【年下チーフに迫られています。ネタバレ3話】菫の父親が流星C&Tの会長と判明!

『年下チーフに迫られています。』ネタバレ3話です!3話では、菫を暴漢から救った・・・と思いきや、スキンヘッドの男は菫の運転手であり、父親が流星C&Tの会長だったことが判明するが、谷口とは初対面ではなかった・・・。早速3話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『年下チーフに迫られています。』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\年下チーフに迫られています。無料版を読む/

※この情報は2022年5月23日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

年下チーフに迫られています。3話ネタバレ

スキンヘッド

谷口はスキンヘッドを殴りつけ、スキンヘッドが立ち上がってきたのを確認して戦闘の意向を固めた。そして「社会の窓が開いているぞ?」と古典的な作戦を始めると、スキンヘッドは一瞬下を向いたのでアッパーをうとこもうとするが、スキンヘッドはそれをひょうひょうと躱してさらに挑発していく。

しかし谷口は「チーフが逃げているぞ?」と言うとスキンヘッドは慌てて振り向くと、チーフは逃げておらずに車の中からスキンヘッドと谷口のケンカを見ていた。そしてその隙に谷口はスキンヘッドに不意打ちを与えると、そしてその攻撃でスキンヘッドは手首をひねってしまった。優勢の谷口はそのままスキンヘッドに誘拐しようとした理由を聞こうとするが、菫が車を降りてスキンヘッドをかばった。

暴行罪

菫はスキンヘッドの手首を心配し、二人は顔見知りらしい関係性が谷口も見てわかり、誘拐犯ではなく菫の運転手であることを明かし、菫は手首を怪我したスキンヘッドの代わりに谷口に運転を任せようとした。谷口はパワハラではあるが、菫の「暴行罪」というワードを聞いて運転手に自ら志願した。

そして高速道路を運転していると、菫がおそるおそるまだ正体思い出せませんか?と尋ねるが、谷口は申し訳無さそうに分からないと答えた。そして菫は少し間を開けて、残念そうにそのまま車を走らせるように指示を出した。

自宅

谷口は頭の中に菫の下着姿が浮かび、そのまま二人で行為をしている光景がなんとなく浮かんでくるが、「着きました」という菫の声で現世に戻り、気づくと見たことのないほどに大きな屋敷に到着していた。菫に連れられて家の中に入ると、谷口はその内観の豪華さに驚いていると、菫の妹が出迎えてくれた。

谷口が初めましてと挨拶をすると、妹も「初めまして・・・?」と言うものの、谷口に覚えがあるようで顔を覗き込み、そして菫に「前に言ってた人?」とイジり、そのまま奥に向かって父に谷口のことを話に行った。

そして菫は「よければ夕食を一緒にどうぞ」と誘い、菫に促されるままにトイレに向かって身だしなみを整えてリビングに向かうと菫を含めた一家が豪華な食事を前に谷口を待っていた。菫は自身の横の席を開けており、二人の妹と、そして奥には菫の父親がずっしりと構えていた。

流星C&T

そして谷口は「初めまして!今井チーフの部下の谷口雄也と申します!」と頭を下げ、ゆっくりと頭を上げると父の顔に見覚えがあるような気がした。やがて谷口は父が流星C&Tの会長であることに気付き、会長はその場で気さくに笑い始めた。

一方の谷口はさらに低く最敬礼をすると、会長は「何年ぶりだ?」と谷口と旧知の仲であることを匂わせた。谷口もその言葉を頼りに記憶をたどると、かつて谷口が家庭教師をしていた家庭だったことを思い出した。

メガネちゃん

当時谷口は菫の家庭教師をしつつ、菫を「メガネちゃん」と呼んでおり、菫は当時から谷口に好意を持っていた。そして受験に受かったら何しても良いよという約束をしており、菫は”谷口”ではなく”年上の大学生”という部分に惹かれているのだろうと真剣には考えてはいなかった。

そして最後の授業の日、谷口は今井家の食卓に招かれ、当時から今井家の父は小さな会社を経営しており谷口の誠実な姿に感心していた。そして母も菫が谷口の話ばかりしていると話てして楽しそうに話している光景を見て「良い家族だ」と思ったことを思い出し、横に座る菫を見て当時のメガネちゃんが成長した姿であることに気づいた。

副業

ようやく菫の正体に気づいた谷口に、会長は会社も大きくなったからなと答え、そして腕を組んで「今日君が菫の運転手を殴って病院送りにしたそうだな」と話を始めると、谷口はすぐさま立ち上がって心からの謝罪をした。しかし会長は責めているわけではないと高笑いし「副業として菫の運転手をしてみないか?」と提案し、谷口のドライバー経験と石井(スキンヘッド)を倒したその腕前を見込んでのものだった。

谷口は流星C&T会長の提案を当然了承し、会長は現在浪人している栞里の勉強も頼みたいがと言うと谷口はできる範囲で勉強も教えますと答え、栞里はその場で谷口とLINEを交換した。

その後も食事は続き、お手伝いさんがデザートを持ってきたので谷口は学生時代に母が作ってくれた料理も美味しかったです!と話をするが、会長は腕を組んで母は数年前に事故で亡くなったと話して少しだけ暗い雰囲気が流れた。

運転手

そして時間は24時を回っており、既に終電はなくなっていた。会長はまた来てくれと告げ、菫は車の鍵を手渡してこの車で帰り、そして明日また迎えに来るようにと告げた。そして谷口は菫の高級車を自宅に向けて走らせ、栞里は早速谷口にLINEを送り、菫は谷口との関わりが増えたことで赤面していた。

一方、書斎では先程のお手伝いさんが会長のモノに献身的に奉仕をしていた。そしてお手伝いさんは良きタイミングで下着を脱ぎ、会長も胸を揉みしだき、そのまま無言でバックで挿入していく。そしてお手伝いさんは「そろそろ・・・」と言うと、会長は「そろそろなんだ?」と聞きたい言葉を引き出そうとしていた。

2話 ⇔ 4話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。