【ハーレム×ハーレムネタバレ14話】舞香のマッサージと由美との練習試合

ハーレム×ハーレムネタバレ14話です!14話では、凪紗のテクニックに耐えるために翔一は愛華の指導の元、筋トレに勤しむことになる。そこに舞香も現れてさらにトレーニングは加速していく中、翔一は由美に一本のLINEを挿入る・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ14話

奴隷契約書

翔一が射精した後、凪紗は愛華に残り時間を尋ねると愛華は「6分9秒」と答え、凪紗は足を拭いていた。勝負は凪紗の勝利に終わり、奴隷契約書を書こうとすると翔一は再度チャンスをください!と頼み込んだ。しかし凪紗は即答でそれを断り、翔一は凪紗に頼んで手首の拘束を解いてもらった。

食い下がる翔一を見て凪紗はしつこいその様子を見て不快感を顕にしているが、翔一は「負けるのが恐いんですか?」と挑発をしてみた。しつこく挑発すると意外なことに凪紗は食いついて再度翔一にチャンスを与え、その場で第二回戦を始めようとするが愛華が「そろそろ麻奈美が起きる時間よ」とひとまず別日に行おうと提案した。

凪紗は3週間後、凪紗の指定したホテルにて行うと告げ、そのまま部屋から出て行った。そして残された愛華と翔一は凪紗の下着を発見した。翔一は凪紗が愛華に掴みかかったことが許せなかったから凪紗に勝負を挑んだと話すと愛華は嬉しそうにしていた。凪紗はイライラしながらも麻奈美の家から出ていくが、道中でその姿に男たちは見とれていた。

トレーニング

一方で愛華は凪紗に勝つことはできないと話すが、翔一は勝負前に数回射精して空にして挑めば・・・と戦略を練るが、愛華は凪紗のテクニックの前では意味がないと答えた。愛華は「トレーニングをしましょう」と提案し、次の日から愛華の指導の元、翔一は筋トレに勤しむことになった。

愛華によると、凪紗の洗脳術はレベルが高く、始めは簡単なお願いから始まり、少しずつレベルの高い要求をしていくうちに、頼まれている側は断れなくなるという噂を話した。そこに舞香も現れ、既に二人が顔見知りということを知らない愛華は舞香を紹介するが、既に翔一は知っていたために感動はなかった。

舞香

翔一は舞香の胸元に目が行ってしまったが、舞香はおそらく気づいていなかった。そして舞香も翔一がトレーニングを頑張っていることに驚き、マッサージをしてくれることになり、凪紗との戦闘のことだけは隠しきった。

そしてトレーニングを再開しようとした時、愛華に電話が入り、その場に二人を残して玄関先に向かってしまった。舞香は先にマッサージを始めようとして、翔一の背中をさすりながら意外にもがっしりとした筋肉質な体に指を這わせていた。

舞香は自分に揉まれる特別感を話すと、翔一は普段どれくらいもらっているのかを尋ね、舞香は「1時間あたり15万円」と即答して翔一は驚いてしまった。舞香は大学の専門学科を主席で卒業した後に海外トレーナーの元で学んでいた過去を話した。

さらに舞香はそれが全て愛華のおかげだと話し、過去を振り返った。中学の頃に両親が亡くなり、愛華は大学を退学しようとしており、舞香もバイトに明け暮れる日々を語り、そんなある日、愛華が就職を決めて会社の福利厚生を利用して舞香の学費もなんとかなることになった。そんな経緯から舞香は愛華に感謝の念を抱いていることを語ったところでマッサージを終えた。

舞香と居酒屋

そして舞香はシャワールームに向かい、その後姿を見ていると愛華が戻ってきたので翔一は疲労感が消えた気がすると話した。そして愛華は翔一のモノを突然触り「一回だけしない?」と提案し、返事を待たずに脱がしてその場にモノを顕現させた。

既に翔一のモノは巨大化しており、愛華は我慢できずに咥え始めたが直後に舞香が戻ってきた。何もなかった風を装う二人を見ても舞香は何も気づかず、そのまま翔一を誘って二人で帰ってしまった。そして舞香は翔一の腕を組み、居酒屋に誘った。

翔一は慣れない店にソワソワしてしまい、舞香はその様子を見て「彼女とも来たことないの?」としてはいけない質問をしてしまった。翔一のこれまでの女遍歴を知った舞香は驚き、散々バカにした後に落ち込んだ翔一を見て「私が・・・彼女になってあげようか?」と足を組んでからかった。

その瞬間、翔一の脳内では愛華と舞香との優雅なる3Pが浮かび、「マ・・・マジなのか?」と緊張して聞くと舞香は「もちろん冗談よ」と答え、しかしデートをしてくれることになり、予定を決めて来月映画を見に行こうと楽しそうに話してその場は解散となった。

由美

その後も翔一は凪紗戦に備えて筋トレを継続し、その日愛華はいつもよりも早めにトレーニングを終了させた。勝負の2日前ということもあり、愛華は早めに終了したこともあり、暇を持て余した翔一は由美にLINEを送り「明日時間ありませんか?」と誘うことになった。

そして勝負前日、由美と二人でホテルの一室に入った翔一は由美がシャワーに入る音を聞きながら、この3週間でどこまで耐久力が高まったのかを確認したかった。そしてバスタオル1枚になった由美が出てきたのを確認し、バスタオルを脱いだ由美の胸に手を当てて、そのままベッドに押し倒してそのまま行為を始めた。

由美も以前よりも強い快感を感じているような素振りを見せ、レベルの上がった翔一の手によってすぐさまイッてしまった。そして自信満々で翔一は丸出しのままポーズを決めた・・・

13話 ⇔ 15話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。