【アイドルたちの失楽園ネタバレ6話】星野彩夏と藤井紫乃の関係性

アイドルたちの失楽園ネタバレ6話です!6話では、翔一は城内の指示通りに知り合いの星野彩夏という女子高生をオーディションに向かわせることに奮闘していた。なんとかオーディションに参加させた彩夏は予想以上に渡辺の目に留まるが・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『アイドルたちの失楽園』はコミックシーモアで先行配信されてます!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\アイドルたちの失楽園無料版を読む/

アイドルたちの失楽園ネタバレ6話

星野彩夏

翔一が恵美との事を終え、城内は感想を尋ねると翔一は最高だったと答えた。そして恵美も翔一に礼を言い、事務所クビを免れたことで安心していた。そして翔一も恵美にレッスンを頑張るようにと話し、デビュー後にお互い会えれば良いねとと声をかけてその場から去っていった。

翌日、カフェにいたとある女子高生はその美貌から周りの男たちの視線を独り占めにしていた。そこに翔一が現れ、女子高生も「遅いよ〜」と笑いかけ、美男美女が揃ったことで周りの客は二人から目が離せなくなってしまった。

女子高生の名前は星野彩夏、ダンスの才能に溢れる明るい少女であり、幼少期に翔一と教会で知り合っていた。彩夏は翔一に呼び出した理由を尋ね、翔一は早速「相変わらず芸能界には興味ない?」と本題に入るが彩夏はないよと一蹴し、人を探しているの?と聞いてきた。

翔一は「自分の事務所がオーディションをするから出てほしい」と頼み込むが、やはり彩夏は嫌がっていた。その様子を見て翔一は静かに焦り始め、しどろもどろに事務所に入らなくてもいいからオーディションに出るだけでもいいから・・・とよくわからない説得を始め、ついには床に座り込んで「彩夏!助けて下さい!」とよくわからないままに頼み込んだ。

フリ

彩夏はなんとか事情を理解し事務所に入りたいフリをするだけでいいんだよね?と確認し、あくまで”フリ”だけであることを念を押してきた。しかし彩夏は「わざとオーディションに落ちることがどうして翔一くんの助けになるの?」と意味がわからない部分も多く、翔一は謹慎中に問題を起こしており、その最中に彩夏の写真を渡辺に見せたら彩夏をオーディションに参加させれば謹慎を解いてやると言われたと嘘をついた。

彩夏めんどくさそうに渋々了解し、翔一はなんとか事なきを得たが、城内との「入所させる」という約束を思い出して複雑な気持ちでいた。彩夏はこれまで大手プロダクションのスカウトすらも蹴ってきた経歴を持つために難しい案件であることに先行き不安さを感じていたが、彩夏は春樹さんと会うのは緊張する・・・とつぶやいているのを見て微かな希望を見いだしていた。

その頃、翔一から彩夏の写真を受信していた城内はその美貌に興奮しており、「このレベルなら・・・きっと春樹さんも欲しがるはずだ・・・」とつぶやき、目の色を変える春樹を想像していた。

興奮

事実、渡辺は彩夏を目の前にしてぜひうちで!と頼み込んでいた。彩夏は過去に大手事務所から声がかかっていたことを明かし、それらの事務所ではデビューまで時間がかかるために渡辺の事務所を選んだと嘘を付き、その嘘のクオリティーの高さに翔一は陰ながら感動していた。

そして彩夏は渡辺が元アイドルであるという経歴に言及するが、渡辺がただうなずくのを見て自分が好印象を与えてしまったことで複雑な感情を抱いていた。この段階で渡辺は彩夏を入所させたい気持ちになっていたが、翔一が連れてきた女であるということで元々キャバ嬢なのでは・・・という邪念が生じた。

翔一が連れてきた女

しかしひとまずは彩夏のダンスを見ることになり、体の柔らかさを見ている渡辺はつい鼻の下が伸びてしまった。それを見ていた女性社員たちからは「相手は高校生よ?」とたしなめられるが、なんとか事なきを得た。

たしかに渡辺は彩夏のプロポーションに鼻の下が伸びてしまったが、内心では「翔一が連れてきた」という事実が頭の中に引っかかっていた。そして彩夏は渡辺に声をかけ、「ちょっとトイレに・・・」「ストレッチしてたらお通じが・・・」とあえて印象を発言を始めた。

紫乃

それを聞いた女性社員はくすくす笑い始め、さらに渡辺も苦笑いをして彩夏をトイレに行かせた。そして彩夏がトイレに向かうと、中から出てきた女性に「もしかして・・・紫乃ちゃん・・・!?」と声をかけて手を取った。

そして紫乃は驚いて「私を知ってるんですか?」とおどおどと言うと、彩夏は紫乃の大ファンです!と笑いかけた。実は彩夏はかねてから紫乃のファンであり、それだけではなく彩夏の家族は全員が紫乃の大ファンであり、藤井紫乃が不人気でレギュラーメンバーから降格したことに憤っていた過去があった・・・

5話 ⇔ 7話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。