【ハーレム×ハーレムネタバレ22話】翔一が飲んだ薬の正体が凪紗により明かされる

ハーレム×ハーレムネタバレ22話です!22話では、麻奈美と一線を越え、気まずさから再度引きこもろうとしていたところに凪紗から連絡が入る。凪紗の家に向かった翔一は、勝負の時に飲んだあの薬が命に関わる可能性があることを知り驚愕する・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

現在『ハーレム×ハーレム』はコミックシーモアで先行配信されてます!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\ハーレム×ハーレム無料版を読む/

ハーレム×ハーレムネタバレ22話

崩壊

ついに麻奈美と翔一は一線を超え、裸で抱き合っていた。そして翔一は麻奈美の”奥”を感じるが、翔一はさら奥へと進めていくと麻奈美はかつてないほどの快感を感じてつい声が漏れてしまった。翔一もその反応を見て喜んでいたが、快感で限界が近づいていることを感じていた。その後二人は何も話さずに、そのまま何度も行為を続けた。

そして一人で眠る翔一は、昨晩麻奈美としたことを思い出しながらも、半ば幻想的な感覚に包まれていた。麻奈美の体は全てが完璧であり、満たされた気分ではあったが麻奈美に合わせる顔が思いつかなかった。麻奈美が母でなかったら・・・と後悔に似た感覚を感じていた。

引きこもり

翔一が部屋を出ると偶然にも麻奈美に出くわし、まだ心の準備ができていなかったこともあり、互いにぎこちない会話をしてしまった。そして翔一は沈黙を埋めるために「き・・・昨日・・・良かったです・・・」と言うと、麻奈美は「昨日の事は・・・忘れよう」とだけつぶやいて、その場から足早に去っていった。

翔一は自らの発言がふさわしくなかったことを理解して頭を抱え、麻奈美もその様子を理解したが、何も言わずに階段を降りていった。翔一は麻奈美が長い年月をかけて少しずつ埋めてくれていた関係性が一瞬にして崩れ去ってしまったことを感じ、これまでの生活が嘘みたいだと思うようになっていた。

凪紗

とはいえ、実際問題この家にいる限り麻奈美との接触は避けることができず、再度引きこもりになることも難しいと考えて、そろそろ自立するかとも考え始めた。その時、胸ポケットに入ったスマホが鳴り、相手を確認せずに電話に出ると凪紗の声が聞こえた。

翔一はめんどくさがっていたが、凪紗は一方的に「今日の6時に私の家に来て、住所はメッセージで送るわ」「重要な話があるの」と言い切るが、翔一は詳細を聞きたがった。凪紗はそれをめんどくさがり、直接確認しなければいけないことがあるからと告げて電話を切った。

AV出演契約

翔一は若干の戸惑いはあったものの、家にいることで麻奈美と顔を合わせたくないことからひとまず凪紗の元に逃げるのもありかなと感じて家から出て行った。そして翔一は6時前に到着したものの、凪紗はLINEで「6時に来いって言ったはずだけど?」と相変わらずのエセSを披露していた。

そしてマンションの鍵が開き、翔一が勝手に中に進んでいくと、モデルルームのような広い部屋が現れたがそこに凪紗はいなかった。翔一は室内を物色すると、おそらくは学生時代の麻奈美達の写真があり、何年か経過しているために全員の雰囲気が今と異なっていたことに驚いた。

さらにその写真の横に置いてあった封筒に視線を落とし、中から顔を覗かせた書類に「AV出演契約」と書かれていることに気づいた。翔一はその書類を拾い上げ、この中には麻奈美達がS−Clubの動画に出演していた理由がわかるかも・・・と感じて心臓が高鳴った。

あの薬

しかしそこに凪紗が現れたので、その書類を元の場所に戻したことを凪紗は気づいたのかどうかは不明だったが、なんとかやり過ごすことができた。そして凪紗は数日間ウチにいてと告げ、服を脱ぎ始めた。凪紗はさらに、前回の勝負の際に翔一が飲んだ薬に言及し、特殊製造された非売品だと告げ、さらに男女兼用であると告げた。

「あの薬はとある状況に置かれた男性に効果があるのよ」「それなのにもしあの薬を飲む日梅雨男がない普通の男性が飲んだとしたら・・・数日以内に致命的な副作用が起こることになる」

そう言って、凪紗は確認のため、翔一に服を脱ぐように指示を出した。

21話 ⇔ 23話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。