【すばらしき新世界ネタバレ16話】一郎が麻衣の家に「お見舞い」に訪れる

すばらしき新世界ネタバレ16話です!今回の16話では、性犯罪防止教育研修の日から、麻衣はしばらく連休をとっていた。そして桐生よりも先に一郎が麻衣のお見舞いに訪れることになった。。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

すばらしき新世界16話ネタバレ

麻衣のマンション

桐生は麻衣のマンションの部屋のインターホンを何度も鳴らし、麻衣いるんだろ?あけてくれよとドアをノックする。 会社も行かずにどうしたんだよ?と問いかけると、麻衣の隣の部屋の住人がドアを開けちょっと!なんなの?うるさいんですけどと怒鳴る。

すみませんと謝る桐生に、そこまでやっても開けてくれないなら諦めなさいよ男のくせにしつこいんだよと言う。 そうじゃなくてと言いかけた桐生に、女性は何が違うんだよ?どうみても未練たらたらじゃないの、とにかくこれ以上騒いだら警察に通報するからと言ってドアを閉めた。 桐生は俺マジで振られたのか?とドアの前に立ち尽くしていた。

そのころ麻衣はシャワーを浴びながら一郎にされた仕打ちを思い出していた。 匂いが消えないとつぶやくと、ひたすらシャワーを出しっぱなしにして座り込んでいた。

上野の秘密

上野たちがまた中村さん今日も休み?と欠勤が続いている麻衣のデスクを見ると、私も有休取って休みたいなあとぼやいた上野に、早紀がそんなに休みたいならゆっくり休ませてあげましょか?と背後から顔を出す。 上野は次長と驚くと、大丈夫ですと苦笑いを浮かべた。

早紀が田中さん次長室まで来てくださいと一郎を呼ぶと、上野がずるい自分だけ会社で堂々と職場恋愛してと舌打ちすると、うっかり言ってしまったその一言に女性社員があの二人付き合ってるの?と聞くと、上野がはっと口をふさいだ。

早紀

次長室に入ると早紀がもういいでしょ?約束通り動画は消して、私の前であなたの機器を全部壊してと言うが、一郎はなんですかそんなに急かして次長らしくもないと取り合わなかった。 そして早紀のスカートに手を伸ばし先のアソコをクチュッと触ると、前に言ったじゃないですか、近々可愛がってあげるってとすでに濡れている早紀のアソコに指をいれる。

早紀は快感で思わず声を漏らしてしまうと、一郎はでも今日は忙しくてダメなんです、行くところがあってと散々早紀のアソコを濡らしておいて指を抜くと、これで我慢してくださいと息を切らした早紀に笑いかけた。

ジョリ男

桐生は麻衣のことをちゃんと好きなんですね!一応ちゃんと付き合ってる相手と言うことになるんでしょうか? そうなるともし一郎が麻衣にしたことをしったとしたら許せないでしょうね。

でも桐生も麻衣の横領の事実を知っているのが、バッチリと動画に抑えられているので言い逃れできないので結局桐生が助けようとしたところで何の力もなく、無駄なのかもしれません。

一郎は早紀に対しても完全に上からになりましたし、早紀もまだ一郎からデータを取り上げられていないため強気にも出られないようです。

むしろ一郎との体の相性がいいためすぐに濡れてしまう早紀はすでに説得力もなく、一郎にとってちょろい存在になりつつありますよね!

音信不通

一郎がああそれと今日はちょっと半休使いますねと言い、息を上げた早紀を置いて部屋を出た。 桐生はデスクに携帯を置き、今まで音信不通になったことなんてないのに一体どういうつもりだよ?と携帯を見つめる。 でも麻衣がいないと他の女の子をみても怒られることはないそこは楽だなと女性社員たちを見てにやりと笑った。

その時麻衣から、敦、、どうしようとLINEが来た。 桐生はすぐさまどうしたの?会社にも来ないでと返信すると、麻衣は睡眠薬を飲んでずっと寝てた、ねえあたしのこと助けてくれる?と聞いた。 桐生が何かあったの?電話しようか?あとで行くから会って話そうと麻衣に送信した。

一郎登場

その日の夕方麻衣の部屋のインターホンが鳴ると、敦?来たの?とドアを開けると、麻衣はなんであんたがと青ざめた。 一郎がなんでってお見舞いですよ笑うと、ドアの隙間にガッと手を入れ無理やり部屋に入り込むと麻衣の口を押えた。 麻衣が一郎の指をがブッと噛むと、一郎は心配してきたのにこれは無いんじゃないですか?と言う。

