【君が獣になる前にネタバレ50話51話52話】フーセンガムの女の正体はカンナ、琴音の友達だった

君が獣になる前にネタバレ50話です!50話では樹海の奥に佇む琴音と合流できた神埼は、かばんの中に潜ませていたナイフを琴音に向けて振りかぶりすべてを終わらせようとしていた。そしてナイフを振りかざし、その場に結婚が飛び散った・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

君が獣になる前にネタバレ50話

樹海

神崎は樹海で琴音と合流し、「どうして今だったんだ?」と琴音が失踪した理由、そして琴音の背中を押した人物の正体を尋ねた。しかし琴音は質問に質問で返したことを咎めるが、真由も自分を責めているだろうことまで理解しており、1ヶ月前のことを話し始めた。

  • 1ヶ月前、玄奘が殺され、ジュンペイとミヤコも逮捕された時悲しかった
  • 真由とたこ焼きを食べたことで踏みとどまれた
  • 真由と神崎が付き合っているのを知って嬉しかった

世界の汚さ

意外な言葉に神崎は驚くが、琴音にとって大事な2人が付き合うほどの関係になったことを自然に喜んでおり、そのことが琴音にこの世界の素晴らしさを実感させるきっかけになっていた。しかしその話を聞いた日の帰り道、琴音は新聞記者に取材を受けていた。

  • 琴音と神崎一が付き合っているのではないか
  • そこを宮ノ森真由に寝取られたのではないか

そして記者は琴音と神崎が写る写真を取り出し、琴音は「いくら?」と尋ね、全部買い取るからそっとしておいてほしいと頼んだ。しかし記者は「すぐには記事にしない」と答え、今後琴音と真由がより大成した時に記事にする予定であると話し、その時の方が価値が上がるからと丁寧に理由までを話してくれた。

クズ

琴音はその行為に憤慨し、誰も幸せにしないことをする理由を問うが、記者は楽しくはないけど売れてしまうんだよな〜としみじみと語りだした。

  • 他人の私事を暴く週刊誌は不要である
  • 世間は綺麗事を言うが成功者に石を投げる理由を欲しがっている
  • 悪いのはこの記者なのか、それとも記者に養分を与える世界なのか?

記者とのやりとりを振り返った琴音は、2人の関係は素直に嬉しい、しかしその幸せを見ることができないのであればこんな世界はいらないと言い切った。そして神崎がお礼を言うと琴音は笑顔をみせてくれた。

君が獣になる前にネタバレ51話

史明

そして神崎も樹海に来る途中、車の中で史明と心のなかで会話していた。史明は琴音にあったらどう止める?と聞いてきたので、神崎は「殺すよ」と淡々と語った。かばんにはナイフを隠し持ってはいるが、史明によると「神崎は史明のようにはなれない」と血まみれの様相で尋ねた。

そして神崎は琴音に覆いかぶさり、ナイフを構えていた。そして琴音は「どこで間違っちゃったんだろう」と過去を振り返り始めた。幼少期、琴音はよく神埼の家に遊びに来ていた。琴音はただそこで本を読んでおり、神崎も「年の離れた妹みたいなもんだからさ」と笑うと、琴音はその日から「お兄ぃ」と呼ぶようになり、いつまでも神埼から離れようとはしなかった。

最期

そんなことを思い出した神崎は、戻るならば「あの事故の前に戻れない」ことを悔やんでおり、それさえ回避できれば今の惨状にはつながらないことを悔やんで涙を流していた。そして持っていたナイフを琴音に向けて振り下ろした・・・

君が獣になる前にネタバレ52話

フーセンガムの女

その場に飛んだ血飛沫は琴音のものではなく、神埼の手から飛び出したものであった。

背後からフーセンガムの女が神埼の手に向けて銃を放ち、ナイフは側に飛ばされていた。そして神崎は犯罪組織を潰したことでフーセンガムの女がここにいる理由がわからなかった。しかし女は組織とは関係なく、琴音とは友達だと話してその場から琴音と共に去っていった。

カンナとの出会い

そして琴音はこの女、カンナの運転するトラックに乗り込み、雑談を始めるが、カンナは琴音に「あのまま殺されてもいいって思ってたろ?」と痛い所を突き、琴音はそれを否定しなかった。さらに琴音は「カンナだって、私がいなきゃあのまま撃ち殺したでしょ?」と言うとカンナも否定せず、「母ちゃんがあいつの両親を轢き殺したように、今度はあたしがあいつを殺すってのも」と言って笑った。

2人は2年前に出会っていた。カンナはボロアパートでテレビCMに映る琴音を見て、琴音が飛び出したことでカンナの母が事故を起こしたことで殺意を感じていた。そしてチャイムが鳴り、そこに立っていたのは琴音だった。琴音は事故を起こしたことで直接井上カンナの家を訪れていたが、琴音が「ご・・・」と言いかけたところでカンナは琴音の胸ぐらを掴んだ。

カンナは謝罪を受けるつもりもなかったが、再度「ご・・・」と言いかけた琴音のみぞおちに拳を叩き込んだ。

君が獣になる前に考察

神埼の決断

神埼の第一目標は「琴音を救うこと」ではなく「琴音を凶行に走らせないこと」だったんでしょうか。

これまで何度もタイムリープをして、その度に琴音の凶行を止めようと様々手を尽くしてきました。琴音と付き合ったことも、芸能事務所の闇を暴いて玄奘の家族を脅迫したり、そのバックにいた犯罪組織を潰すまで手を尽くしてきました。

それでも琴音の凶行を止めることはできず、そんな絶望の中で神埼が考えた方法は「琴音を殺すことで、琴音を犯罪者にしない」という手段でした。他に方法がなかったのかと悔やまれますが、まだ全貌が分かっていないですからね。

フーセンガムの女=カンナ

以前からちょくちょく銃を持って登場しているフーセンガムの女の名前がカンナであることがようやく明らかになりました。

カンナの正体はまだ不明ですが、神埼と柳が潰した犯罪組織とは無関係であり、さらに「琴音とは友達」であるそうです。しかし関係性はかなりあやふやであり、かつて琴音が道路に飛び出したことでカンナの母はトラックで死亡事故を起こし、その事故で神埼の両親が亡くなっている、というかなり複雑な事情がありました。

しかも2年前、琴音が女優としてテレビに出るようになってからカンナに謝罪に向かったようですが、いまのところこの2人が友だちになる経緯が想像できません(笑)

カンナにしてみれば琴音のせいで母が犯罪者になってしまったようなものですから、許せる相手ではないはずです。事実謝罪も聞き入れずに腹パンしてますし。そんな2人がいかにして友だちになったのか、次回が気になりますね。

それにここを知らずして『君が獣になる前に』の事件を全貌解明はできないでしょう。

前の話 ⇔ 次の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。