【すばらしき新世界ネタバレ18話】副社長登場と氷室早紀の出世の秘密

すばらしき新世界ネタバレ18話です!今回の18話では、新たに副社長が登場し、あの冷徹な早紀も表情を変えて出迎えるためにエントランスに向かう。そこで早紀が現在の次長としての立場を得るまでの経緯が明らかにされる・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

すばらしき新世界ネタバレ18話

宇宙グループ

副社長が盆栽にはさみを入れながら、父が盆栽はどれだけ手をかけても望む形にならないと言っていたと言うと、時の流れに身を任せ執着すると自分が苦しくなるだけだと教えられてきたと言う。 それでも最近の本社はまるで盆栽のようだと言うと、本部長が申し訳ございませんと謝る。

副社長が何を謝るの?望む形にならないこと?私は本社に何も望んでないと言うと、ただまともに機能することだけでいいのにそれすらできないのかしら?とはさみを本部長の目の前に差し出した。 本部長が善処いたしますと言うと、副社長が本当にできるかしら?次長はあなたの部下でしょ?大事なのはわかるけど腐った枝は切り落とさないとと盆栽の枝を切ると本体の健康を害すると言う。

恥ずかしがり屋

桐生はデスクに座り麻衣の部屋で拾ったボタンを手に取っていた。 安っぽいボタン、麻衣がこんなの着る男と付き合うか?と考えていた。 上野が桐生にこれ頼まれたものですと言うと、桐生は上野のざっくり空いた胸元の匂いをスーッと嗅ぐ。

上野がなんですか?と後ずさりすると、桐生が恥ずかしがりやだな、君の香水だよ、恥ずかしがりやだろ?いい好みだね、高いじゃんソレと言うと、上野が香水詳しいんですねと聞くと二人は盛り上がる。 桐生はそのとき一郎が歩いていくのを見かけ上野との話を切り上げる。

トイレ

トイレで用を足す一郎に、やあ田中主任と桐生が横に並んで用をたす。 桐生が一郎はシャツを数日に一度着替えるような感じなのを知っており、昨日と同じシャツを着ていたら?と思い、去ろうとした田中の腕をつかみボタンを確認するがボタンはしっかりとついていた。 桐生は手首大丈夫かと思ってと誤魔化す。

ジョリ男

副社長は社長の娘のようで、会社の最近のトイレの盗撮事件を黙秘する会社とネットにあげられてしまっていることを危惧しています。

たしかにあの事件の犯人って分かっていないままなんですよね。 あれはいったい誰なのか?コレクションをしたがる桐生だったりしませんんかね??

とにかくあの件は世間に知れていて、会社は黙秘を決め込む宇宙グループとレッテルを貼られており、副社長はそれを問題に思っています。

あの時、一郎が犯人ではなくても辞職させ犯人と思しき社員を解雇とかそんな事実が欲しかったのに、早紀は異動を取り消したため副社長はかなり早紀に怒っていますね。

早紀の仕事のポジションがだんだんと厳しいものになっています。これで事故のことがバレたら絶対的に終わってしまいますね!

一郎があのクリニック本当によかったですよと言うと、桐生が本当?俺も行ってみようかな、ところでその傷は?と一郎の手の甲の痣を見た。 一郎はこれは野良猫に餌をあげるときにやられてと言うと、桐生がずいぶんと乱暴な猫だなと苦笑いする。

上玉

早紀は次長室のいすに座り、副社長につ疲れた胸を抑えながら過去を思い出す。 全裸で社長の前に立つ早紀を、氷のように硬く閉ざされた唇、炎の様に貪欲な体とは今年の新入社員の中でダントツトップだと言うと、本部長は今年だけでなくここ数年でまれに見る上玉ですと笑う。

その早紀の姿をそっと覗いていたのが中学生の副社長だった。 早紀ははっと目をそらすと、副社長もさっと隠れた。 早紀はあんなに恥ずかしがりやだったのに、えらくなったものねと笑った。

本部長

本部長がずかずかフロアを進むと次長室に入り、氷室君一体何をやっている?この程度の部署も管理できないのか?と怒鳴ると、ふっと笑った早紀に今の状況を分かってるのか?と掴みかかり最近可愛がってないから気が緩んでいるようだな久しぶりに教育してやると早紀のストッキングの上からアソコを触る。

早紀はその手を掴み、副社長に何を言われたかは知りませんが私がウケた仕打ちよりはましでしょう?と言い、本部長のズボンを脱がせ椅子に座らせると、副社長は熱しやすく冷めやすいタイプ、口ではああいっても本部長が心配することはそう簡単におきませんよという。

本部長がなぜそう言い切れる?といいながら大きくなったものを 露出すると、早紀はそれをしごきながらいくら副社長でも会長がいる限り勝手な人事異動はできない、彼女が私たちをクビにしたい動機を消すと言い切る。

ジョリ男

桐生は一郎を疑ってはいましたが、シャツのボタンは取れておらずでしたが手の甲の大き目な痣をどう見たんでしょうね?

一郎も少し疑われているのには気づいていることでしょうね。 早紀は新入社員のころから本部長と社長のおもちゃにされてきたんですよねえ、、。

しかもそれを副社長である社長の娘に見られていたなんて恥ですよね。 見慣れない光景のに照れていた学生時代の副社長ですが、やはりそこは父の血をひき社長譲りな部分が大人になった今となっては持ち合わせているでしょうね。

早紀と副社長は盗撮事件もあり副社長に目をつけられていると思いますが、どう回避するのでしょうか?

桐生

本部長は早紀のしごきに耐えながら一体どうするつもりだ?と聞くと、早紀は騒ぎの原因を作ったものをまずは消す、彼らをきれいさっぱりお払い箱にできる方法が見つかりましたと麻衣と一郎のセックス動画を回想する。 桐生はあんなに口のでかい猫がいるかよと一郎の手の甲のケガを不審に思いながら一郎にバカにされたようでいらだっていた。

美紅がオジサンが準備していた発表どうなりました?と聞いているのを桐生が見かけると、あの女はあの時のと麻衣にコーヒーをかけた女だと気づく。 桐生が次長だけじゃなくあの受付嬢まで結構やるじゃんと一郎をみると、とにかく田中の女なら俺もチェックしとくべきだよなと美紅を見た。

早紀と本部長

本部長は早紀をソファーに押し倒しキスしながら挿入を強め、ウおおおと言いながら早紀の中で果てた。 本部長は同じ失敗を繰り返すならそれがお前の実力だ、腐った枝は斬り落とす、さもないと本体まで枯らしてしまうと言い部屋を出た。

早紀はその前に本当に腐った枝かどうか見極めないとね本部長とつぶやき、とはいえまだこのカードを切るタイミングじゃないわね、まだ田中に動画を握られている時点で私も安全とは言えないと言う。 それならどうやってと考えると、ふと家庭教師の顔が思い浮かんだ。 家庭教師は早紀からの着信画面にはっとする。

ジョリ男

本部長は早紀に厳しく言っているつもりかもしれませんが、やることはやっていくのでなんとも説得感がありませんよね!

早紀も体を張って昇進してきたんでしょうけど、本部長も本部長でいいとこどりしてきたのでいつかコイツにもバチが当たってほしいです!

一郎のことをうとましくおもいうでしょうが、美紅は関係ないので桐生に変な狙いをつけられないといいのですが、、。

美紅は別に一郎と付き合っているわけでもなんでもないので、ここで桐生に何かされたら本当に最悪ですよね!! 桐生だけではなく、早紀になにかされないかも本当に心配なところです!

17話 ⇔ 19話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。