なんで家を知っているのかと聞く麻衣に、一郎はうちは人事課だろ?と言う。 咄嗟に携帯に手を伸ばした麻衣の腕をつかみ、一郎は馬鹿な真似はやめろと言って麻衣をベットに押し倒す。 一郎は麻衣の下着を脱がすと、そんなことしたらどうなるかってそっちもわかってるから今まで通報しなかったんだろ?なのに今更警察だなんてそういうのはやめようよ、心配で来たのに悲しいなと言うと、カバンの中に手を入れとにかく手ぶらでくるのもどうかと思って気に入ってくれるとうれしいなお見舞いの品を持ってきたんだけどと言って麻衣に手錠とバイブを見せる。

18時ちょうどに仕事を終えた桐生はよしっと腕時計を確認した。

ジョリ男

麻衣は桐生に助けを求めるようですが、一郎にされたことのすべてを恋人に話すのでしょうか?結構かなり躊躇しますよね。

そこを麻衣ならどう判断するのか知りたいところですが。 そろそろ約束の時間というときに現れたのはまさかの一郎。

家をどう調べてやってきたのかと麻衣は聞きましたが、住所を調べるくらいもはや今の一郎にとってはなんの躊躇もなく簡単なことでしょうね! しかも麻衣の家に手錠とバイブまで持ち込み、これはもうどう考えても変態と言われても自分のせいじゃないですか?笑

桐生との約束があることを一郎は知らないでしょうし、鉢合わせたりは大丈夫でしょうか?

残業

桐生が遅いって言われる前に行くぞーとうきうきしながら退社しようとすると、早紀が定時上がりですか?桐生係長と呼び止める。 桐生がいつもならできるだけ最初に出勤して最期に退勤するようにと心がけてますが今日はやむを得ない事情がありましてといと、早紀が困ったわ実は私もやむを得ない事情があって桐生係長に残業してもらいたいのよと言う。

早紀はこれは明日副社長に提出する議事録なんだけど整理してもらえるかしら?担当の中村さんがずっと病欠でしょ?桐生係長が特別に可愛がってる後輩だし彼女の代わりに整理してもらえないかしら?できるわよね?と強制的に残業をしいた。 麻衣は手に手錠をはめられ、下半身を一郎に露出されるとヴィィィンと音を立てたバイブをアソコに当てられる。

変態野郎

はああんと麻衣が喘ぐと、一郎はどう気に入った?その顔イイね、普段のむかつく顔より数倍マシだと言う。 麻衣がこの変態野郎と言いながら喘ぐと、一郎は変態野郎は認めるけどでもこの部屋の変態は僕一人だけじゃなさそうだと麻衣の愛液で濡れたバイブを見せつける。

あんなに軽蔑してた僕相手にこんなにびちゃびちゃになってるお前こそ本当の変態じゃないのか?と聞くと、麻衣のアソコをバイブと指の両方で攻め始める。 麻衣の隣の部屋の女性は、麻衣の喘ぎ声に全く集中できないとイラつく。 さっきからずっとやってるし、仲直りしたみたいね、それにしてもあの男、見た目よりうまいみたいね?と桐生の顔を思い浮かべる。

麻衣はやめてと言うが、アソコは裏腹にぐっしょりと濡れ一郎のバイブを咥えこむ。一郎はその姿ににやりと笑う。 桐生が遅いって怒られるんだろうなとブツブツ言いながら麻衣のマンションのエントランスに到着すると、でも俺が残業させられたのはあいつが休んだせいだから、あいつもわかるだろうし普段からちゃんと仕事しとけよなとぼやく。

一郎は大きくなったアソコを握り、僕の手も良かったと思うけどこれは病みつきになるよと麻衣を見下ろした。 麻衣の部屋の階でエレベーターを降りた桐生はン?と言う。

ジョリ男

早紀が一郎の行く先を知ってか知らずが、それでも桐生の動きを止めたのは確かなようです。 それとも次長室で一郎が早紀に桐生を止めるように言っておいたんでしょうか?

弱みを握っているとはいえ、麻衣に対する行動のエスカレートがすごすぎて、一郎という人がかなり怖く感じますね!まさに強姦魔じゃないですか??

麻衣はまだショックをぬぐえてないでしょうから、ここにきてまた一郎が家にまでくるってっ怖いですよね! 麻衣は気が強いため一郎は完全に自分に服従させることが狙いかもしれませんね!

麻衣はこのままこんな屈辱をうけたまま黙っていますかね? 部屋に到着した桐生と一郎の鉢合わせが心配ですが、、。

15話 ⇔ 17話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。