「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【ひぐらしのなく頃に業考察】沙都子が圭一に渡したかったものはなにか考えてみた

どうもこんにちは古川です!

今回は祟騙し編のラストにて、沙都子が圭一に渡そうとしていたものが何なのかについて考察していこうと思います!

ジョリ男

そういえばそんなこともあったな!

確か「にいにいが大切にしていたもの」なんだよな?

古川

そう。だから悟史が使っていたものを圭一に渡そうとして沙都子の家に行ったんだ。そしたらあんな事になってしまったんだよ。

一体何を渡そうとしていたのかが気になったのです。

ということで、今回は祟騙し編のラストにて沙都子が圭一に渡そうとしていたものについて考察をしていきます!

沙都子が圭一に渡したかったものとは

結論から言います。現時点で一番あると思っているものは悟史の使っていたバットです。

沙都子が言っていた「渡したいもの」についての情報についてもすべて一致しています。ということで悟史のバットをあげようとしていた説についてご紹介します!

まずは沙都子のセリフをご覧ください。

沙都子「これから渡したいものがありますの。それはにいにいがとても大切にしていたもので、今は圭一さんがにいにいなんですから、にいにいに持っていてほしいんですわ。知られると恥ずかしいので、みんなに見つからないうちに・・・」

このセリフを元に今回の考察をご覧ください!

悟史が大切にしていたもの

今回の【ひぐらしのなく頃に業】には未だ北条悟史は登場していませんが、沙都子の兄であり、雛見沢中から忌み嫌われている北条家の長男です。世間的にはオヤシロさまの祟りにより失踪したと思われていますが、実際にはおばを殺したことで雛見沢症候群を発症し、入江機関にて隔離されています。

そして悟史がかつて使っていたバットがあり、これは沙都子にとっても大事な品であることは間違いありません。

なんと言っても悟史の使っていたものはこのバットしか残されていないからです。つまり沙都子にとっては唯一無二の兄を感じられる存在なのです。かつての祟殺し編では学校のロッカーに保管されていましたが、祟騙し編では北条家にありました。これは確認済みです。

だから「悟史が」というよりも「沙都子が」大事にしていたものであると考えていいと思います。

知られると恥ずかしいもの

そして知られると恥ずかしいとのことですが、今作の沙都子は祟殺し編同様に鉄平の虐待に「耐えること」が強さであると考えていましたが、仲間の説得により「立ち向かうこと」であると考えを改めました。

仲間たちにはこの方針転換はなんだか気恥ずかしいように感じているのかもしれません。

これはバットを圭一に渡すことを恥ずかしく感じると思っているのではなく、圭一のことをにいにいと呼ぶようになったこと、その心変わりを恥ずかしく思っているのだと思います。

これまでは軽口を叩き合い、圭一とはシバきあいをしていたのにも関わらず突然デレデレになった姿を見せるのはやや恥ずかしいのでしょう。普段から圭一をトラップにかけているようなわんぱく少女が一気に「にいにい」呼びになったらそれは恥ずかしいことでしょう(笑)

にいにいの家でもありますのよ

そして悟史のバットを渡すために北条家に向かった沙都子と圭一。

沙都子は「それ」を取りに2階に上がった沙都子、これを見る限り〈渡したいもの〉は2階においてあったと考えられます。悟史の部屋も2階にあるのでそこに置いてあったと考えられます。

しかし圭一が1階の居間の電気を付けると、悟史のバットが圭一の頭めがけて振り下ろされました・・・

鉄平さんリターンズ

大石により逮捕されたはずの鉄平が北条家にいて、悟史のバットを持って圭一に襲いかかったのです。

その手には悟史のバットと思われるバットが握られており、圭一に対して壮大に、バイオレンスな八つ当たりを行うに至りました。なぜ逮捕されたはずの鉄平が家にいたのか、これに関しては祟騙し編の真相をすべて知る必要があります。なので真相解説記事をご覧ください!

ジョリ男

たしかにこう考えると普通だね。たしかに「悟史が大事にしていたもの」として考えられるのはだいたいバットくらいなものだね。

古川

そうなんだよね。たしかにこれしか考えられないんだけど、こんなに単純なのかな〜ってちょっと気になる感じもあるんだよね。

個人的に気になるのは、ひぐらし業OPに出てくるなぞの金のカケラかな〜とか思ってるんだよね。そろそろあの伏線も回収してくれると嬉しいんだけどね(笑)

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

OPの金のカケラ

ここから先は完全に予想というか願望なのですが、かつて書いた記事に「OPに登場する謎の金のカケラの正体考察」というものがあります。あれに関しては鬼騙し編、綿騙し編、祟騙し編の13話が終了しても未だ何の伏線回収もされていません。

だからこそそろそろ本編に登場してもおかしくはないと思ってます。

つまり、これまでのカケラとは設定が異なるため、悟史が大事にしていたものとしてあの金の欠片が登場するという可能性を個人的には待ち望んでいます(笑)何の根拠もないんですけどね。

13話まで待っても一切語られる気配もないのでそろそろいいんじゃないかと思ってます。そろそろあの記事も追記しましょうかね。 

まとめ

沙都子が圭一に渡したかったものとは、おそらくは悟史のバットであると考えていますが、そんな単純ですかね〜とも思ってます。

途中でも書いたように、ひぐらし業のOPにて、梨花ちゃんがなにか金の欠片を拾っていました。もしかしてあれを悟史が持っていて、それを圭一に渡したかったのかもしれません。ここまですべて私の願望ですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です