【ハーレム×ハーレムネタバレ17話】不感症の凪紗にハート型の錠剤を飲ませると

ハーレム×ハーレムネタバレ17話です!17話では、ついに始まった凪紗と翔一の勝負。翔一は筋トレをこなしてきたこともあり、自信があったが凪紗のテクニックの前に3分で雌雄は決した。その後翔一はハート型の錠剤を取り出して形成は逆転する・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ17話

まだイケる

翔一はこの一室で、由美に2回、愛華に1回、そして3人でもう1回、短時間で4回出しているがまだまだイケる自分の成長を実感してニヤニヤしていると愛華にその理由を聞かれた。翔一は少し前まで童貞の引きこもりだったのに、今は「芸能人よりも綺麗なお姉さん達とヤッてるのが凄いかなって」と自分のレベルアップの度合いを話すと、愛華は「キレイ」という単語に反応した。

そして翔一は二人のモノの間に挿入して同時に楽しむことに決め、その間に由美も愛華に舌を入れて楽しんでいた。由美は翔一にどこで知ったの?と聞くと、翔一は「インターネットから習いました!」と叫び、そして二人の間にこれまでで一番大量の白いやつを吐き出した。

まだまだ平気な翔一の目の前には愛華と由美が快感で痙攣を起こして倒れており、その光景を見ながら明日の凪紗との勝負に思いを馳せた。

勝負開始

翌日、トレーニングを終えた翔一は一人で凪紗の元に向かうことを愛華に告げると、愛華は心配そうではあったが翔一を送り出し「帰ってきたら・・・あの時の返事・・・必ずしてね・・・?」と恥ずかしそうに言い切り、翔一は親指を立てて凪紗の指定したホテルに向かった。

そしてホテルに着くと、凪紗は既にボンテージに着替えており「奴隷になる準備はしてきたの?」と前回同様に高圧的に尋ねるが翔一もこれまでのトレーニング、そして昨日の由美と愛華との3人での行為により自信を持っていた。

しかし対する凪紗も翔一に対して絶対の自信を持ち、あくまで翔一が泣き喚きながら射精する姿が目の上に浮かんでいると話して早速勝負を始めようとしていた・・・

奴隷

数時間後、凪紗は椅子に両手両足を固定され「早く・・・解いてちょうだいよ・・・!」と翔一に向かって悔しそうに言い切ったが、翔一はその向かいで無言を貫いていた。

その数時間前、翔一のモノをさする凪紗に翔一は3分で敗北してしまった。そして凪紗は奴隷契約書を取り出して押印を求めたが、一方の翔一はいかにしてこの状況から脱出するかを考えていた。その間にも凪紗は「お尻の開発」をイメージしており、翔一は凪紗の言う「奴隷」の意味を理解し始めていた。

翔一は苦し紛れに不公平だから自分にも責めるチャンスをください!と食い下がるが凪紗はやはり不快感を顕にしていた。そこで翔一は「俺みたいな奴に負かされるのが怖いんですか?」と安い挑発を繰り返し、そのプライドの高さをついた心理戦をしかけた。

逆転

これにより凪紗は両手拳を握りしめ、どうしたいのかを尋ね、翔一は「一回縛られてみます?」と言うと凪紗は挑発をスルーできずにそのまま椅子に座り込み勝負を受けることになった。そして先程のシーンのように、凪紗は翔一により椅子に両手両足を縛られることになった。

そして翔一は凪紗の胸を揉みしだくが、凪紗は終始無表情であり、凪紗によると「私・・・不感症なの」と衝撃の事実を告げ、翔一の勝利の可能性を打ち砕こうとしていた。そして翔一ははっとしてかばんを漁り、かつて凪紗が麻奈美に手渡したハート形の錠剤を取り出すと、凪紗は明らかに動揺していた。

不感症の錠剤

翔一はこの時錠剤の詳細は知らなかったが凪紗の反応から不感症の薬であることを理解したが、凪紗は「その薬、誰に飲ませるつもりなの?」と尋ねた。翔一はドキッとして、女性用なのか男性用なのかが分からなかったが、翔一は錠剤を半分に折って凪紗と翔一で二人同時に飲もうとした。

凪紗は明らかに嫌がっていたが、翔一は「自信ないなら・・・飲まなくていいですよ?」「その程度の人だったって事ですもんね?」と再度挑発をすると、凪紗は覚悟を決めて「口の中に入れて」と翔一の思い通りになった。

そして翔一も薬を飲んだものの何も効果が出なかったが、しばらくして激しい頭痛を感じて二日酔いのような感じがしていた。朦朧とする中、翔一の視線の先には凪紗が顔を赤くして何かに耐えているようにも見えた。

大逆転

そこで翔一は感じているらしい凪紗の向かいのベッドに座り、頭がクラクラするからちょっと休憩させて下さいと話して座り込み、しばらく様子を見ることにした。そして時間経過とともに凪紗の感度も高まり「解いててば」としおらしく頼みこむが、翔一は立ち上がって「もしかして催してるんじゃないですか?」と凪紗の下腹部を押すと、その場で凪紗は決壊して全てがその場に放出された。

翔一はたったの一指で凪紗をイカせ、凪紗に向けて合計2回イカされていることからあと1回翔一は凪紗をイカせる義務があった・・・

16話 ⇔ 18話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。