【ハーレム×ハーレムネタバレ8話】愛華は寝ている翔一を襲った所に麻奈美が!

ハーレム×ハーレムネタバレ8話です!8話では翔一の元を訪れた愛華は寝ている翔一にいたずらを始めるが、直後麻奈美が部屋に入ってきて即座に修羅場となってしまった・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ8話

ジェラシー

アポ無しでやってきた愛華を麻奈美はひとまず紅茶でもてなしてくれたが、愛華は翔一が昨日ジムに来なかったから心配してやってきたと話した。麻奈美は由美とでかけていた事を話すと、愛華はジェラシーを感じ、由美と何かが違いないと邪推して思わず立ち上がり「あり得ない!」と叫びたくなったが、さすがにおかしいのでそれはこらえることにした。

そして麻奈美は低いトーンで「もしも由美が翔一に少しでも手を出したら・・・私が黙ってないから」と無表情でつぶやき、愛華は何も言えなくなった。そして麻奈美は立ち上がりスーパーに行くからと愛華に後を任せて部屋を出て行った。

危機

残された愛華は翔一の部屋に向かい、寝ている翔一を見て髪型が変わっていることに気付き、元々端正な顔つきだった翔一がさらに良くなった!と興奮し、寝ている翔一に向かってキスをしようとした。その時麻奈美が突然ドアを開け「愛華、お願いがあるんだけど・・・」と声をかけた。

愛華は驚いて翔一の布団の中に隠れてしまい、その声で翔一は目を覚ましたので麻奈美は「ここに愛華がこなかった?」と尋ねた。翔一は布団の中の愛華に気づいたが、しーのポーズをとる愛華の意思を察して見てないと答えた。

お仕置き

その間にも愛華の目の前には翔一の巨大化したモノがあり、麻奈美と翔一のジムの会話を聞きながらもモノを口に含んでしまった。麻奈美にジムに行くように言われながらも翔一は快感に耐え、愛華はさらに舌を動かして翔一に快感を与えていく。

麻奈美がドアを閉めると翔一は布団をどかし、愛華は嬉しそうに「どんな・・・お仕置きをしてくれるの?」とすっかり翔一の虜になっていたが、翔一は「何もしないのがお仕置きです」と答えた。愛華は何度も迫るが翔一は断り続けてる時に麻奈美からLINEが入った。

愛華はスーパーに行くのをやめたというメッセージに対して愛華は翔一が寝ていたから先に帰ったと返信したと話して翔一に抱きついた。しかし翔一は愛華に麻奈美が帰ってきたらどうする?と尋ねると、愛華は自分の言葉の矛盾に気づき、そして夜に隠れて出ていくしかないと決意して、その間に愛華は部屋の見学をしようかなとうろうろし始めた。

モデル

しかし翔一は玄関に愛華の靴があることに気付き、愛華の白と水色のスニーカーを取りに玄関に向かうと、リビングに麻奈美が眠って入ることに気づいた。こっそりと麻奈美の横を通る翔一は、つい麻奈美の豊満な胸に目が行ってしまい、パンツが見えていることに気づいたがなんとか玄関に向かった。

そして翔一は愛華のスニーカーを発見して麻奈美の横を静かに通り過ぎ、部屋に向かうと既に愛華はね生きを立てていた。その寝顔を見て翔一は愛華も麻奈美も美人レベルが常軌を逸している事に気づき、再度S-Clubの動画に出演した理由が気になり始めた。

翔一は眠っている愛華にキスをしたが、愛華は起きなかった・・・

100点

そして愛華が目を覚ますと、既に深夜1時を回っており、翔一によると10時間以上眠っていたらしいことがわかり、翔一は「寝てないって聞いてたから寝かせてあげたくて」と恥ずかしそうに答えた。愛華は翔一の優しさを感じ取り、嬉しそうに「100点!」と笑ってそのまま家から出ようと翔一と一緒に玄関に向かった。

暗い部屋の中を歩くと、突然「パチン!」という音が聞こえたので、灯りのついている部屋を覗き込むと、その中では裸の麻奈美が壁に手をついており、そこに翔一の父がスパンキングをしている姿だった。そして麻奈美は巨大な棒を取り出してそれを使うように父に頼んでいる姿が見えた。

大声

そして父はそのお願いを聞き届けて激しめに麻奈美に挿入すると、麻奈美は声が我慢できずに「翔一に・・・聞こえますって・・・!!」と激しすぎると顔を真っ赤にしていた。そしてその光景を見ていた翔一はついモノが巨大化してしまい、さらに愛華もそれに気づいて「そんな目で母親を見たらダメでしょ?」と翔一のモノに手をかけてTシャツを捲りあげて胸を露出した。

麻奈美の部屋の前で翔一のモノを取り出してそれに舌を這わせて、愛華も興奮を隠しきれない様子だった。そして翔一は愛華が舐めながらも足で自分のモノを刺激していることに気付き、翔一も愛華のショーパンを脱がしてそこに舌を入れていくと愛華は思わず大きな声を出してしまった。

その声はおそらく麻奈美の部屋まで聞こえるほどのものであり、翔一と愛華は麻奈美の部屋に恐る恐る視線を向けた。

7話 ⇔ 9話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。