【ハーレム×ハーレムネタバレ15話】愛華の告白と由美の邪悪な笑顔

ハーレム×ハーレムネタバレ15話です!15話では、翔一は明日の凪紗との勝負に先駆けて由美との練習試合を頼み込んだ。そして由美と2回戦を始めようとしていた時、二人のいるホテルの一室に愛華が現れた・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ15話

練習試合

自信満々に由美を誘う翔一の姿に由美は頬を赤くして、巨大な胸でモノを挟み込んだ。翔一はそれを「大福みたい」と表現し、由美は喜んで挟んだまま胸を上下に動かし始め、翔一はその刺激に思わず出そうになってしまった。

そして由美の両足を持って本能に忠実に入れ込み、由美は前回よりもさらに奥深くに当たっていると話した。翔一は目の前にあった由美の足の指を口に含むと由美はくすぐったそうにしてさらに悶え、その姿を見て翔一は自分のレベルアップを感じていた。

由美に腰を振り続ける翔一は中に出そうとすると由美もそれを了承して、二人同時に手をつないで果ててしまった。しかし翔一はまだ余裕であり、あと2回くらいはまだまだイケることを実感しており、筋トレの効果を実感していた。

2回戦

そして由美と舌を絡めて第2Rが始まり、由美もさらなる興奮を感じて次は上になってくれると話して「最低3回は出してね」と頼んで、その言葉通りに翔一は戦闘に入った。そして翔一は由美の腰を持ってドギースタイルに変更し、後ろから由美を突き上げていく。

この態勢だとさらに奥まで届くために由美はさらに悶え、さらに翔一は後ろから由美の胸を揉みしだいた。そして筋トレの成果を再度感じて由美に向けて腰を振り第2回戦も無事に終了した。そしてしばしの休憩時間、由美が時間を見ると既に16時を回っており、由美は「時間になったわ」とつぶやき、翔一には何の時間か分からなかったが、同時にホテルの部屋のチャイムが鳴らされた。

サプライズ

そして由美は、翔一がシャワー中にスマホを操作したと話し、扉の向こうには愛華が立っていた。愛華は翔一の体を妄想して下腹部が疼き、興奮していると、突然扉が開いて中からは裸の由美が立っていた。愛華は嫌な予感を感じて中に入ると裸の翔一が座り込んでいた。

由美は「サプライズ・・・」と頬を赤らめ、悪い顔で愛華を見つめ、愛華は「私と翔一くんの事・・・知ってたのかって」と由美に尋ねた。しかし由美は「さあ?」ととぼけて笑いかけ、愛華は向こうを向いて騙されたことに憤り、そのまま帰ろうとした。

翔一も止めるが、それ以上に由美が愛華の体にのしかかり、愛華の服を脱がして局所に舌を這わせていく。翔一は止めに入るべきか悩んだが、ひとまず目の前の絶景を注視することに決め、しばらく二人のプレイを楽しんでいた。

告白

そして愛華が快感で痙攣するのを見た由美は一段落したのか立ち上がり、さらに翔一に「愛華は翔一くんに片思いしてるから」と笑いながらつぶやいた。しかし翔一は理解できず、愛華が自分のことを好きだと知って焦りちらしていた。

翔一以上に愛華は顔を赤らめて否定するが、どう見てもツンデレのそれにしか見えなかった。そして由美は愛華の両足を持って翔一に向けて「お互い惹かれてるんじゃない、でしょ?」と二人を向かい合わせた。愛華は羞恥心でいっぱいになり、顔を抑えて「こんな告白だなんて・・・最悪だわ・・・!」と叫んだが、翔一は入れてもいいかを尋ねた。

愛華は早く入れろ!と叫び、翔一はすぐさま愛華に挿入ることを決め、一方の愛華は背後から由美に羽交い締めにされたまま翔一を受け入れていつも以上の快感を感じていた・・・

14話 ⇔ 16話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。