【すばらしき新世界ネタバレ23話】一郎と早紀の形成が逆転することになる!

すばらしき新世界ネタバレ23話です!今回の23話では、早紀と一郎の関係性に変化が生じることになる。一郎のPCのハッキングに失敗した早紀を追い詰めようとしていたが、早紀は逆に一郎と麻衣の行為中の動画を見せることになる・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

すばらしき新世界ネタバレ23話

白々しい

上野が次長大丈夫ですか?と聞くと、早紀はここは悲しむフリをした方がいいわねと、他にも相手がいるなんて田中さん、信じてたのにと白々しく涙を流す。 上野が驚くと、このことは内緒にしてくれる?と聞く早紀にもちろんです、元気出してください次長と励ましの言葉をかけた。 私は味方ですと言う上野に、早紀は小さくため息をついた。 桐生は女性に引っかかれた頬の傷に手を当てる。

事が終わると女性は結局あなたも彼女も他の人と寝たんだ女からそんなに落ち込まなくてもいいじゃないと笑うと、桐生がそんなに面白いか?といきなりベットで寝そべる女性の首を絞めた。 どこがおもしろいんだよ?と言う桐生に何すんのよと女性が抵抗するが、桐生が自分ばかり楽しんでいないで俺にも楽しませてくれよと言うと、女性は苦し紛れに手をのばし桐生の頬をパンっと叩いた。

桐生が正直さっきみたいなセックスはつまらないんだと言うと、やめてと言う女性に無理やり後ろから挿入すると指を舐め女性の後ろの穴を攻め始めた。 そっちはダメと言う女性の静止を振り切り、桐生は後ろからそのまま挿入すると嫌がる女性を無視し行為を続けた。

ジョリ男

早紀の演技がなんとも白々しくて笑っちゃいますが、上野は純粋そうな見た目通りそれを信じているよう。 それにしても早紀の純粋な味方って珍しいですよね笑

社内恋愛だから応援しているのか、隠したの一郎と付き合ってると宣言した早紀の意外性を応援したくなったのかなにかは分かりませんが、とんでもない裏事情があるのにってところですよね!

桐生もここにきて隣人女性相手だからか本性をあらわにしておりまるで一郎のようですよね!

本当は願望があったにしろ、麻衣は彼女なので抑えてはいたものの、やはり自分の願望を抑えきれなくなるものなんですね、人は。

隣人女性がからかったのがきっかけとはいえ、これで麻衣が浮気したことも許せなくなりこのまま桐生も麻衣と別れるかもしれませんね!

クズ

女性がきゃあと悲鳴に似た声を上げても、桐生はやめるどころかにやりと笑いながら思い切り女性の中にぶちまけた。 後ろから疲れ果てた女性を見下ろすと桐生はドキドキが止まらなかった。

翌日も出勤するとフロアの女性社員たちの尻をまじまじと眺め、今まで我慢してきたけどもう十分だろうとにやりと笑うと、カバンを手に取りデスクを立つ。 麻衣が係長後で少しお話しがと言うが、桐生はそれを無視して進んでいく。 麻衣が係長?と桐生の背中を見るとねえ敦ってばと叫ぶと桐生はぴたりと足を止めたがにやりと笑うだけだった。

会長と副社長

会長が裸の女性を座らせ体に花の絵をペイントしていると、そこに副社長が現れ、さすがお父様上品な趣味だことと言うと、会長に止まれと言われサソリの置物の前でぴたりと足を止める。 会長はそのサソリが美醜の境界線だと言うと、副社長はあらひどいわお父様実の娘に醜いだなんてと言うが、会長はどうせ利益の為にここに来たんだろ、それのどこが醜くないと言うのだ?と聞く。

副社長はとにかくお父様、人事部の次長に問題が多いので彼女にはテストを課すことを先にご報告に参りました、お父様は自分の愛人だった女をものすごく大切になさっているでしょう?お母様を捨ててしまうくらいと言うと、無言の会長にとにかく有無を言わせずクビってわけじゃありません、あくまでもテストで人材を連れてこさせようと思いましてスカウトに成功すれば合格さもなければアウトと笑うと、会長がなにがテストだ、空席を作ってお前の息のかかった奴を送り込みたいだけだろと言う。

副社長はもちろんです、生き残るためですからと言うと、会長は私側の人間に手を出すのはどういうことなのかわかってるんだろうな?と聞く。 副社長が何かが起きれば私の責任でしょ?自分の部下に要職一つ任せられない中途半端な本部に未練はありません、お父様の部下に監視されるのが落ち、私が負けたら弟に譲っても構いませんと言うと、会長はそうかなら存分にあがくがいいと言う。 副社長はそういたします、醜い娘は失礼いたしますとその場を去った。

ジョリ男

桐生初めての相手に尻をチョイスするなんて紳士じゃないですね!しかしこんな願望があったものの麻衣のために我慢してきていたとしたら、麻衣の浮気によってすっかりと本性を現した感じですよね!

オフィスの女の子たちを見る目も変わり、最後は呼び止めた麻衣にすらにやっと笑うだけでこの意味は二人の別れってことですかね??

会長と副社長はかなりの確執があることがうかがい知れます!実の娘なのに醜い呼ばわりしたり、実は早紀のせいで母親が捨てられていたとしたら副社長が早紀を恨んでいるのは当然のことかもしれませんね!

今後どうにかして早紀を引きずり落とそうとするかもしれないので副社長の動きにはかなりの注意が必要と言えますよね!

握り合い

一郎がずかずかと次長室に入ってくると早紀の顎をぐっと掴み、やけに大人しいと思ったら裏でネズミみたいにコソコソ動き回っている、一体何を考えているんですか?すべてをおしまいにしたいんですか?と聞くが、一郎の手をどかし勝ったと思っているんでしょ?と不敵な笑みを浮かべる早紀の様子がいつもと違うのに気づく。

麻衣とのセックス動画を見せられ、私だっていつでもあなたをおしまいにできる、これで引き分けねと早紀に言われるが、一郎はくははははと大声で笑い本気でそう思ってるわけじゃないですよね?と聞くと、早紀の胸をつかみ公開したらどっちの傷がより深いかわかってるでしょう?僕に弱点を握られている限り次長には何もできないんですと言う。

だからハッキングしようと思ったんでしょ?と早紀の乳首をつまむと、早紀はそっちこそ自分の方が傷が浅いと思ってるの?と聞く。 一郎が早紀のスカートをめくろうとしていたその時次長室のドアがノックされ失礼しますとドアを開けた美紅に一郎が驚く。

ジョリ男

ハッキングの事実を早紀に確認しに行った一郎ですが、ここで麻衣とのセックス動画を見せられましたね! 早紀はかなりドヤってますが、確かひき逃げ動画に比べたらこんなのインパクトなんてないに等しくないですかね??

麻衣と一郎のセックス動画も驚きはあるかもしれませんが、犯罪ではないですからね。左遷の対象とかにはなってしまうかもしれませんが、そこでじゃあこっちもこれを出すと言ったら完全に早紀の動画の方がまずいに決まってますからね、、。

でも美紅が現れると話がまた変わってくるかもしれませんね!一郎はなんとしても美紅を守りたいと思うと思うので、早紀に目をつけられてしまった事実はかなり痛いでしょうからね!

22話 ⇔ 24話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。