【ハーレム×ハーレムネタバレ18話】凪紗との勝負の行方と麻奈美との関係性

ハーレム×ハーレムネタバレ18話です!18話では、凪紗との勝負ようやく雌雄が決することになる。勝負の途中で翔一は凪紗の性癖を把握し、そこを突いていく。そしてついに凪紗が「私の負でいいから・・・」と翔一に懇願することになる・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ18話

凪紗の敗北

再度勝負を持ちかける翔一に、凪紗は「負けたって何・・・?私はイッた覚えないんだけど・・・?」と逆ギレするが、翔一は再度凪紗のモノに指を当てて刺激を続けると凪紗の股間からは白いモノが垂れていた。そして凪紗は顔を真赤にして、新たなゲームの内容を翔一に尋ねた。

翔一は少し考えた後、凪紗にシャワーを当てて「洗ってあげようかなと思って」とニヤッと笑い、そして普通に風呂場で凪紗の体を洗い始めた。一方の凪紗はこの時、普段は誰からも女王様として崇められているにもかかわらず、翔一に雑に洗われていることが尋常でなく不快に、屈辱的に感じていた。

S発揮

そして凪紗は「このゲームに勝ったら、必ずあなたに地獄を見せてあげるわ・・・!」と翔一ににらみを利かせるが、翔一は凪紗の体を触り、凪紗は突然の翔一の手の感触に快感を感じてしまい「今すぐほどいて許しを請えば特別に許して・・・」と高圧的に言い切るが、翔一は凪紗の態勢を変えた。

そして翔一は勝負の一環として凪紗に強引に挿入して、バックから腰をぶつけ続けると凪紗は「ケダモノ・・・」とつぶやいた。しかし翔一は「むしろ凪紗さんの方がケダモノみたいに見えますけど?」「こんな状況でも感じてるなんて・・・凪紗さん実はSじゃなくて・・・Mなんじゃないですか?」と凪紗の上をいくSっぷりを発揮していた。

当然凪紗は否定するが、さらに翔一は奥深くまでねじ込むと凪紗は「待って!」と叫んだ。その言葉を聞いて翔一はそのままピストンを止め、しばらく黙っていた。凪紗は「黙ってないで何か言いなさいよ!」と叫ぶが、翔一はさらに奥に挿入しつつ凪紗が欲しがっていることを理解していた。

勝利

そしてついに、凪紗が「私の負けでいいから・・・好きにして・・・!」と本心が漏れ、翔一はニヤッと笑っておねだりをし始めた凪紗にご褒美として”して”あげることに決め、後ろから突き上げて翔一は全てを中に放ってしまった。

そして事後、翔一は「2対2だからこの奴隷契約書は持ち帰りますね」とそのまま押印をせずに持ち帰り、凪紗は近々”再戦”を所望したが、翔一は「嫌ですね」とMの心理を理解してそのままホテルから出て行った。

お母さん

翔一が自宅に戻り、2日で7回も出したことでさすがに疲労感を感じており、一心不乱に自室を目指していた。そして部屋の前にたどり着いた時、中からは「あああん」という声が爆音で流れており、PCの前には麻奈美が座っていた。

翔一は「麻奈美が翔一のPCでAVを見ていること」を理解し、S-Clubの動画が見つかった可能性を感じてヒヤヒヤしていたが、とっさにドアに触れてしまい音が出てしまった。麻奈美はその音で翔一に気付き、「こういうの・・・見ていたの?」と問いかけ、普通のAVならば気にしないが・・・と前置きして、

お母さんが出てるAVじゃない!

と叫んだ。

関係性

そして翔一はS-Clubの件がバレたと思い、全てを正直に打ち明けようとしたが、麻奈美は「私より可愛くもない!」と叫んだ。翔一は混乱して動画を見て、動画の内容を把握し、”お母さん”とは麻奈美のことではなく、単なる母親モノのAVだったことが分かり、胸をなでおろした。

しかしその直後、麻奈美は「私の事・・・女として見てるんじゃないわよね・・・?」と不安そうに言い出し、翔一はさすがにそれはないと本心で答えたが、麻奈美の半裸姿を見て多少は興奮してしまうと感じていた。

カラオケ

麻奈美はその言葉を聞いてなお、翔一のモノが反応していることに気付き、さらに翔一もその膨張に気づかれたことを悟って気まずさを感じた。麻奈美は「駄目・・・」とつぶやき、家族だから自分を女として見てはいけないとたしなめ、さらに「出かけて発散しよう」と翔一を散歩に誘った。

夜の街を歩きながら翔一がどこに向かうのかを聞くが、麻奈美は「あと少し」とだけで教えてはくれなかった。その時翔一には凪紗から電話が入り、メッセージが大量に届いている事に気づいたが、そのままポケットにしまった。

そして麻奈美は目的地に到着し、翔一に「歌って」とマイクを手渡し、翔一はわけも分からずにその場でうろたえてしまった・・・

17話 ⇔ 19話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。