【君が獣になる前にネタバレ53話54話55話】真由だけがタイムリープできた理由が判明!

君が獣になる前にネタバレ53話54話55話です!53話54話55話ではカンナと琴音が出会い、会話するまでもなく腹パンされていたような険悪な状況からいかにして「友達」になったのかが判明。また真由だけがタイムリープできて、神崎ができなかった理由も明らかになります・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

君が獣になる前にネタバレ53話

遺影

なおも謝ろうとする琴音の髪を引っ張り、カンナは母の遺影の前に琴音を放り投げた。金がないために墓も作れないと告げると、琴音は言葉を失った。

一方のカンナは過去を振り返り、幼少期、顔がボコボコになったまま帰宅したカンナを母が問い詰めると、カンナは「母ちゃんが人殺しだって言われた」と喧嘩の理由を答え、母もそれは事実だからと笑っていた。カンナは母のせいではないと反論するが、母は「人を憎んじゃ駄目」と顔に手をかけて、カンナを諭そうとしていた。

母はカンナと一緒にいられるから、と強く笑っていた。カンナによると女手一つで育ててくれた母は働き詰めではあったが、朝食は必ず一緒に食べてくれて、カンナの話をよく聞いてくれていた。そしてカンナは高校を卒業したら働いて恩返しするね、と宣言すると母は笑ってくれていた。

過労

しかしカンナが実際に働き始めると、母は過労で亡くなってしまった。カンナは母の言葉を思い出すが、それでも琴音を目の前にすると黒い感情を抑えきれなくなってしまった。「帰れ」というカンナの言葉を横目に、琴音は線香に火を付けて遺影に向かって手を合わせ、黙祷を捧げた後にそのまま帰ろうとした。

琴音の絶望しているような顔を見て、カンナは意味がわからなかった。

君が獣になる前にネタバレ54話

友達

そして現在、2人はカンナの借りているボロアパートに訪れていた。

中に入るとそこには大量のビールの空き缶が放置されており、こんな短期間でここまで汚せるポテンシャルに驚いていたが、ひとまず遺影に手を合わせようとするが、既に共同墓地に入れていると返答が来た。琴音はひとまず風呂に入り、その間カンナはテレビを見ていた。

風呂から上がった琴音はパンイチで現れ、冷蔵庫を漁って勝手にビールを飲みだし、テレビに映るコンビニマシンガンズを見ていた。カンナは琴音が「お兄ぃ」の前でもパンイチなのかどうか尋ねるが、琴音は慌てて否定した。

世界に絶望している

2年前、初めて琴音がカンナの家に行った時の話。

琴音もカンナにすべてを告白していた。

  • 琴音が原因で神埼の両親がトラックに撥ねられて死亡
  • 神埼の友人:史明に琴音の両親を殺された
  • 救いのない世界に絶望している

これを聞いた上でカンナは琴音の髪を掴み、琴音が幸せに生きていることを確認したかったのだと叫ぶ。そうであれば琴音を恨むことができるが、暗い人生を歩んでいると知れば憎むことができなくなってしまうからである。しかし琴音はこんな状況でも「それだけは言えない」と拒み、カンナは琴音を掴む手を緩めて自分と同じようにカンナも世界を憎んでいることを知った。

そしてコンビニマシンガンズの漫才を見ながら琴音は「全部終わらせようと思う、年末に」と話し、カンナもそれに付き合うよ、と答えていた。

君が獣になる前にネタバレ55話

退院祝い

神埼葬儀社の前にタクシーが停まり、中から松葉杖をついた神崎と真由が降りてきた。神崎はカンナの銃撃により右手と左足を負傷しており、1ヶ月ぶりに会社に戻ってこれた。その日は退院祝いも兼ねて高級寿司を注文しており、真由がたべさせてくれようとしていたタイミングで柳刑事から電話が入った。

  • 警察は神埼が銃で撃たれたことを公にはしたくない
  • 琴音とカンナの居場所はいまだ分かっていない
  • 年末まで1ヶ月しかない

受け入れる

そして電話が切れ、真由に「やっぱりあなたには無理だったんだね」という言葉の意味を尋ねた。神埼は自身のタイムリープの理由を「この現実を受け入れたくない」という強い感情だと感じており、しかし今回は神埼はタイムリープしていなかったことで、年末に起こる琴音の一件に自身が満足したのかもしれないと思い始めていた。

真由はそれを肯定し、神埼は琴音がテロリストにさえならなければ満足できてしまうと感じており、真由だけがその現実を受け入れられずにここに戻ってきたことを話した。

  • 何故か神埼は琴音に殺される12月28日までやつれていった
  • 誰かに生気を取られていくようだった
  • 神埼は何も教えてくれなかった、それが真由は辛かった

そして真由の脳裏には立ち尽くす琴音と、その足元に倒れている神埼の姿が鮮明にこびりついていた。

君が獣になる前に考察

カンナと琴音

この2人が「友達」になった理由は未だ不明な部分が多いですね。

琴音は自分のせいでカンナの母親、さらには神埼の両親まで失ってしまったことを悔やんでおり、それがきっかけで世界に絶望するようになったという暗い過去を持っています。同様にカンナも突然母が「犯罪者」となり、周囲から見る目が変わってしまったことで世界を憎むようになっていました。

2人とも悪気があったわけではなく、誰が悪いわけでもない。しかしこのような暗い過去を持つ2人は世界に復讐をすることを決意したという流れですね。どうやっても埋まらない傷を2人で癒やし合うことになり、その関係を「友達」と呼んでいるのでしょう。

ただカンナがいかにして銃を手に入れたのかは未だ謎ですけどね(笑)

神埼が満足?

前の記事で、真由と付き合うことになった神埼は、横で寝ていた真由がタイムリープしてきたことを知っています。

その時、真由によると神埼は「やっぱりタイムリープできなかったんだね」と言われており、それはすなわち「神崎がその結末に満足してしまったんだね、だからあなたはタイムリープできなかったんだね」という意味だと考えられます。さらに神埼は琴音に殺されたということも明らかになっており、その結末に神崎が満足した・・・とは思えませんが、まあタイムリープしなかったことを考えるとそうなんでしょう。

まずは”前回”の12月28日に何があったのか、なぜ神崎はそれに満足できたのかが気になりますね。

前の話 ⇔ 次の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。