【氷の城壁ネタバレ10話】ヨータの名前が日野陽太であることが判明した

『氷の城壁』ネタバレ10話です!10話では、ナンパから小雪を救ったヨータは、友達のフリではなく本当の友達になるべく、ようやくフルネームを明かしてくれた。そして二人で歩いているところをミナトに目撃されてしまった・・・!早速10話のネタバレを見ていきましょう!

▼氷の城壁を今すぐ読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

今すぐ48話分無料で読む

コミックシーモアで48話まで無料で公開されており、広告も多く配信されていることもあって現在ランキングダントツ1位の人気作品です。

氷の城壁10話ネタバレ

ヨータ

小雪がしつこいナンパにワンボックスに連れ込まれそうになっているところ、向こう側の道路にヨータの姿が見えた。しか死名前がわからなかった小雪は願いを込めて手を上げて「キリンさん」と念じると、奇跡的にヨータは小雪に気づい・・・たものの、コンタクトをしていなかったために目を細めていたが、そのままどこかへ行ってしまった。

小雪は最後の願いが断たれたと感じ、ナンパもより強く小雪の手を引っ張ろうとして危険が迫っている恐怖と同時に「馬鹿にされている」という悔しさを感じて、強めにその手を振り払った。そしてそそくさとその場から立ち去ろうとすると、そこにヨータが現れた。

ノリ

小雪は小さな声で「友達のフリしてください」と告げ、ナンパ男に背を向けてそのまま立ち去った。ヨータはナンパ男に再度メンチを切り(目を細めていただけ)、小雪の言うとおりにそのまま立ち去っていった。ナンパ男から逃げられた後、小雪はヨータに頭を下げてお礼をすると、ヨータは「モテモテじゃん」と笑って言った。

しかし小雪は感情的に「そんなんじゃない!」と叫び、相手のことを考えずに「自分たちだけが楽しければいい」というノリが嫌いであることを淡々と話してしまってからはっとしていた。ヨータもなんとなく事情を察し、学校で見たような笑顔を見せてくれた。

名前

そしてヨータも公民館の自習室に向かうところだと話し、自然な流れで一緒に行くことになった。小雪はヨータの名前を尋ねるとヨータは「陽太」とだけ名乗り、名字は不明のままであり「よろしく氷室さん」と言うと、さすがに小雪は「氷川です」と訂正してようやく互いの名前が判明した。

ヨータによると5分程度で到着するとのことで、その間会話が持つか小雪は心配していたが、ヨータは「美姫と仲いいの?」と話を振ってきた。ヨータは中学の時に美姫と同じ塾に通っていたと話すと、小雪は「ヨータは美姫の素の感じを知っているのか」疑問に感じていた。

するとヨータの方から美姫はあのままの方がいいキャラだと笑い、小雪も共感でき、さらに美姫の素のキャラを知った上でも友達がいてくれることに嬉しさを感じていた。そしてヨータは先程小雪の話した「友達のフリ」という部分にツッこみ、小雪もヨータに名字を尋ね、ヨータが「日野陽太」と改めて名乗ることになった。

そして適当に話しながら歩いていると、向かい側のファストフード店でハンバーガーを食べていたミナトはヨータと小雪に気づき、なんとなくジェラシーを感じていた。

氷の城壁10話考察

ヨータは普通にいいヤツっぽいですね〜

ミナトは「相手が一人ぼっちでかわいそうだから」という同情心から話しかけてあげている感じがありますが、ヨータはそんな打算的な感じではなく、自然な形で友達になったような感じがあります。ここまで書いてみてミナトがすごい嫌な奴みたいに感じますが、彼の内面はまだまだ不明。

単に小雪に対して好意があるのかもしれないので、まだ分かりませんが、おおらかで裏表のなさそうなヨータとは正反対なキャラですね。小雪もヨータに心を許し始めているのでこの二人がうまくいけばいいな〜と思います。だからミナトには黙っててほしいです(笑)

9話 ⇔ 11話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。