【ハーレム×ハーレムネタバレ9話】愛華の課題と由美の異常な性欲

ハーレム×ハーレムネタバレ9話です!9話では、愛華によるいたずらはなんとか麻奈美に隠し通すことができた。しかし翌日、愛華からとある課題が出され、それにクリアすることでS-Clubの秘密を教えてもらえることになった・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ9話

大声合戦

翔一の突然の舌に声を上げてしまった愛華ははっとして口を抑えるが、そして翔一は一旦部屋に戻ろうと提案したが、その時再度部屋の中からは麻奈美のさらに大きな喘ぎ声が聞こえた。麻奈美の声で「喘ぎ声・・・我慢しろって言われてたのに・・・」と息を切らしている声が聞こえ、愛華の声には気づいていないようだった。

一安心してそのまま翔一と愛華は部屋に戻ると、すぐさま愛華は服を脱ぎだし、翔一のギンギンになったモノを指差した。そして愛華は巨大な胸を顕にして、翔一に舌を絡めてきた。激しいキスで愛華が興奮することは翔一も理解しており、愛華はこの日も既に濡らしていた。

ドギースタイル

そして何してくれるの?と問う愛華に、翔一は「お尻を突き出しておねだりしてください」と高圧的に言うと、愛華はその言葉の通りに全てを顕にした。そして翔一はすぐさまドギースタイルの状態で挿入していくと、愛華も一度に全てが入ってきたことで目がとろんとしてしまった。

愛華はあまりの快感に耐えきれずに「優しくして下さい・・・」と頼み込み、翔一はその愛華の可愛らしさに胸が熱くなり、多少強度を下げたものの、バックから突きながらも父のマネをして愛華の尻を叩いてみた。しかし愛華の締りが明らかに良くなり、翔一は効果があったことを感じた。

由美とはダメ

一方の愛華も異常な快感を感じており、翔一も絶頂に近づいてそのまま中に全てを出してしまった。そして翔一は「由美さんとは違うな・・・」とついつぶやいてしまい、そして愛華は由美としたことを察して「よく聞いて」「もしも由美とするチャンスがあっても絶対に由美としたら駄目」と諭してくれた。

愛華によると由美は異常な絶倫であり、由美の旦那も由美の性欲を怖がってなかなか家に帰ってこないと話し、さらに「その性癖のせいで男優達も・・・」と気になる話をすると、翔一はS-Clubの話であることを理解して愛華に掴みかかり、詳細を聞こうとした。

翔一は「じゃあやっぱりあれは皆さんだったんですね!?」と興奮して矢継ぎ早に質問を続けるが、愛華はそれだけは何があっても言えないと頑なにS-Clubに関しては情報を教えてくれなかった。そして翔一は目に見えてテンションが下がっていたのを見て、愛華は翔一のS-Clubへの興味を利用しようと考えた。

課題

そして愛華は翔一に課題を出し、それをクリアしたら翔一の質問に答えると言い切るが、それは愛華に関しての話限定であり、麻奈美を含む他の子に関しては何があっても言えないと頑なだった。そして翔一はその課題の内容を恐る恐る尋ねると、愛華は3ヶ月以内にベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種目で400kg以上を持ち上げることを課題にした。

もちろん初心者がこれをクリアすることは実質不可能であることを感じていたが、次の日から翔一はジムに通って愛華のスパルタ指導の元努力し始めた。愛華の指導は常軌を逸しており、翔一はバーベルに向かって力を込め始めたが、そこに由美が「遊びに来たよ」と声をかけた。

由美の筋力

愛華は謎の対抗心を燃やし、由美はおっとりとした声で「ダイエットしようと思ってたの〜」と微笑み、二人は翔一を巡って目に見えない戦いを始めていた。そして由美は愛華のトレーニング着を借りて更衣室に向かうが、その尻を見ていた翔一に気づいた愛華は苛立ちを顕にして再度トレーニングを続けさせた。

そして着替えを済ませた由美は「胸の辺りキツくないかしら?」とかなり際どい格好をしており、その姿にはジムの男性会員全員がチラミせざるを得なかった。翔一も思わず鼻の下を伸ばして口を大きく開けてしまい、愛華は呆れたように翔一と由美にデッドリフトをするように指示を出した。

愛華がデモンストレーションとして一度デッドリフトをやってみせるが、内心ではできるわけないと考えていた。60kgの重りは少なくとも由美は持つことはできないだろうと考えていたが、由美は軽々持ち上げてしまった。意外な出来事に愛華は驚き、さらに重りを増量して100kgのバーベルにしたが、それも由美は持ち上げてしまった。

そのまま由美は20回のデッドリフトを完了し、それを見ていた翔一は自分にもできるんじゃないかと考えて100kgのデッドリフトを始めたが、当然1回も持ち上がらなかったので愛華は危険だからと静止した。しかし翔一はかっこいいところを見せようと無理して1回持ち上げてみた。

由美

しかし直後、翔一は意識を失った。そして目を開けるとそこは知らない天井が目に入り、そして視界の先には愛華がソファで眠っており、そしてチュプ・・・という音の発生源をたどると、翔一のモノに吸い付く由美の姿に気づいた。

そして由美は「私が介抱してあげたのに先に愛華を気にかけるなんて・・・やっぱり・・・悪い子ね?」と口から我慢汁を垂らしながら言い切った。

8話 ⇔ 10話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。