いているのにこっちだって黙って見過ごすわけにはいかない、モザイクが面倒だったけど満足のいくサプライズになったろ?僕にリモコンを渡されたときの顔と来たら、あんなもの横領と比べたらぜんっぜん大したことないだろ?と確信をついた。

証拠

一郎はしかも一度や二度じゃないな?と聞くと、横領ととぼけてはいるが明らかに青ざめた麻衣に図星だろ?と言うと、腰の動きを強め射精した。 一郎はほどいてやったぞと麻衣の腕の拘束を解くと、今から選ばせてやる通報したいならするがいい、それが嫌ならきれいにしろとアソコを麻衣の口元に持っていく。

麻衣は尚もでたらめばかりで証拠はあるの?通報してやるわ覚悟しなさいよこの変態!強姦魔!と叫ぶと、スマホを探す麻衣に一郎がにやけながらスマホを差し出す。 一朗がその前にと言いながらスマホにある動画を再生した。 麻衣に花と札束を渡していた男が、あの女に言われた通り退職予定者のリストを渡しただけです、ほんの小遣い稼ぎくらいのつもりでそれで何をやったのかは僕もしりません、全部人事部のあの女が一人でやったことですと自白する。

追求

一郎は通話記録くらい消しておかないと不用心だな横領犯のくせにといい、お前は少し前にある女性の申請をもみ消しその代わりに退職者リストを使って書類を作成し次長の決裁を受けその金を全部自分の懐に入れたと言う。 麻衣は震えながら違う、ほんの少し懐にいれただけ、手数料しかもらっていないと言うと、一郎はボイスレコーダーを取り出しカチッと止めると、自白まで完璧だなと言う。

それでもまだ通報するのか?と聞くと、麻衣は観念し一郎のアソコを咥える。

ジョリ男

一郎についにいろいろと突っ込まれてしまった麻衣です。やはり横領でしたか、、。これは一番知られてはまずい早紀と一郎に完全に掴まれてしまってますね!

そこはやはり気の強い麻衣らしいと思ったのですが、それでも一度は通報してやると大声で言い返してましたよね! この場合通報しても自分も横領の罪で逮捕されますから、自分は逮捕されてもいいから何とか相手を陥れたいくらいの強い気持ちがなければ無理ですよね!

しかしすでに麻衣は一郎のアソコを舐め服従したことになりますので、結局は自分の保身に走りましたね。 まあ、麻衣らしい当たり前の結果です。 会社の金を横領したのですから!

でもこれって美紅の申請は通るかもしれないということですよね?それなら美紅にも後日しっかりとお金が渡ることになるといいんですけどね!

とにかく麻衣は一郎にギャフンと言わされすっきりしました!笑

逆襲

じゅるじゅると音を立ててあそこを舐める麻衣に、一郎はもう少しまじめにやれと頭を押さえ口の奥まで自分のモノをいれる。 麻衣はううっと苦しそうにすると一郎のアレを離す。 口ではまだ無理だなという一郎に、ただじゃおかないんだからと強気な姿勢を貫いている。

一郎は麻衣の下着をまたズルっとおとすと、ずぶっと後ろから挿入し、最初からそっとしといてくれればこんなことにはならなかった、三流大とバカにして内気だからと変態扱いして盗撮犯に仕立てあげようとしたじゃないかと言うと、麻衣の胸を掴みただお前がきにいらないと言う理由でと怒りを強める。

これからも時々よろしくおねがいします

やめてという麻衣に、一郎はやめる?まだまだこれからじゃないかと更に後ろからの挿入を強めると麻衣はきゃあと悲鳴のような声をあげる。 これからはお前達にたっぷり仕返ししてやると何度も麻衣をつくと、中はダメと心配する麻衣に、心配するな前からやってみたかったことがあるんだと言って麻衣の顔をぐっと掴むと麻衣の顔面に射精した。

一郎はこれからも時々よろしくお願いしますよ中村さんと下半身丸出しで一郎の精子まみれになった麻衣を置いたまま会議室を出る。 一郎は今日もお疲れさまでした次長、おかげさまで例の件も無事に終わりましたと頭を下げながら、だからってあんまり妬かないでくださいね、次長も近いうちに可愛がってあげますからと耳打ちする。

早紀は生意気なヤツ、自分の方が私より上だと思ってるでしょ、せいぜい今のうちに楽しんでおくがいいわ、もうすぐ私が奈落の底に突き落としてやるからと考えながら、会議室に入ると設置しておいた携帯を手に取り、一郎と麻衣のセックス動画の隠し撮りを確認した。

ジョリ男

一郎って絶倫ですね!笑

美紅はオジサンといっていますが、体はめちゃくちゃに若いです! 麻衣はこれで一郎に逆らえない立場であることは理解したでしょうね。

それと同時に一郎が早紀の弱みを握っている立場であることは理解しているでしょうから、力関係も理解しているはずです。 ただそれは早紀にも言えることですが、このまま黙ってやられっぱなしなわけはないと思うんですよね。

二人ともタイプは違いますが気が強いタイプで必ず何等かの仕返しをしてくるでしょうし。 早紀は早速一郎と麻衣のセックス動画を抑えたようですが、これをどう使って一郎を揺さぶるつもりなんでしょうか?

14話 ⇔ 16話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。