【すばらしき新世界ネタバレ27話】高橋リサを大地グループから引き抜く指令が出る

すばらしき新世界ネタバレ27話です!今回の27話では、本部長に呼び出された早紀と一郎は、ライバル企業に勤務する高橋リサを引き抜けというプロジェクトを受ける。この指令の結果により、早紀の立場は危うくなることに・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読み放題!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

現在『すばらしき新世界』はコミックシーモアの読み放題ライトで配信されています!

さらに読み放題ライトは1週間の無料体験が可能なので、この期間に読みまくっちゃってください!『すばらしき新世界』以外のマンガも読み放題になるのでようやくマンガのサブスクもできましたね(笑)

読み放題ライトとフルの2種類がありますが、ライトは成年コミックなしでフルは青年コミックありという区分です。『すばらしき新世界』はどちらのコースでも読めるので不安な方はひとまずライトで十分です!

普通にコミックで購入すると60巻まで出ていることもあり、1巻198円として60巻分だと11880円になりますが、読み放題なら無料です(笑)神サービスですのでこの機会に体験してみてください!

※この情報は2022年4月10日現在のものです。詳細は公式HPを御覧ください。

麻衣

最初からそうしていればよかったのにと一郎が言うと、麻衣は一郎の指を奥深くまで咥え舌を絡める。 一郎が再び麻衣に舌を絡めキスすると、麻衣はそれを受け入れた。 麻衣を抱きかかえると一郎は一層腰の動きを早め、すべてを麻衣の中に出し切った。

何事もなかったように麻衣がオフィスに戻る後ろを一郎がついていくが、視線を感じぴたりと足を止めた。 上野はデスクに戻ると、麻衣と一郎のセックスに未だに衝撃を受けており、隣の席の女性社員が何ぼーっとしてるの?と声をかけると、ちょっと考え事していてと言う。

また彼氏とうまくいっていないの?と聞かれるとそれを否定し、トイレに行ってきますねと慌てて席を立った上野を、女性社員が不思議そうに見ていた。

ジョリ男

完全に見ちゃいけないもの見てしまった感がありますよね、、。 しかも上野は早紀の味方をしているので、言った方がいいのか悩むでしょうし。

一郎もところかまわず自分の欲を満たしていると、ここは会社なのであとからとんでもない事になりそうです。

浮気

上野が麻衣と一郎のことを次長に伝えるべきか、でもまた次長は悲しむだろうなと早紀の泣き顔を思い浮かべると、ため息をつきみるんじゃなかったと漏らす。 すると肩を掴まれ上野が振り向くと、一郎は何を見たのか教えてもらえませんか?と聞く。

上野は驚いて足がもつれ前傾姿勢で倒れると、一郎が後ろから大丈夫ですか?と聞くが、上野の尻のラインがくっきりと表れた姿に赤面して目をそらす。 脅かそうとしたわけじゃないと謝る一郎に、私もぼーっとしていてと言う。 一郎が僕を探していたんじゃないですか?と聞くと、上野が忘れてた!とはっとした。

本部長

本部長はデスクに座りパソコンに向き合いながら、デスクに座らせた早紀のアソコをぐちゅぐちゅと触わり、呼び出してからだいぶ経つのにまだ来ないのか?ずいぶんと部下に舐められてるなと言うと、早紀は申し訳ございませんと言いつつもアッと声を漏らす。

本部長室のドアがノックされると本部長は早紀をいじるのをやめ入れと言う。 緊張した面持ちの一郎が中に入ると、遅れて申し訳ありませんと頭を下げた。 ぼさぼさの髪にシャツはよれっとした一郎をじっと見る本部長。 早紀がやっと来たわねと言うと、本部長は副社長が自ら選んだプロジェクト要員はどんな人間なのか気になっただけだと言うが、一郎には何の事かさっぱりわからなかった。

ジョリ男

上野は早紀の味方なのであんな現場を見たら悩みますよね、、。

一郎は上野に見られたことに気付いているようですが、上野にまで卑劣なことをしないといいんですけどね。

副部長に呼ばれた一郎ですが何が起こっているか分からないようですが、ライバル社の女性社員を引き抜くために早紀と手を組まされるようですね。できなかったら一郎もクビでしょうか?

プロジェクト

本部長は詳しいことは氷室君から聞き業務に戻るよう一郎に指示すると、はいと言って一郎が退室した。 本部長はお前の腕次第だな、あんな男を選んで副社長が今回のプロジェクトについてどう考えているのかもうわかっただろ?なあ?と言う。

早紀が一郎に写真を見せこの女を引き抜くことが本部長の言っていたプロジェクトよと言うと、一郎が引き抜き?と聞く。

高橋リサ

早紀が確証はないんだけど、私の首はその女を引き抜くことにかかってる気がする、正解には私たちかしら?だからよく聞いてと説明を始める。

写真の女の名前は高橋リサ。大地グループ本社財閥チームの公開採用で入社し、異例の速さで昇進し現在次長。一流大学を卒業し見事な仕事ぶりで昇進し続ける典型的なエリートだが一つ変わったことがあると言う。

一郎が変わったこと?と聞くと、早紀がアメリカで学士課程を終えるまで彼女は宇宙グループの奨学生だったのだと言い、給付型奨学金は入社することが前提になっているのだがそれができない場合奨学金の返済義務が発生し彼女はそれを全額返済し宇宙グループの代わりに大地グループに入ったと言う。 一体どうしてかは分からないが、とにかく一筋縄ではいかない女だと言う。

ジョリ男

一郎は突然本部長と対面しプロジェクトと言われ混乱したでしょうね。

ただリサを引き抜けなければ自分も会社をクビになるであろうことは想像でき、またリサの引き抜きが想像以上に困難であることを早紀はわかっているでしょうね!

26話 ⇔ 28話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。