【ハーレム×ハーレムネタバレ11話】愛華の妹、舞香登場と凪紗の奇行

ハーレム×ハーレムネタバレ11話です!11話では、麻奈美に連れて行かれプールでは「ブラが外れてしまう」という一大事、そして登場した愛華の妹・舞香との出会いを果たす。さらに突然凪紗に呼び出されて「あなたエロ動画見る?」と意味深な質問をされる・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ11話

プール

翔一が紙袋の中に入っていた錠剤を見ていたところに現れた麻奈美は「もしかして・・・この薬、何なのか知ってる?」と気まずそうに尋ねるが、翔一は「媚薬」だと思いつつも適当に知らないふりをした。麻奈美は恥ずかしそうに便秘薬だと明かし、なんとなく恥ずかしさから奪い取ってしまったと話していた。

翔一はなんとなく気まずい雰囲気を察していたが、麻奈美は筋トレの話を振ってきたので翔一は由美の話を隠して普通に話を合わせた。そして麻奈美が「ちょっと付き合ってくれる?」と翔一を誘い、翌日翔一は麻奈美と一緒にプールに来ていた。

そのプールには水着ギャルが多数存在しており、翔一が見とれているとやがて麻奈美が現れてすばらしい曲線を疲労してくれた。翔一は麻奈美の脇を見て興奮を隠しきれなかったが、麻奈美も恥ずかしそうにプールに向かっていった。

マッサージ

翔一も麻奈美の後に続くが、キレイな女性の水着姿には興奮を隠しきれず、その中でも一段と目立つ麻奈美が翔一に向かって手を振ってくれた。そして二人ともがプールに入ると麻奈美は「何処が一番痛い?」と聞いてきたので翔一は「胸と太ももの部分が・・・」と答えた。

そして麻奈美は翔一の背後に回り込み、そして太ももをマッサージしてくれたが、背中への柔らかい感触を感じていたこともあり、同時に太ももへの直接的な刺激により巨大化してしまった。麻奈美も意図せずにモノに触ってしまい、恥ずかしさのあまりに翔一から手を離してしまった。

しかしその衝撃で麻奈美は足を滑らせてしまい、立ち上がった時には麻奈美のブラが外れて巨大な胸が顕になっていた。プールの仕切りにブラのヒモが引っかかってしまい、麻奈美の爆乳がその場に現れ、麻奈美がどうやっても外れることはなかった。

この一大事に翔一は麻奈美を抱きしめ「このままいてください」と言うと麻奈美も恥ずかしそうにしていたが、翔一はそのままの状態で引っかかったブラを外していた。麻奈美は翔一は周りから見えないようにするための行動だったことを悟ったが、周りの客は二人を見てヒソヒソ話をしていた。

さらに翔一は胸に当たる巨大な柔らかい感触を感じ、さらにモノに血液が集まるのを感じていた。そして翔一のモノは少しずつ麻奈美の股間に向けて勢いを増し、そして少しずつ下から押し上げる形となっていく。麻奈美は快感を感じ始めた時、翔一はようやく引っかかったブラを外すことができた。

舞香

そしてブラを麻奈美に返すが、なんとなく気まずい雰囲気が流れて翔一には言葉が出なかった。その時、「麻奈美さん?」という声が聞こえ、麻奈美も「来たのね舞香!」と答え、翔一が見上げるとそこには赤い水着を着た女性が座り込んでいた。

麻奈美によるとこの女性は愛華の妹である舞香だと紹介され、そして舞香は翔一の肩に手をかけて意外にもずっしりとした骨格を見て初心者には見えなかった。一方翔一のアングルからは舞香の食い込みがはっきりと確認できており、興奮を隠しきれなかった。

麻奈美は舞香が芸能人や日本代表のような一流だけを相手にしたプロのマッサージ師であると明かし、舞香は翔一と同い年の26歳であると話した上で「麻奈美さんの頼みで来たの」とマッサージによりトレーニング効率が上がるからと、今後翔一のマッサージを担当してくれることになった。

そしてプールを出た後、舞香は翔一とマッサージの時間を決めるために連絡先を聞いてきた。翔一にとって初めて女性の友達であり、なんとなくいつもとは違った興奮を感じていた。

凪紗

舞香が去っていった後、麻奈美は翔一の腕を取り「急ごう、遅れるわ」とおしゃれな外装の店に入っていくと、そこにはムスッとした凪紗が座っていた。凪紗は「9分30秒も遅刻じゃない」と怒ったように答えた。そして翔一は麻奈美の横に座り、凪紗と対面する形になったことで尋常ではない気まずさを感じていた。

麻奈美も凪紗に呼び出した理由を尋ねるが、適当に理由になっていない理由を答えただけだった。そして凪紗は翔一に筋肉痛の話をして、湯船に浸かってストレッチをするようにと世間話をしただけで、今日この場に呼び出された理由は分からなかった。

理由がわからないまま、凪紗は「そういえば麻奈美、薬の効き目はどう?」と尋ねると、麻奈美は焦ってごまかしているように見えたのでやはりあれは便秘薬ではないことを翔一は確信していた。麻奈美がなんとしても薬の話を逸らしたがっていることを察したのか、凪紗は翔一に「あなたエロ動画みる?」と大幅に軌道修正を行った。

翔一は思わず吹き出し、麻奈美は顔を赤くして適当に笑っていた。

用事

そして翔一はトイレに向かい、凪紗といる気まずさから解放されていた。そして腕を押さえるが筋肉痛がなくなっており、舞香の腕前の凄さを実感していた。そして腕を振り回していると、そこには凪紗が立っており、用件を尋ねても「いや?別に用事なんてないけど」と相変わらず意味のわからない返答だった。

翔一もめんどくさくなりトイレから出ていこうとすると、凪紗は翔一を引き止めて、突然巨大な胸を取り出して「どう?触ってみたいでしょ?」と誘惑し、翔一に触らせようとしていた。翔一はもちろん触ろうと手を伸ばしたが、凪紗は「私の質問に一つだけ答えてくれる?」と触らせる代償を提示してきた・・・

・・・そして凪紗は先に帰り、翔一はトイレから戻って麻奈美と食事をしてそのまま帰宅することになった。

その夜、凪紗はホテルの一室で女性の尻をムチで叩きながら先程の翔一との会話を思い出していた。先程のトイレにて、凪紗は「翔一は・・・麻奈美を女としてみてるの?」と尋ねたことを思い出した。

10話 ⇔ 12話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。